生活の知恵

見慣れた世界に “小窓” を開けて …

♪目にする景色がほんのり変わるメールマガジン。
4月29日最新号は 【 [155] 『題なし』が台なしに … 】

全て表示する >

[74] ジェームズ・ボンドと野菜スープ

2012/09/07

□ ========================================================= □
      アクアタック研究室  mail magazine - 74  2012/9/7
             
                    【 ジェームズ・ボンドと野菜スープ 】

                        健康・社会 ◇ エッセイ
               
□ ========================================================= □


先日はえらい災難だったスギちゃんですが、
それはさておき、
「愛知県出身。祖父は、毛織物で財をなした人」 と聞いて、
ひょっとして、と思い、調べてみました。

やはりそうです、愛知県一宮市。
私自身、幼稚園から中学までを一宮で過ごしたので、
「毛織物」 にピンと来たのです。

ちなみに、私の住んでいた所は、
競輪場からタバコ屋の伊藤くんちの方へ100mくらい行ったあたりです。


                           ☆    ☆    ☆


◆ ジェームズ・ボンドと野菜スープ

007シリーズ 『サンダーボール作戦』 冒頭、
不摂生をしていたボンドは、上司Mの勧めで自然療法を受けることになります。
「薬を飲むのは、ただその場の徴候を押さえるにすぎん」
「きみは、石臼でひいた本当の全麦パンをどのくらい食べてる?」
(井上一夫 訳)

映画も似た設定でしたが、
原作では、こうして療養所に行かされ、
マッサージや整骨治療、野菜スープの食餌療法などを受けます。

とはいえ、ボンドに自然療法は似合いません。
確かに、体調がよくなったという自覚はあったのですが、
その後も、酒やタバコをやめる気配はなさそうです。
それでこそボンドさん♪


◆ タバコを吸わなくなったボンド

ところが、映画のなかのジェームズ・ボンドは、
ある時期からタバコを吸わなくなります。
これは、イギリスの嫌煙運動が圧力をかけたためだそうですが、
『サンダーボール作戦』 は1961年に出版されていますから、
このころ自然療法がブームになっていて、その流れがあったのでしょうね。

でも、これはいけません。
私も、タバコは吸わないほうがいいと思っていますが、
それをボンドさんにまで押付けるとなると、行き過ぎです。
それとも、
タバコもお酒もやらず、精進料理を食べて、殺生(せっしょう)はしない ――
イギリスの人たちは、そんなジェームズ・ボンドをお望みなのでしょうか。
まさかね。


◆ 不健康な “ヘルシー”

禁煙はいいと思うのですが、そこまでタバコを目の敵にしなくても、とも思います。
ややもすれば、
タバコを1本吸っただけでも、“人間失格” の烙印が押されそうです。

だったら、
肉ばかり食べている人や、運動せずにごろごろしている人に対しても、
同じような主張を展開してはどうでしょうか。

確かに、タバコの煙は周囲にとって迷惑ですから、
肉や運動より強調してもいいのかもしれません。

しかし、
「嫌煙運動をしている自分こそ、健康を考えている人だ」 
と思っているのだとしたら、
ちょっとバランスを欠いてはいないでしょうか?
大体、こういう人にかぎって、食には無頓着だったりするのです。
木を見て森を見ず、かえって不健康(不健全)な感じがします。
気持ちよく一服吸って元気に働く、という人がいてもいいじゃないですか。


減塩もそうです。
医者も栄養士も、なんとかのひとつ覚え、と言っては申し訳ないですが、
おうむ返しのように 「減塩」 を口にします。

でも、
ミネラルを含む自然塩ならば、精製塩より多めに摂っていいはずです。
(もちろん、摂り過ぎはいけませんが)
また、
肉や加工品をよく食べる人は、ナトリウム過多になるので控えるべきですが、
その逆の菜食の人は、控えなくてもいいはずです。

実際、私が勤めていたクリニックでは、
「菜食をベースに、自然塩をしっかり摂る」 という方針で、
高血圧や腎臓病の患者さんにもそうしていましたが、
そのせいで具合が悪くなった、という話は聞いたことがありません。

それに、ナトリウム不足になると、
夏バテになったり、頭が働かなくなったりします。
心身ともに、力が抜けるのです。

ですから、単純に減塩されては困るのです。


“禁煙” “減塩”、あるいは “消毒” “アレルゲン除去” もそうですが、
こういった言葉には、どうも、健康的なイメージがありません。
なんだか、「問題が起きなければいいね」 と恐る恐る生きているような。
間違ってはいませんが、小粒でチマチマしているのです。

こういった弱々しい “健康” ではなく、
野生動物のたくましい疾走、集中力、プロポーション ――
そんな、ダイナミックで力強く、そして美しい “健康” は、ないものでしょうか。


◆ 佐川急便 ・ ボンド ・ スギちゃん

佐川急便の配達員、沖縄の消防士、人力車を引くお兄ちゃん、
こういった人たちの写真集が出版され、たくましさに注目が集まっています。

ボンドさんは、
ダニエル・クレイグになって以降、強そうで、
(それまでのボンドは、私でも倒せそうでした)
その最新作が、この冬上映されます。

スギちゃんは、
年内に回復して、また 「ワイルド」 を叫んでくれそうです。


佐川急便、ボンドの新作、スギちゃん ――
期せずして登場した <ワイルド御三家>、これは神意かもしれません。
これからは、視野を広くし、
もっとワイルドな健康に目を向けるべきではないでしょうか。
「ヘルシ〜♪」 なんて言ってないで。


====================================================================
お読みくださっている皆様、ありがとうございます。
当メルマガ、切り口は毎回変わりますが、底辺には一貫した流れがあります。
そのあたりを ほんのり♪ とでも感じ取っていただければありがたいです。

■ バックナンバー一覧 : http://www.aquatack.com/home/writings_list.html
■ コメント・お返事一覧 : http://www.melma.com/backnumber_179959/

◎ 発行人 : アクアタック研究室/片岡 章
          HOMEPAGE : http://www.aquatack.com
          e-mail : aquatack@msc.biglobe.ne.jp
◎ 登録・解約は、http://www.melma.com/backnumber_179959/
====================================================================

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-04-07  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。