生活の知恵

見慣れた世界に “小窓” を開けて …

♪目にする景色がほんのり変わるメールマガジン。
4月29日最新号は 【 [155] 『題なし』が台なしに … 】

全て表示する >

[140] 当たり屋の言い分

2015/08/15

□ =================================================== □
          アクアタック研究室 - 片岡 章
          mail magazine - 140  2015/8/15
          (ひとまず最終回)

          【 当たり屋の言い分 】

□ =================================================== □


小学生だったか、中学生だったか、
「クラスの会長を誰にするか」
という話になったことがあります。

その時、まず、
「男子がいいか、女子がいいか」
を問われて、
私は、「男子がいい」 と言いました。

そうしたら、途端に、
「自分がやりたい、ということですね」 と、
会長にさせられそうになりました。

私は、断固、従いませんでした。
度胸のない人間ですが、
筋の通らないことだけは譲れないのです。


ところで、
これがなぜ “筋が通らない” のか、おわかりでしょうか?


               ☆    ☆    ☆


◆ 当たり屋の言い分

“当たり屋” というご商売がありますね。
体を張った、大変なお仕事です。

当たり屋さんは、
走っている車にわざとぶつかり、
「どうしてくれるんだ!」 と詰め寄って収入を得ます。

このとき不思議なのは、
当たり屋さんが、
自分がお金を得る “正当な理由” を口にすることです。

どう考えたって無理がありますから、
ただ 「金をよこせ」 でいいのに、
そうはしないんですね。


ここに、
人間ならではの “こだわり” を見ることができます。

それは、

    筋を通す

ということです。
硬くいえば、「論理的」 ということになるでしょうか。


◆ 筋が通っていると納得する

科学はいうまでもなく、
事件でも遺産相続でも、
私たちは、
話の筋が通らないと納得しませんし、
通ると納得します。

動物にはそれがありません。
育てたいから育てるだけ、
襲いたいから襲うだけです。

ということは、
“筋を通す” は人間の究極のこだわり。

だからこそ、
当たり屋さんもそれを “大事にする” のですね。
わたしたちが喧嘩(けんか)をするときも同じです。

わたしたちにとって、
筋を通すのは、命を掛けるくらい重要なことなのです。
現に、歴史を見ても、
死ぬ覚悟で筋を通した人は珍しくありません。

だとしても、
なぜそこまでこだわるのでしょうか?


◆ “筋が通る” は美しい

それはきっと、

    “筋が通っている” のは
    最も美しくて次元の高い精神=知性

だと知っているからでしょうね。

ホメオパシーで有名なギリシャのヴィソルカス教授も、
“言っていることに一貫性がある” のを、
“精神の健全な姿” と考えているようです。


“筋の通る人” と聞くと、
なんだか、理屈っぽくて取っつきにくい人 (・へ・)
と思うかもしれません。
でも、正反対です。

“筋の通る人” は、
他人のことも平等に客観的に見るので、差別しません。
あらゆる可能性を視野に入れるので、
自分の意見を一方的に押し付けることもしません。

こうして、ひとりひとりの違いやあり方を尊重します。
だから、《情を超えた温かさ、人間味》 があるのです。


◆ 筋が通らないひとたち

とはいいながら、
現実には、当たり屋さんにかぎらず、
筋の通らないことがあふれています。

例えば、
いま、集団的自衛権が議論されていますが、

    戦争はイヤだから
    集団的自衛権に反対です!

戦争がイヤなのは誰だって同じです。
それを防ぐにはどうすればいいのか、
そこが問題なのに …

戦争をしたくなければ、戦争も侵略も起きない、
というのなら、こんな簡単な話はありません。
でも、地震がイヤだったら地震は来ないでしょうか?

ムーディーにならず、
きちんと筋道立てて考えなくては、
と思います。


では、科学者なら筋が通っているでしょうか?

いやいや …

よくあるのが 「超能力か否か」。

超能力者が 「これは超能力でやった」 と言うと、
“科学者” や マジシャンは、
「トリックでできる」 と言います。

ここまではいいのです。
トリックで同じことができるのは事実です。

でも、そこから先が “筋が通らない”。

なぜなら、

    1. トリックでできる



    2. トリックで ‘しか’ できない

は、イコールではないからです。
トリックでできるとしても、
超能力でもできるかもしれませんものね。

つまり、

    A. トリックでやった
    B. 超能力でやった

どちらの可能性もあるわけです。

ですから、
「トリックでできる」 というだけで超能力を否定するのは、
話のすり替え、“筋が通らない” のです。

もちろん、科学者ならば、
こんな初歩的な論理は百も承知でしょう。
ですが、
最初から 「B.はありえない」 と思い込んでいるので、
A.しか採用しないのです。

これでは、
「超能力なんか信じられるか!」
という個人的な感情に負けています。

冷徹な論理を捨てた科学者は、当たり屋と変わりません。


こうして、
筋の通らない人たちは、他人をないがしろにします。


    *  *  *  *  *


わたしたちが、クールで筋の通った見方をする、
ということは、
ひとを大切にする、ということにほかなりません。

ひとりでも多くの人がそこをわかってくれたら、
と思います。


d(^ ^)

さて、冒頭の会長選挙。
もうおわかりかと思いますが、
男子といっても、私だけではありません。
マサオくんもゴロウくんもいます。
なのに、男子 ⇒ 私(アキラくん) にしてしまう。
ここが、“筋が通らない” 理由なのです。
ひとの意見を尊重してませんよね。


〜〜〜〜〜  おしらせ 〜〜〜〜〜

このメルマガは、今回をもって、
ひとまず最終回とさせていただきます。
数年にわたりお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。
バックナンバーはネット上に残しておきますので、
いつでもどうぞ。

今後なにかお知らせすることがありましたら、
また記事を送らせていただきます。


====================================================================
お読みくださっている皆様、ありがとうございます。
当メルマガ、切り口は毎回変わりますが、底辺には一貫した流れがあります。
そのあたりを ほんのり♪ とでも感じ取っていただければありがたいです。

■ バックナンバー一覧 : http://www.aquatack.com/home/writings_list.html
■ コメント・お返事一覧 : http://www.melma.com/backnumber_179959/

◎ 発行人 : アクアタック研究室/片岡 章
          url : http://www.aquatack.com
          e-mail : aquatack@msc.biglobe.ne.jp
◎ 登録・解約は、http://www.melma.com/backnumber_179959/
====================================================================

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-04-07  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。