恋愛・人生

「人に好かれよう」創刊号

ほとんどの人が人間関係で悩んでいると思います。心のかっとうにはつらいものがあります。人に好かるには良好な人間関係を築かなくてはなりません。本メルマガでは、その処方箋を提示いたします。これを実行すれば、きっとhappyになるでしょう。


全て表示する >

「憲法改正の是非について」

2019/07/13

「憲法改正の是非について」

憲法改正の是非について考えてみたいと思います。


有史以来、部族と部族の争い、国と国の争いといった戦争が、何度も繰り返されてきました。現代でも地域紛争や戦争が絶えません。

しかし、平和主義者のように、平和だけ唱えていれば平和がくる、というわけでもないように思います。平和がいいのは分かりきったことです。


日本の近くでは、中国が異常なまでに高い軍備拡張を長年続けています。北朝鮮も以前から核開発を進め、核実験やミサイルの実験を行ったりして、
今後どうなるか分かりません。

ちなみに中国の2019年度の国防費予算は2000年と比べると10倍近くに膨れ上がっています。

何のために拡張しているのでしょうか。これが意味するところを考えてみる必要があります。


日本国憲法は、第9条で戦争放棄をうたった、世界にも類をみない模範的な憲法です。
しかし、あまりに時代を先取りしていて、現実的でないと思います。これが成り立つ前提条件は、周りが侵略戦争などしない善良な国ばかりの場合です。

この場合は軍隊を持つ必要も、戦争をする必要もないでしょう。ただし、現状は、周りに野心的な国があるため、そうはいきません。

平和だけ唱えていて、自衛が充分でなかったら、他国が攻めて来た時にどうするつもりでしょうか。

その時に、どうぞ好きにしてくださいと言って、国土が踏みにじられるままにしておいて、国が滅びてしまってもいいのでしょうか。

日本においても、朝鮮半島問題や、中国と台湾問題といった東アジア情勢を見る限り、その可能性がないとはいえません。

中国に侵略されたチベット自治区やウイグル自治区等を見ればわかります。

言論の自由はありません。情報も統制されています。思想的に反対側に立つ人たちの多くが監禁、粛清されています。

日本が攻められれば同じようになる可能性があります。中国語の使用を強制され、日本語の使用が禁止されるかもしれません。
人種差別を受け奴隷に近い扱いをされるかもしれません。思想的に反対の知識人、学者、市民、友人、知人たちが大勢監禁、粛清されるかもしれません。

ここで日本国憲法の改正の是非について考えてみたいと思います。

自衛のための戦争の是非については、学者でも現行憲法の解釈が分かれるところですが、現在のところ、政府の見解は、国際法上、自衛権はあるが、
憲法上は戦争できないとのことですが、これは何か変です。

これは、現行憲法が不備だからと思われます。現実的な問題として、自衛の最後の手段である武力行使(戦争)を認めないと、現行の憲法が保証する
生命、財産を守れなくなります。これは憲法自身がその中に矛盾を含んでいることになります。

正当な自衛権というのは、憲法の有無にかかわらず、各国が憲法以前にすでに生来保有している権利だと思います。憲法の解釈で自衛権の有無が
分かれるというのは、これは憲法が欠陥憲法であるからといえるのではないでしょうか。
個人でも法律の有無にかかわらず正当な自衛権を持っているというのは万人が認めるところでしょう。

現行の憲法が不備だらけの大きな理由は、この憲法が、戦後、アメリカの進駐軍の専門家でもない人たちが日本を弱体化し無力化するために
1週間ほどで起草したものを翻訳して若干の修正を加えてできたものだからです。

従って、憲法上の不備は他にもあるかもしれませんが、現在、重要なのは国家存亡にかかわる国防のところです。

反日勢力や左翼勢力が、現行の憲法を平和憲法として執拗なまでにその改正に反対していますが、その隠された理由は、日本の弱体化であるということを
知るべきでしょう。

戦後74年が経過し、周りの国際情勢も大きく変化し、近隣諸国にも着々と軍備拡張に余念がない野心的な国が現れました。現行の憲法も
現状に対応しきれなくなっています。


現代を生きている我々日本人とその子孫のために、手遅れになる前に、現行の即席・翻訳憲法を早急に改正すべきと思います。


本テーマ完
――――――――――――――――――――――――――――――――――
■編集後記

お休み

――――――――――――――――――――――――――――――――――

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-02-13  
最終発行日:  
発行周期:毎週土曜日発行  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。