生活の知恵

見慣れた世界に “小窓” を開けて …

♪目にする景色がほんのり変わるメールマガジン。
4月29日最新号は 【 [155] 『題なし』が台なしに … 】

全て表示する >

[100] 二槽式ですか? 全自動ですか?

2013/11/15

□ ===================================================== □
            アクアタック研究室(片岡 章)
            mail magazine - 100  2013/11/15

            【 二槽式ですか?  全自動ですか? 】

□ ===================================================== □

        100回記念号ですが、別段変わったことはありません
        いつものようにお付き合いくださいませ  m(. .)m


                           ☆    ☆    ☆


◎ 二槽式か 全自動か

みなさん家(ち)の洗濯機は、
二槽式ですか?  それとも、槽が一つだけの全自動ですか?

家電の店に行くと、
ほとんどが全自動で、二槽式は、10個に1個あるかどうか。
ということは、みなさん、たいてい全自動なのでしょうね。

しかしながら、二槽式にも根強い人気があります。

    丈夫で長持ち
    水量が少なくて節約になる
    布が傷みにくい
    洗いと脱水を同時進行できる
    色柄物と白物の洗い分けがしやすい
    粉石けんが使えるし、黒カビが出にくいので、アレルギー対策になる
    《洗っている感》 がある

ちなみに、
我が家は、買い替えても二槽式ですし、
歌手の加藤登紀子さんも、断然、二槽式派のようです。


確かに、全自動は、「とても便利」 だから、
これだけ主流になっているのでしょう。

ですが、二槽式のメリットや人気を考えると、
ここまで全自動が席巻(せっけん)しているのは、
ちょっと行き過ぎのようにも見えてしまいます。
住宅設計まで全自動が前提だったりして …

世間の人たちは、
ほんとに 「全自動がいい」 と思って全自動なのでしょうか?
それとも、
「洗濯機=全自動」 だと思い込まされているだけなのでしょうか?


◎ ほんとに欲しいの?

ここで洗濯機の話をしようというのではありません。
ほんとに自分が欲しいと思って買い求めているのだろうか?
というお話なのです。

わたしたちは、
よく考えれば欲しくもなく必要でもないものを手にして、
疑いもなく漫然と過ごしてはいないでしょうか。

    みんなが持っているから
    新製品だから
    ランキング上位だから
    行列ができるから


子供から大人まで、一日中、ケータイやスマホを覗(のぞ)いています。
電車のなかで、車を運転しながら、人と会食をしている最中でさえ …

秒単位で動くビジネスマンならともかく、
ただ時間つぶしのようにいじっている人たちを見ると、
いささかブキミです。


サプリメントだってそうです。
次々と初耳の栄養成分が登場し、みんなが群がります。
といって、新種のほうが健康に役立っているとも思えません。
ほんとうにいまの自分に必要なのはコレなのでしょうか。
新人タレントの追っかけみたいなことをしているだけ
なのではないでしょうか。

そのほか、
ウワサのパンケーキ、ファッション、持ち家、音楽配信 …
ほんとに必要でほんとに欲しかったものが、
どれくらいあるでしょう?

生活の中身が “おしゃれなゴミ屋敷” になってませんか?


◎ 大事なことが抜けている

もし思い当たるのだとしたら、
きっと、大事なことが抜けています。

    自分のほんとの声を聴くこと
    自分の体の声を聴くこと

わたしたちは、ちょっと気を抜くと、
“内” を留守にして、 “外” ばかりほっつき歩いてしまいます。

でも、こんなことをしていると、やがて、

    ここはどこ?
    わたしはだれ?
    (ちょっと古いセリフです)

になってしまいます。
震度1でもポテッと倒れる、柱のない家みたいな人生。

一番大事なのは自分の内側です。
そこに足の裏をペタッとつけないかぎり、まともに歩くことはできません。
ですから、普段から “自分の心身の声” に耳を傾けながら
過ごしていただきたいと思うのです。
そうすれば、“自分探し” なんて必要ありません。


    それはわかりましたけどぉ〜
    結局、二槽式と全自動と、どっちがいいんですかぁ〜?  (・ε・)

    あのぅー …
    そこを自分の “内側” に聞いてほしいんですけど …  (-.-;)


====================================================================
お読みくださっている皆様、ありがとうございます。
当メルマガ、切り口は毎回変わりますが、底辺には一貫した流れがあります。
そのあたりを ほんのり♪ とでも感じ取っていただければありがたいです。

■ バックナンバー一覧 : http://www.aquatack.com/home/writings_list.html
■ コメント・お返事一覧 : http://www.melma.com/backnumber_179959/

◎ 発行人 : アクアタック研究室/片岡 章
          url : http://www.aquatack.com
          e-mail : aquatack@msc.biglobe.ne.jp
◎ 登録・解約は、http://www.melma.com/backnumber_179959/
====================================================================

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-04-07  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。