生活の知恵

見慣れた世界に “小窓” を開けて …

♪目にする景色がほんのり変わるメールマガジン。
4月29日最新号は 【 [155] 『題なし』が台なしに … 】

全て表示する >

[41] 「ザコは失せろ!」

2010/12/01

□ ========================================================= □
      アクアタック研究室  mail magazine - 41  2010/12/1
             
              【 「ザコは失せろ!」 】

         ビジネス・ライフスタイル ◇ ハウツー
               
□ ========================================================= □


私の座右の銘は、
「雨にも負けず」 でも 「則天去私」 でもありません。
「ザコは失(う)せろ!」 です。
座右の銘としては、あまりお上品とはいえませんが。


                           ☆    ☆    ☆


この言葉は、ジェームズ・ボンドさんからお借りしています。

映画 『サンダーボール作戦』 だったかと思いますが、
ショーン・コネリー扮するボンドが殺し屋に銃を向けられるシーンがあります。
が、殺し屋といっても下っ端の使い走り。
ボンドは難なく銃を取り上げ、それを投げ返してやりながら、
「ザコは失せろ!」 と冷たく言い放ちます。
このとき、ソファーの後ろに立つボンドは、その背に片足を掛けています。
大事なポイントです。
(記憶を頼りに書いているので、一部違っているかも … m(_ _)m )


◆ ―― このセリフを吐くとき ―― ◆

私事ですが、こんなことがあります。

突然無作法な電話をかけてきて、
「自分は科学を勉強してきた者だが …」 と前置きし、
波動測定にイチャモンをつけてくる人がいました。
しばらく相手をしていたら、
気がすんだのか、消え去るように電話を切ったのですが、
この人物、科学に無縁な人でも知っている科学用語がわかりませんでした。  

結局、使い走りの殺し屋だったのですね。
ですから取るに足りない出来事なのですが、
さほど腹は立たないながらも、時々思い出してしまいます。

でも、これは時間の無駄。
そんなとき、妄想のなかで片足をソファーの背に掛けて放つのが、
「ザコは失せろ!」  (-_ ・)  です。

ほかにも、
散々問合せし、資料を作らせて人の時間を奪った上、
うんもすんも返事のない人、
出張の依頼をしておきながら、
場所の指定や支払いにルーズな主催者、
などなど、
折々現れては頭の片隅に巣くってしまう “ザコども” がいます。

「ザコは失せろ!」 は、こんな連中を消すためのセリフなのです。


ボンドさんも、下っ端の殺し屋を相手にしている場合ではありません。
巨大な組織の中枢に入り込んで敵を撲滅しなければならない、
という重大な任務を帯びています。
だから、「ザコは失せろ!」 なのです。
そして、同じく重要な使命を担った私 (-ε-) も、
それを全(まっと)うするべく、ザコに向かってこのセリフを吐くのです。


◆ ―― 誰にもザコは寄ってくる ―― ◆

誰しも、仕事であれ、日常生活であれ、
くだらないのに気になってしまうことが後を絶ちません。
“下っ端の刺客” が次々と送り込まれます。

上司や客から不条理なクレーム
電車の中で足を踏んでおいて知らん顔
待ち合わせのすっぽかし
もらったつり銭が足りない
隣の住人の声がうるさい
○○さんにバカにされた
メールの返事が来ない
    ・
    ・
    ・

その刺客が重要な情報を握っているのなら、
時間を割(さ)いてでも格闘し問い詰めるべきでしょう。
でも、取るに足りないザコなら、
外に追いやって大事な任務を最優先しなければなりません。

些細(ささい)なことと知りつつも気になってしまうのが人の常。
しかし、そんなことをしていると、
目の前がザコで一杯になり、肝心のターゲットが見えなくなります。
ザコの相手で一生が終わってしまいます。
そこで、見つけたらすぐ追い返すのです。

もちろん、追い返すテクニックは、なんでもかまいません。
ドラえもんの四次元ポケットに入れて別世界に飛ばしてもらってもいいですし、
サリーちゃんの魔法で消してもらってもいいです。
あるいは、
ちびまるこちゃんやニーチェさんにいい知恵があるかもしれません。
尊敬できる師匠をお選びください。
そのとき、
ソファーの背に足を掛けるような “決めのポーズ” があれば、お忘れなく。
これによって、ザコを駆逐する力は一層強化されます。


◆ ―― “ザコ” は、自分のなかの “ザコ” ―― ◆

ところで、“ザコ” というのは、
ほんとうは、外(世間)にいる誰かさんのことではありません。
自分の内側にいる “ゴミのようなヤツ” のことであって、
「あっちのスーパーで買えば30円安かった!  くやしぃ〜!」
なーんていうのも、長引くようなら、ザコのうちです。

ですから、
「ザコは失せろ!」 というのは、
外の誰かに対してではなく、
自分のなかの囚(とら)われに対して言っているセリフにほかなりません。
ここを間違えると泥沼ですので、ご用心くださいまし。


====================================================================
お読みくださっている皆様、ありがとうございます。
当メルマガ、切り口は毎回変わりますが、底辺には一貫した流れがあります。
そのあたりを ほんのり♪ とでも感じ取っていただければ嬉しいです。

■ バックナンバー一覧 : http://www.aquatack.com/home/writings_list.html
■ コメント・お返事一覧 : http://www.melma.com/backnumber_179959/

◎ 発行人 : アクアタック研究室/片岡 章
          HOMEPAGE : http://www.aquatack.com
          e-mail : aquatack@msc.biglobe.ne.jp
◎ 登録・解約は、http://www.melma.com/backnumber_179959/
====================================================================

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-04-07  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。