生活の知恵

見慣れた世界に “小窓” を開けて …

♪目にする景色がほんのり変わるメールマガジン。
4月29日最新号は 【 [155] 『題なし』が台なしに … 】

全て表示する >

[105] 佐村河内さんがいっぱい

2014/02/15

□ ===================================================== □
            アクアタック研究室 - 片岡 章
            mail magazine - 105  2014/2/15

            【 佐村河内さんがいっぱい 】

□ ===================================================== □


このところ、佐村河内(さむらごうち)さんが袋叩きですね。
でも、音楽業界には、こんな人がワンサカいるのです。


                           ☆    ☆    ☆


■ 音楽業界のなりすまし

この事件の場合、
ゴーストライターさんはそれを承知で始めたわけですし、
レコード会社は、枝葉のエピソードを売りにしたのですから、
自業自得と言われても仕方ありません。

ところが、まともに仕事した人をないがしろにする慣習が、
この業界にははびこっています。
みなさんよくご存知の放送局、出版社、あるいは選曲の人たちが、
作者の著作権(財産権・人格権)を踏みにじるようなことを平気でやっているのです。
中国のディズニーランドを笑う資格はありません。 d(.\ /.)b

その一例がこちら↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E3%82%81%E3%81%8F%E3%82%8A%E4%B8%87%E8%91%89%E9%9B%86

このサイトでは、2014年2月13日現在、
「音楽を作った人」 が H・Tさんであると表記しています。
まるで、この番組の音楽をすべて作ったかのようです。

しかしながら、H・Tさんが作ったのは、オープニングのテーマ曲1曲のみ。
番組本編の背景に流れる71曲、
その膨大な作業をしたのは、全く別の作曲家U氏なのです。
(ほかに、Nという人も、2曲の作曲、約10曲の編曲をしています)
H・Tさんは完全にノータッチで、プロデュースもなし。
実際の作曲家も、ゴーストライターとして請け負ったわけではありません。

ひどいと思いませんか?

まあ、H・Tさんの名誉のためにいうならば、
彼がもくろんだわけではないのでしょう。
ですが、無関心でいてはいけないと思います。


■ 支払は延ばすべし?

さて、音楽業界の話をしようというのではありません。
どの業界であれ、一緒に仕事した人の功績は尊重してほしいのです。

何年か前、
若手の会計士さんが書いてベストセラーになった本があります。
一般向けの本ですが、
そのなかに、「支払は延ばすのがよい」 という一節がありました。
「え? この若い人が、まだこんな考え方?」 と意外でした。

たしかに、
“代金の回収は早めに、支払は遅めに” というのは、
会計や経営の鉄則になっています。
会計の本としては、そういうことになるでしょう。

しかしそれは、“自社の都合” という視野の狭い話にすぎません。
関わってくれている人や企業が喜んで協力してくれる仕組み、
そういった広い視野で見たならば、
こんな会計原則は、20世紀の遺物でしかないでしょう。
それに、つまるところ、自分の首を絞めることにもなりかねません。

取引先、下請け、外注業者、
そういった人たちの仕事に正当に報いてこそ、
健全な経営・会計といえるのではないでしょうか。

    ・ ・ ・ ・ ・

私ごとですが、最近は、
お仕事をさせていただく企業や個人のみなさんから、
こういう貧相な考えの人がいなくなりました。
それどころか、見積書の段階で振込んでくださる企業さんまでおられます。
(そうしてくれ、といっているのではありません。
   そういう方がおられますよ、といっているだけです …  v(^_^;) )

こんないい関係で仕事ができるのは、幸せなことです。
こちらも、損得抜きで、できるかぎり協力しよう、という気になります。
双方のエネルギーが増幅します。

人から奪って肥えていくのではなく、
一緒に、健全でフェアな循環をつくっていく ――
そんな経済活動がいいですね。
あたりまえなんですけど。


====================================================================
お読みくださっている皆様、ありがとうございます。
当メルマガ、切り口は毎回変わりますが、底辺には一貫した流れがあります。
そのあたりを ほんのり♪ とでも感じ取っていただければありがたいです。

■ バックナンバー一覧 : http://www.aquatack.com/home/writings_list.html
■ コメント・お返事一覧 : http://www.melma.com/backnumber_179959/

◎ 発行人 : アクアタック研究室/片岡 章
          url : http://www.aquatack.com
          e-mail : aquatack@msc.biglobe.ne.jp
◎ 登録・解約は、http://www.melma.com/backnumber_179959/
====================================================================

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-04-07  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。