<国際派時事コラム>「大阪維新」で政治ポストが激増。それでいいの?

2011/12/06


 東京都中央区にあって大阪市中央区にないものが2つある。
 さて、何でしょう。


■ 政治家のポスト ■


 東京都中央区は人口12万6千人。銀座や日本橋のある区だ。
 14年前には7万2千人まで落ち込んでいたが、最近は臨海
地域に高層マンションが建設されて人口が増えた。

 さて、東京都中央区にあって、大阪市中央区にないものは?

 公選制の区長と区議会議員です。いずれも政治家のポスト。

 東京都中央区には定数30名の区議会があるのですな。
 区長は、市長と同じく選挙で選ばれる。
 特別区ですから。

 大阪市中央区に区議会はない。
 大阪市中央区長は、市役所職員の栄達のポストである。
 大阪市中央区は、単なる行政区ですから。

 さて、橋下徹・新市長ら大阪維新の会の面々にお聞きした
い。
 貴殿らのいう「大阪都」が実現すると、大阪市が廃止され
て、大阪24区にそれぞれ区議会と公選制の区長が誕生するっ
てことだよね。


■ 首長・議員が激増する仕組み ■


 いま大阪市議会(「大阪市会」と呼ばれる)の定数は86名
である。

 もしかりに大阪市の24の区がそのまま特別区になり、東京
都中央区並みに各区に30名の区議会議員さんが誕生するとし
ましょうか。

 24 × 30 = 720 だね。
 86名しかいなかった市会議員が、720名の区議会議員へと
激増するってこと。

 首長のポストは市長1名だけだったのが、区長24名へ。
 政治家だったら、うれしさのあまり悶絶する。

 区の合併を進めて、区の数を8つくらいに絞ったとしても、
8 × 30 = 240 だ。
 議員の数は86名から240名に増える。

 おそらく、過去に1度でも大阪市会議員選挙に立候補した
ことのあるような人は軒並み、悠々と区議会議員に当選でき
るだろう。
 ベテランの議員さんは、たんとある区長のポストをねらう。

 役人天国どころか、政治屋天国だ。
 大阪維新の会の求心力は、そこにあったのでは?


■ つついてみたい ■


 橋下徹氏のスキャンダルを週刊誌が懸命にほじくりかえし
ていたが、ぼくなら橋下徹氏に一言こう言うね。

 「区議会議員や区長をいくら増やしたら気が済むの?」

 きっと、橋下徹氏は激怒すると思う。
 だって、いちばん痛いところだから。


===

▲ 後記 ▼
 

 渡辺京二 著の『黒船前夜 ロシア・アイヌ・日本の三国志』
(洋泉社、平成22年刊) が、滅法おもしろい。

 樺太と千島列島にまつわる江戸時代後期の日本人、ロシア
人、そしてアイヌ人の姿が活写されて、あぁなるほど人間っ
て、そういうふうに生きていくもんだよね、という納得感に
満ちている。
 
 和人が悪玉で、アイヌ人が善玉という、単細胞史観よ、さ
ようなら。
 松前藩と江戸幕府、長崎奉行と長崎のふつうの人々。
 レザーノフとゴローヴニン。 

 知らないことばかりのこの世界、とても新鮮でした。


◆ 最近のブログから
 (全文はクリックしてブログでお読みください)


しあわせは、好みの人たちと時間を過ごすこと
http://plaza.rakuten.co.jp/yizumi/diary/201112040000/

 TIME誌で、ノーベル賞受賞の心理学者・経済学者である 
Daniel Kahneman 氏が「しあわせ」について、こんなことを
言っておられて、まさにその通りだと思う。

≪しあわせって何だろう。腑分けしてみると分かるのは、
自分の時間をどう過ごすかというのが極めて大事だというこ
とですな。

自分好みのひとと過ごす時間をどれだけ多く持とうとするか。
それが、しあわせを大きく左右するのですよ。

自分の置かれた境遇云々とは別の話として、しあわせか
どうかということですね。≫

(全文はブログでお読みください)


==


<泉 幸男 著>

   『中国人に会う前に読もう  第一線商社マンの目』 

『日本の本領(そこぢから)  国際派商社マンの辛口メモ』

               通 信 販 売 も 受 付 中
         http://homepage2.nifty.com/sai/mart/

==

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-03-07  
最終発行日:  
発行周期:月に3〜4回  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。