生活の知恵

見慣れた世界に “小窓” を開けて …

♪目にする景色がほんのり変わるメールマガジン。
4月29日最新号は 【 [155] 『題なし』が台なしに … 】

全て表示する >

[13] 今田美奈子と夢の… 誌上再現(2)

2009/10/01

[*] 波動(測定)の話    [ ] 健康    [ ] エピソード    [*] エッセイ風  
[ ] おしらせ

                               ☆    ☆    ☆

先回に引き続き、
“幸せな人生を送るために必要な波動のお話”の2回目をお送りします。
ここから本題です。


          ◇  幸せな人生を送るために必要な波動のお話 (2)  ◇


■ 測定会での不可解
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
10年ほど前、
今日のような波動測定会に伺った時のことです。
測定を受けたいというお客様が順々にやって来られるなかに、
大きめのバッグを持った方がおられました。
そこには波動グッズがいくつも入っています。
“波動グッズ”というのは、
「食べ物をその上に乗せておくと美味しくなる」とか
「持っていると運気が上がる」とかいったものですね。
パワーストーン、気の入ったカード、彫刻など色々あります。
その方は、
「まずこれを測ってください。今度はこれ …」と、
次々に波動グッズを出してこられました。

ところが … です。
測るもの測るもの、どれもみな波動が低いのです。
といって、安物を集めているわけではありません。
インドの有名な○○さんの所から持ってきたもの、
○○先生のパワーが入っているもの、
そういった品々らしいのです。
波動が低いはずはありません。

一体、なにが起きていたのでしょうか?
ちょっとお考えになってみてください。
… お分かりになりましたか?

実は、私自身、当時はまだ経験が浅かったこともあって、
どう解釈していいのか分からず、
疑問を残したままその場を終えたのです。
すると、あとから、ある方がこんなことを教えてくださいました。
「あの人は、いいものがあると聞くと、どんどん買い集めるんです。
でも、家の中ではそれらが放り出してあって、大事にしてないんです」

これを聞いて謎が解けました。
つまり、この方は、2つの間違いをしていたのです。
・ 必要以上にむさぼること
・ 集めた物を大切にしないこと

「所詮、物でしょ。どう扱ったって関係ないのでは?」と思われますか?
たしかに、常識的にはそうです。
ですが、波動をやっていると、
どうやらそうではなさそうだ、と考えざるをえなくなるのです。
「物に意識がある」とまで言ってしまっていいのかどうか、
そこは分かりませんが、
どうも、扱う人の意識が、物に影響したりコピーされたりするようなのです。
人や動物に置き換えてみると、分かりやすいでしょう。
ぞんざいな扱いを受けると、元気をなくしますよね。
物も同じなのです。


■ 幸せになれる、物との関わり方
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
では、このような不当な扱いを受けた品々に囲まれていたら、
どういうことになるでしょう。
不平不満で暗い顔をした家族と暮らしているようなものです。
これで幸せになれるでしょうか。

要するに、
パワーのあるものをたくさん集めれば幸せになれる、
というわけではないのです。
大切なのは、
縁あって自分のところにやってきた物だけをそばに置き、
それらを大切にして暮らすことです。

ここで、“大切にする”というのは、
箱に入れて倉庫にしまっておく、ということではありません。
物も、人と同じように、なにかを実現するべくこの世に生まれてきているはずです。
食器ならば、料理を美味しそうに見せる、という役目を持って生まれてきています。
どんな物でも、このような出番を待っている、と思うのです。
それを尊重し実現させてあげるのが、“大切にする”ということではないでしょうか。
要するに、物を“活かす”ということです。

これは、物へのマナーだと思います。
しょこたん(中川翔子さん)のコマーシャルに、
「マネーにもマナーを」というのがありますが、
「物にもマナーを」です。
私がマナーの話をするのも変ですが、
  (注)こちらのサロンでは、
            テーブルセッティングとマナーの講座も開いておられます。
マナーには、
お客様のもてなしはもちろんのこと、
食器や料理をどう活かすか、という側面も含まれています。
ですから、
「マナーは、物に対するマナーでもある」といってよいのではないでしょうか。


■ 清々しい空間に暮らすこと
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
このような心がけで暮らしていると、
周囲の人、動物(ペット)、物が、明るく軽い波動になってくれます。
すると、暮らしている空間が清々(すがすが)しいものになります。
掃き清められた神社を思い出してみてください。
あのような清々しい空気の流れるお部屋になるのです。
そして、このような部屋から出ていった風は、
外の世界を巡りめぐって、また別の爽やかな風を連れて帰ってきてくれます。
こうして、いい循環が生まれます。


(つづく)

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-04-07  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。