生活の知恵

見慣れた世界に “小窓” を開けて …

♪目にする景色がほんのり変わるメールマガジン。
4月29日最新号は 【 [155] 『題なし』が台なしに … 】

全て表示する >

[30] フェ○ガモ農法 ???

2010/06/15

□ ========================================================
      アクアタック研究室  mail magazine - 30  2010/6/15
             
              【フェ○ガモ農法 ???】

              vision ◇ エッセイ風
               
□ ========================================================

━━━━━━━━
太いバレリーナ
━━━━━━━━

子供の頃のことです。
テレビコマーシャルから入ってきたのでしょうか、
身の詰まった 「プ○マハム」 丸ごと1本の映像が
脳内に陣取っていました。

そのせいかと思います。
いまでも、“プ○マバレリーナ” と聞くと、
そんな体型の人が踊っているところを想像してしまいます。

似たような “すり替え” は他にもあります。
黒毛○牛 → 肉から黒い毛が生えている
フェ○ガモ → フェ○ガモ農法のおいしいお米

イラストレーターの知人は、
“ケ○ッグ” から蛙のフレークを連想する、
と言っていました。

肉や米の話になってしまいましたが、
食べものに限らず、
こういったすり替えや勘違いはいたるところにあります。

ここに共通しているのは、
言葉のなかのたまたま重なった部分からリンクして
まったく別のものに繋がってしまう、という仕組みです。


ところで、
こういったすり替えを、私たちは、わざわざ探して遊んでいます。
その一番身近で簡単なのは駄洒落(だじゃれ)ですが、まだまだあります。

━━━━━━━━
すり替えで遊ぶ
━━━━━━━━

ねづっちさんご自身はもうウンザリしているでしょうが、
○○とかけて … その心は …
という 「謎かけ」 があります。
本来無関係なものを結びつける遊びですね。

替え歌もそうです。
同じメロディーの上に全然違う歌詞が乗っかっていながら
成り立ってしまうところにおかしさがあります。
それも、変えた歌詞が元の歌詞を踏まえていればいるほど、
食い違いの面白さは大きくなります。
つまり、
わずかな部分を変えただけで別物になってしまう、という面白さです。

巨漢の関取Kさんと美人女優Yさんの顔をよく見ると、似ている、
なんていうのもそうです。
およそ繋がらないものが繋がったヨロコビです。
我が家でも、
映画女優のエマ・トンプソンを 「(田中)眞紀子さん」と呼んでいます。

『不思議の国のアリス』 にも、言葉遊びがたくさん出てきますね。
・ 「物語」 のテイル(tale)と 「しっぽ」 のテイル(tail)を取り違える
・ 「アリス」 の5文字 Alice を組み替えた Lacie(レイシー)という名前が
   ヤマネの話に登場する
そういった場面が随所にあります。

ちなみに、これは、
作者のキャロルが数学者であったことと無縁ではないと思います。
たとえば、
5 + 3 = 3 + 5    は成り立ちますが、
5 - 3 = 3 - 5    は成り立ちません。

このように、数学では、
要素を入れ替えても結果が変わらない、
要素を入れ替えると結果が変わる、
そういった仕組みがとても重要になります。

数学と言葉遊びの間には、
共通したセンスやファンタジーがあるようですね。


では、なぜ私たちはすり替えを好むのでしょうか。

━━━━━━━━━
すり替えは脱出口
━━━━━━━━━

すり替えは、わずかな操作だけで、
私たちを別の世界に連れて行ってくれます。
そして、見慣れた日常が塗り替えられます。

ここに、私たちがすり替えを楽しむ理由があるのだと思います。

このとき、私たちは “開放” されるのです。
何から?
意味を失いかけた普段の景色からです。
ちょっと視点を変えただけで、
世界は異なった姿を見せ、私たちは開放されるわけです。

生きる意味が見出せない人、
鬱(うつ)的になっている人、
年齢を問わず、こういった人たちは、
目前の風景をひとつの視点からしか見られなくなっているのではないでしょうか。
そのため、目に映るものがことごとく色あせて見えるのです。

しかし、世界自体が意味を失っているわけではないはずです。
それを見るこちら側の “目” が貧しくなっているにすぎないのだと思います。
“すり替え” は、そこに新鮮な視点を提供してくれるのです。


ここで、“笑い” について付け加えさせていただきます。

すり替えには必ず “笑い” が伴いますね。
駄洒落にせよ、替え歌にせよ、その先には笑いがあります。
私たちは、別の世界や物事と繋がったときに、
日常の狭い世界(こちらの視野が狭いだけなのですが)から開放され、
笑うのではないでしょうか。

“すり替え” は、開放への脱出口です。
すり替えによって風穴があき、そこから新しい風が吹き込んできます。
その風を頼りに進んでいけば、
清々(すがすが)しい空気に触れることができます。


すり替えは、きっと、
「世界はもっと豊かで色鮮やかなんだよ♪」
と教えてくれる “魔法” なのです。
すり替えをうまく楽しみ、そして、
日々に彩(いろどり)を添えていただきたいと思います。

といっても、ネタの連発やオヤジギャグはちょっと …
香辛料は、ほどほどに使うのがコツです。


==============================================================
バックナンバー一覧 : http://www.aquatack.com/home/writings_list.html

◎ 発行人 : アクアタック研究室/片岡 章
◎ HOMEPAGE : http://www.aquatack.com
◎ E-mail : aquatack@msc.biglobe.ne.jp

◎ 登録・解約は、http://www.melma.com/backnumber_179959/
==============================================================

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-04-07  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • aquatack2010/06/17

    ダジャレには常習性がありますから、注意が必要ですね。

    ねづっちさん、使い捨てにならなければいいのですが …

    ご購読、ありがとうございます。

  • 名無しさん2010/06/15

    うちの夫はだじゃれ連発しますが実生活の視野は狭い!(笑)頑固ですしね。。。すり替えの出来る人は柔軟ですよね。ねずっち、すごすぎます!(笑)いつも面白いメルマガありがとうございます!