生活の知恵

見慣れた世界に “小窓” を開けて …

♪目にする景色がほんのり変わるメールマガジン。
4月29日最新号は 【 [155] 『題なし』が台なしに … 】

全て表示する >

[70] I need you は不幸のはじまり

2012/06/09

□ ========================================================= □
      アクアタック研究室  mail magazine - 70  2012/6/9
             
                【 I need you は不幸のはじまり 】

                         男と女 ◇ エッセイ
               
□ ========================================================= □


☆.。:・*~★.。:・*~☆.。:・*~★m(. _)m☆.。:・*~★.。:・*~☆

           ♪ あなたに涙は似合わない ♪
      … クリスタルな出会いをプロデュース …

      ≪サロン ◎ 白馬の館≫
          代表  玉輿のり子(アムール・コンシェルジュ)

      医師・資産家御曹司・熟女好き 登録多数!

      まずはお電話ください。
          834−024−1122
       (やさしい鬼嫁 いい夫婦)

☆.。:・*~★.。:・*~☆.。:・*~★m(. _)m☆.。:・*~★.。:・*~☆


え? わたしにも王子様が? ……


                           ☆    ☆    ☆


α) I need you は不幸のはじまり

"I need you" ―― ラブソングではお決まりのセリフです。

さて、
これが「あなたがいてくれて嬉しい」という意味ならいいのですが、
もし、「あなたが必要」ということだったら …
こうなると、ちょっと不幸の臭いがします。

親や友人から言われたことはありませんか?
「先々ひとりでいたら寂しいよ。結婚したら?」

そして、
「寂しいから結婚するんでしょ」というのが、
多くの人にとっては常識なのかもしれません。

しかし、どうなのでしょうか。


β) パートナーは 穴埋め作業員ではありません

一見愛情に見える「あなたが必要」のなかには、
「自分に足りない凹を穴埋めしてほしい」という要求が
潜んでいるのではないでしょうか。

    愛してくれなくちゃイヤ
    指輪買ってちょうだい
    3時間に1回電話して
        ・・・・・

男の側だってそうです。

    掃除洗濯は女の仕事
    かわいい女でいてくれ
    母親のようであってほしい
        ・・・・・

お姫さま抱っこをおねだりするくらいはいいですが、
相手がしたくもないことを要求し続けると、
誰が考えても、その先は下り坂です。

言うべきことを相手に伝えるのは、むしろ大切です。
ですが、
それが個人的な要求になったのでは、相手を縛っていくだけです。

こうして、
I need you は、うっかりすると、
自立していない者の “もたれかかり” や “すがりつき” に
なりかねません。
見聞きする破綻の多くは、ここから始まっているように思えます。
「これが愛」という錯覚のなかで。


γ) 穴は自分で埋める

“相手に要求する”という関係は、きっと壊れます。
やはり、基本は、自分で凹を埋めることでしょうね。
それを外に求めていたのでは、
いつまでたっても彷徨(さまよ)うばかりで、幸せになれないと思います。
外からの助けを借りたりヒントにしたりするのは、もちろんいいです。
でも、
“一番大事なモノサシは自分のなかにある”
ということを忘れたのでは、間違いなくアウトです。

自分の内側を見る、というのは、
哲学者や修行者だけの仕事ではありません。
誰にとっても不可欠なことで、幸せもそこから芽を出します。

そもそも、寂しいから一緒になる、という発想は、
随分身勝手ですよね。
自分の都合が優先し、相手に失礼な話です。

それぞれが自立していて、ひとりでも楽しめる、
だけど、一緒になればもっとおもしろい ――
こうなってこそ、幸せではないでしょうか。

その点、自立で鍛え上げた晩婚組はよさげです。
子供を持ちたい、というのでなければ、
結構おすすめコースかもしれません。
≪白馬の王子さま≫より≪白馬のおじさま≫です。


====================================================================
お読みくださっている皆様、ありがとうございます。
当メルマガ、切り口は毎回変わりますが、底辺には一貫した流れがあります。
そのあたりを ほんのり♪ とでも感じ取っていただければありがたいです。

■ バックナンバー一覧 : http://www.aquatack.com/home/writings_list.html
■ コメント・お返事一覧 : http://www.melma.com/backnumber_179959/

◎ 発行人 : アクアタック研究室/片岡 章
          HOMEPAGE : http://www.aquatack.com
          e-mail : aquatack@msc.biglobe.ne.jp
◎ 登録・解約は、http://www.melma.com/backnumber_179959/
====================================================================

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-04-07  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。