生活の知恵

見慣れた世界に “小窓” を開けて …

♪目にする景色がほんのり変わるメールマガジン。
4月29日最新号は 【 [155] 『題なし』が台なしに … 】

全て表示する >

[63] おじいちゃんの知恵袋は?

2011/11/01

□ ========================================================= □
      アクアタック研究室  mail magazine - 63  2011/11/1
             
              【 おじいちゃんの知恵袋は? 】

             ライフスタイル・生命 ◇ エッセイ
               
□ ========================================================= □


<おばあちゃんの知恵袋> というのがあります。
梅干の漬け方、風邪の治し方 …

一方、<おじいちゃんの知恵袋> は聞いたことがありません。
おじいちゃんには、もはや玉袋しか残されていないのでしょうか。


                           ☆    ☆    ☆


■ リンガーハット

「安い」 を売りにする商戦がしのぎを削るなか、
長崎ちゃんぽんで有名なリンガーハットは、
あえてちゃんぽんの100円値上げに踏み切りました。
その分、安心野菜を使って質を向上させよう、というわけです。

当然、リンガーハットとしては売上が気になるところで、
実際、最初の1ヶ月間は伸び悩んでいました。

ところがその後、人気急上昇。
「うちの子に食べさせるのに安心」 と、
お母さん方が利用しはじめたのだそうです。
まさに女性の力。


■ マクロビも波動も

マクロビオティックもそうですね。
やはり女性のおかげで広まったようです。

私が自然食に関心を持ちはじめた40年ほど前は、
玄米を食べていると変人扱いでしたし、
菜食をしていると 「草を食ってる」 と牛扱いだったものです。

それがいまや …
女性のモデルさんや女優さんが 『はなまるカフェ』 に出ると、
「わたし、玄米食べてます」 「マクロビやってます」
むしろおしゃれの最先端です。

このように、自然食や自然療法は女性を通して世間に浸透しました。
それは波動でもおなじです。
私のところに来られる方は、大半が女性です。


■ 《いのち》 は女性から

安心野菜、マクロビ、波動 …
いずれも、《いのち》 につながるものです。

女性は、こういったものをいち早くキャッチするのですね。

もちろん、男性も 《いのち》 に関心は持ちます。
ですが、男性の場合、
自分とは距離をおいた “対象物” として 《いのち》 を見ているようです。
だからこそ科学が発達した、ともいえるのですが。

それに対し、女性の場合は、
“自分のこと” あるいは “家族のこと” として
《いのち》 を捉(とら)えているのではないでしょうか。
こういう捉え方が、男性にはなかなかできないのだと思います。


<おばあちゃんの知恵袋> は、
生命・生活 = ライフ に関するものが多いようですが、
これは、
《いのち》 を自分や家族のこととして感じ取る女性 ならでは、
といっていいでしょう。

この視点や感性を男性がもっと受け入れたならば …

それができたならば、
科学は一層ふくよかな夢を持つでしょうし、
医学では、
治癒率や生存率に加えて、健康や喜びが重要なモノサシになるでしょう。
あるいは、
絵文字や Kawaii に見られるように文化はフィールドを広げ、
政治・経済は温か味を増すでしょう。

そうなったとき、ひょっとして <おじいちゃんの知恵袋> も!


■ 奥さんと歩く

奥さんのこんなボヤキ、聞いたことがありませんか?
「一緒に買い物や散歩に行くと、主人だけどんどん先に行ってしまう。
  おもしろくないわぁ〜」

こういう男の人(夫)を見ていると、
自分の窓枠に映る景色だけで一生を終えそうです。

だとしたら、つまらないですねー。
普段の生活はどうなのでしょうか。
部下からは尊敬されないし、話はいつも同じだし、老後は寂しいし …
というと余計なお世話ですが、
あながち外れてはいないと思います。

やはり、奥さんと一緒のペースで歩いてみるといいでしょうね。
花の香りを楽しんだり、猫やカラスに話しかけたり …
そんなところから世界はふくらみます。
「綺麗なスイーツのお店があるのよ♪」
と言われたときも、おもしろがって行ってみましょう。

こういうときに 「男だから関係ない」 なんて言ってる人は、
20世紀ならぬこれからの時代、モノクロームな人生になるのでは?

ちなみに、私は、ガールズトークもキティちゃんも好きです。
我ながら、「偉いなぁ〜」 と、いつも感心しております。


====================================================================
お読みくださっている皆様、ありがとうございます。
当メルマガ、切り口は毎回変わりますが、底辺には一貫した流れがあります。
そのあたりを ほんのり♪ とでも感じ取っていただければありがたいです。

■ バックナンバー一覧 : http://www.aquatack.com/home/writings_list.html
■ コメント・お返事一覧 : http://www.melma.com/backnumber_179959/

◎ 発行人 : アクアタック研究室/片岡 章
          HOMEPAGE : http://www.aquatack.com
          e-mail : aquatack@msc.biglobe.ne.jp
◎ 登録・解約は、http://www.melma.com/backnumber_179959/
====================================================================

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-04-07  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。