生活の知恵

見慣れた世界に “小窓” を開けて …

♪目にする景色がほんのり変わるメールマガジン。
4月29日最新号は 【 [155] 『題なし』が台なしに … 】

全て表示する >

[115] 尿瓶(しびん)運動

2014/07/15

□ =================================================== □
            アクアタック研究室 - 片岡 章
            mail magazine - 115  2014/7/15

            【 尿瓶(しびん)運動 】

□ =================================================== □


イラストレーター みうらじゅんさんの、最近のマイブーム “尿瓶(しびん)”、
ご存知の方も多いと思います。
NHK 『スタジオパーク』 やTBS 『ゴロウデラックス』 にも登場しました。

そのなかで氏は、コレクションの感想をあれこれと語っています。

    これは気泡が入っているから市場に出なかったのではないか
    チェコスロバキアのは注(そそ)ぎ口が太くて長い
    日本のは取っ手がついていて機能的


    あ、わかったぁ〜
    きょうのテーマは尿ですね。腎臓の話とか  d(^ ^)

いえ、そうではないんです。


                         ☆    ☆    ☆


◎ ほんとの知性って?

いきなり結論をいいますと、
みうらじゅんさんのお仕事は、とても知的な営(いとな)みだ、
と申し上げたいのです。

    え?  尿瓶が知的?  どーゆーこと?   (・ε・;)


では、「知性」 と聞いて、具体的になにを連想しますか?
まず思いつくのは、記憶力や計算能力ではないでしょうか。

たしかに、これらも知性にはちがいありません。
でも私は、ほんとの知性というのは、

    ものの見方、洞察力、考えること

だと思うのです。


記憶力や計算能力が知性の代表になっているのは、
成績として評価しやすいからです。

    10個中4個憶えていましたね
    20個の計算問題が3分で解けましたね

こんな具合に、わかりやすいのです。
IQテストや認知症検査も、もっぱらコレです。

一方、洞察や思考は、簡単に評価できません。

    生きることの意味をどう思いますか?
    お金はなんのためにあるのでしょうか?

こうなると、
どんな答えを出したから何点、というわけにはいきませんよね。


こうして、
ものの見方や考え方は、「知性」 から外(はず)されがちになります。

しかしこれは、残念、というより恐ろしいことではないでしょうか。
能力だけのおバカな社会ができあがってしまいます。


◎ 尿瓶のかなたに浮かび上がる知性

みうらじゅんさんのマイブームは、ほかにもあります。
これまでも、仏像、崖っぷち、ゆるキャラ … と、
一連のコレクションに様々な角度から光を当て、
“考察” を展開してきました。

これは、

    どんなものも、色々な視点から見ることができる
    そこから、思いも寄らなかった風景が見えてくる

ということを示してくれるもので、
ものの見方を広げたり深めたりして洞察する、
優(すぐ)れて知的なお遊びなのです。

「アホなことやってるおじさんだ」
な〜んて思っていてはいけないのです!


人の不幸の多くは、
視点が限られているところから来るのではないでしょうか。
ほかの見方ができなくて行き詰まるわけです。

また、ご当人は感じていないのかもしれませんが、
こんな人たちも、やはり不幸だと思います。

    なんでもかんでも霊のせいにしたがるスピリチュアルの人
    逆に、「科学科学」 と○○のひとつ憶えを繰り返す科学教信者さん
    あるいは、自分と正反対の意見には耳を貸さない人

こういった人たちは、限られた視点しか持っておらず、
穴倉のような狭い世界で生きていることになります。

余計なお世話ながら、
もう少し風通しがよくならないかな、と気になってしまいます。

みうらじゅんさんの試みは、
このように委縮したわたしたちのアタマに対して、
ストレッチを施(ほどこ)し、ほぐしてくれる良薬なのです。

このムーブメントが 《尿瓶(しびん)運動》 として開花し、
わたしたちの知性をほんとの意味で目覚めさせる ――
そんな未来を切に願う、今日このごろなのであります。


--------

今回のメルマガは、
前々回、前回と続いて3部作っぽくなっています。
よろしかったら、併(あわ)せてお読みください。

[113] 子どものころ 世界はほんとに広かった
    http://melma.com/backnumber_179959_6043601/

[114] 赤毛のアンと所さん
    http://melma.com/backnumber_179959_6051794/


====================================================================
お読みくださっている皆様、ありがとうございます。
当メルマガ、切り口は毎回変わりますが、底辺には一貫した流れがあります。
そのあたりを ほんのり♪ とでも感じ取っていただければありがたいです。
毎月1日と15日、月2回発行です。

■ バックナンバー一覧 : http://www.aquatack.com/home/writings_list.html
■ コメント・お返事一覧 : http://www.melma.com/backnumber_179959/

◎ 発行人 : アクアタック研究室/片岡 章
          url : http://www.aquatack.com
          e-mail : aquatack@msc.biglobe.ne.jp
◎ 登録・解約は、http://www.melma.com/backnumber_179959/
====================================================================

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-04-07  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。