生活の知恵

見慣れた世界に “小窓” を開けて …

♪目にする景色がほんのり変わるメールマガジン。
4月29日最新号は 【 [155] 『題なし』が台なしに … 】

全て表示する >

[20] バブルの頃が一番貧乏でした

2010/01/15

ジャンル : [ ] 波動   [ ] 健康   [ ]  ビジョン   [*] 経営
スタイル : [*] エッセイ風   [ ] エピソード   [ ] おしらせ

                               ☆    ☆    ☆

信じられないかもしれませんが、バブルの頃が一番貧乏でした。
“悲惨”というわけではないのですが、最も収入の少ない時期ではありました。

-------

バブルの華やかな頃、世間では、飲んで!歌って!買いまくって! …
の大騒ぎだったと聞きますし、
私たちのお客様のなかにも、
「一晩500万円飲んでいた」という方がおられました。

ところが、私はといえば、世間がそんな状況だったことすら知りませんでした。
あれほど賑わっていたのですから、
ニュースが全く耳に入らなかったわけではないのでしょうが、
とにかく、かけらほどの記憶も残っていません。
それほど、バブルには縁がなかったのです。

で、今は? というと、
これまた、バブル衰退の影響も受けていないのです。
むしろ、収入的には当時よりも楽になったくらいです。(^ ^)

つまり、世間が大儲けしようと大損しようと、
こちらはほとんど変わっていないのです。

報道を見ていると、
日本中の人が一様にバブルや景気と連動して動いているような印象を
持ってしまいます。
でも、統計はあくまでも統計、ひとりひとりはみな違います。
私のように景気と無関係な方は、他にもおられるのではないでしょうか。

海の表面では、陽が暑く照りつけたり嵐が荒れ狂ったりしますが、
水面下は、比較的穏やかなものです。
経営や経済活動にも、このようなポジションはあると思うのです。

では、どうすれば … ?

-------

まず、“当店”の置かれている状況をお話しましょう。
こんな具合です。

■ “波動”という、世間からは理解されにくい仕事をしています。
    (同級生に「仕事は?」と聞かれて話すと、メールが来なくなります … )
■ 医者ではないため、健康面でどんなにいい成果が出ても、
    「○○が治った!」などと口にすることはできせん。
■ 営業能力欠如のせいで、営業も宣伝もしていません。
    加えて、有名人でもありません。

“三重苦” です。
のみならず、埋蔵金もありません。

「これじゃあ、食べてけるワケないじゃん」ですよね。
でも、実際には、このなかで十数年続いているのです。

「… というと、なにか裏ワザを知ってるんでしょ! 教えて m(_ _)m 」
「ありません v(^-^)v 」

つまり、私たちがいまでも食べ続けていられるのは、
なにも、特別な術(すべ)を持っているせいではないのです。

-------

この時期、世間では、
「いかに景気を回復させるか」にもっぱら目が向いています。
そして、経営者の人たちは、
「どうすれば売れるか」「なにが売れるか」を考えています。

それも大切でしょう。
特に、不特定多数向けに“量”を売る仕事ならそうでしょう。

しかし、私どものように、
具体的な○○さんひとりひとりを相手にする“質”的な仕事であれば、
売り方のテクニックなど要らないのではないでしょうか。
ひとつひとつの仕事を、
手を抜かず誠実にこなしていきさえすればいいのではないでしょうか。
目の前のお客様や目の前の仕事に精一杯 “奉仕する”、
といってもいいかもしれませんね。

要は、“本質に沿うこと” です。
本質に沿えば、質が強化され、
質が強化されれば、きっと、見えない応援があります。
そういうシステムになっているに違いないのです。

「え? それってホント?」
ホントです。
証明なんてできませんが、経験から、ほぼ確信しています。
「至誠天に通ず」は本当だと思います。

量は移ろいやすいですが、質は移ろいにくいです。
本質に立脚した仕事をしていれば、強靭な持続力になります。

私のところでは、景品でお客を呼ぶことも値引きをすることもありません。
(ごくまれに、美味しいお菓子が出ますが …)
それでも、来るべきお客様は来てくださいます。
そのようにして、
車も持ち家もありませんが、
この十数年間、人並みの生活はできています。

「これからどうなるの?」を心配している方がおられましたら、
「なにが儲かるか」ではなく、
「なにをするべきか」を考えていただきいと思います。
大切なのは、“本質に沿うこと” です。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-04-07  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • aquatack2010/01/15

    たなかみほ様。早くもコメントをくださいまして、ありがとうございます。しかも、記念すべき“コメント第1号”。これからもよろしくお願いします。

  • 名無しさん2010/01/15

    いつもとても本質的なことをわかりやすく書いてくださってありがとうございます。

    世の中のコントロールに充ちた情報のせいで美しい個性が失われていくのはさみしいことですね。

    これからも楽しみにしています。たなかみほ