生活の知恵

見慣れた世界に “小窓” を開けて …

♪目にする景色がほんのり変わるメールマガジン。
4月29日最新号は 【 [155] 『題なし』が台なしに … 】

全て表示する >

[60] こども と どうぶつパン の関係

2011/09/15

□ ========================================================= □
      アクアタック研究室  mail magazine - 60  2011/9/15
             
              【 こども と どうぶつパン の関係 】

                        プチ哲 ◇ エッセイ
               
□ ========================================================= □


パン屋さんには どうぶつパン が並んでいますね。
ネコさん、クマさん、カエルさん …

でも、ガブリンチョ! と食べてしまうんでしょ。
「よくそんなことができるなぁ〜」 と思わないでもありません。 (・ε・ ;)


                           ☆    ☆    ☆


◎ こども が どうぶつパン を食べるワケ

こどもが食べる どうぶつパン、
どれもかわいい顔をしています。
ですから、どうぶつパン は、
その動物のことが好きで食べるためのパンに違いありません。
もし、「憎くてかみ殺してやる!」 というコンセプトの どうぶつパン だったら、
ハイエナやピラニアをデザインしているはずですものね。

現に、食べるこどもたちはニコニコ顔です。
やはり、
「クマさんだーいすきー!」 で ガブリンチョ しているのです。


◎ 白血球がばい菌を食べるワケ

では、
白血球がばい菌を食べる、というのはどうでしょうか?

「そんなの、ばい菌をやっつけているのに決まってるでしょ」
と誰もが思います。

でも、彼らはほんとに対立関係なのでしょうか?
なぜって、
白血球がばい菌をにらみつけているところを見た人がいますか?
ばい菌の顔が恐怖に引きつっているのを見た人がいますか?

ひょっとして、
こどもが どうぶつパン を食べるように、
「ばい菌さんだーいすきー♪」 という想いで
食べている(一体化している)のかもしれませんよ。


◎ ばい菌は “悪いヤツ” ?

そもそも、なぜ、私たちは、
“白血球がばい菌をやっつけている” と考えるのでしょうか。
それはきっと、“ばい菌は悪いヤツ” という前提があるからでしょう。

でも、この前提はどこまで確かなのか …?
単なる思い込みでは?

ばい菌さんたちは、
人間の不摂生から出たゴミを掃除していただけなのに、
病気の現場にいたものだから、犯人にされてしまった ――
そんな冤罪(えんざい)事件の可能性はないのでしょうか?

ありえないことではないと思います。

そして、もしばい菌さんの疑いが晴れるのなら、
白血球さんについても、
役目を終えたばい菌さんを、「ご苦労さん」 と労(ねぎら)って吸収している、
というシナリオを描いたところで、無茶ではないはずです。

「白血球さんとばい菌さんは、とてもいい関係だった」
それこそが、真実だったのかもしれません。


◎ 政治もご近所も

月光仮面や水戸黄門のせいでしょうか、
私たちは、いつからか、“善玉” “悪玉” という分類法を身につけています。

わが国は善玉、他国は悪玉、
地球人は善玉、宇宙人は悪玉、
自分の家族は善玉、ちょっとうるさい隣の家族は悪玉、
     ・・・・・・

そして、「悪玉をやっつけよう」 と考えます。

たしかに、わかりやすくて便利な構図です。
しかし、これで物事が進展しているようにも思えません。
某国のテロ対策を見ていて、そんな感じがしませんでしたか?
あるいは、
抗生物質を超える耐性菌が生まれるのにも、
同じ理由があるような気がします。

生きていれば、人であれ、出来事であれ、病気であれ、
それらと敵対したくなる場面がいくつもあるでしょうが、
そんなとき、≪善玉 vs 悪玉≫ という枠のなかに留まっていたのでは、
おそらく永遠のドロドロでしょう。

ニーチェではありませんが、
いついかなる時でも、
“善悪の彼岸” へと一歩踏み出したところから相手を受け入れたいものです。

「憎っくきヤツ!」 と血が上ったら、
どうぶつパン を思い出してくださいね。



         … ☆ ★ ☆ … ☆ ★ ☆ … ☆ ★ ☆ …

                             ≪おしらせ≫

            今田美奈子 〜バラと天使とお菓子の物語 〜
                 華 麗 な る 王 妃 の 食 卓 芸 術 展

■ 10月7日(金) → 17日(月)  ■ 新宿高島屋11階催会場

                               * * *

波動測定を通してご縁をいただいております
今田美奈子先生(洋菓子研究家)より、
食卓芸術展のお知らせをいただきました。
以前にも展覧会に伺ったことがありますが、
お菓子でできたベルサイユ宮殿など、夢のような華麗な世界です。
美しい世界のお好きな方、ぜご覧ください。

食卓芸術展パンフレット(PDF)
    http://imada-minako.co.jp/images/topic/tenrankai2011.pdf

もちろん、男性も、一度はこの世界に触れていただきたいと思います。
スイーツ男子にかぎらず、お越しくださいね。

それから、
今田先生は、『徹子の部屋』(テレビ朝日) にも出演されるそうです。
放映日は、9月28・29・30日のいずれか、とのことでした。

サロン・ド・テ・ミュゼ イマダミナコ
    http://www.imada-minako.co.jp/salon/index.html


====================================================================
お読みくださっている皆様、ありがとうございます。
当メルマガ、切り口は毎回変わりますが、底辺には一貫した流れがあります。
そのあたりを ほんのり♪ とでも感じ取っていただければありがたいです。

■ バックナンバー一覧 : http://www.aquatack.com/home/writings_list.html
■ コメント・お返事一覧 : http://www.melma.com/backnumber_179959/

◎ 発行人 : アクアタック研究室/片岡 章
          HOMEPAGE : http://www.aquatack.com
          e-mail : aquatack@msc.biglobe.ne.jp
◎ 登録・解約は、http://www.melma.com/backnumber_179959/
====================================================================

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-04-07  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。