恋愛・人生

「人に好かれよう」創刊号

ほとんどの人が人間関係で悩んでいると思います。心のかっとうにはつらいものがあります。人に好かるには良好な人間関係を築かなくてはなりません。本メルマガでは、その処方箋を提示いたします。これを実行すれば、きっとhappyになるでしょう。


全て表示する >

「行き過ぎた結果主義、成果主義」

2019/04/27

「行き過ぎた結果主義、成果主義」

最近では、企業において、従来の年功序列が次第に崩れ、成果主義、結果主義
が欧米にならって採用されるようになってきました。これは経済がグローバル化
し、規制緩和等で競争が厳しくなったこと等と関係がありそうです。

これはこれで、歓迎すべきことかもしれません。努力し、成果を上げた人を
それなりに評価することは個人のやる気を引き出し、個人、企業、ひいては社会
全体の成長につながってまいります。 

ただどこの企業もはっきりとは明言しませんが、その成果主義を、厳しい
経営環境を乗りこえるために人件費抑制に利用するというあまり表ざたにされない
口実もあるようです。

だいぶ前になりますが、日本の有名な某会社が、日本でも最初の段階で、この成果主義を採用し、徹底
しました。
その結果、弊害ばかりがでてきて経営も危うくなったので、見直しを行ったとのことです。

どういう弊害かというと、
(1)新製品が生まれにくくなったということ。
なぜかというと、すぐに結果を出す必要があるために、皆が長期的視点に立った
会社の経営や利益をあまり考えなくなったからです。
誰でもが目先の利益だけを考えて、評価されようとしたからです。

(2)協調性が失われた
成果で評価されるために自分の仕事だけをするようになった。
その結果、チームや組織全体のことをあまり考えなくなり、また、人の仕事を
手伝ってやるということがなくなった。

以上のような弊害が生じたということを聞きました。
このような弊害は、よく考えてみれば当然といえば当然と言えるかも
しれません。
人間というものをよく知っていれば、予想できることでしょう。

さらにこの成果主義を継続していけば、人間の特性から考えてどのような
弊害が生じることが予想されるでしょうか?

私は次のように考えます。

(3)何か失敗しても、すぐに人や、組織といった他の責任にする。
責任のなすりあいが行われる。素直に自分の責任と受け止めないために、失敗から
学ぶことがない。
その結果、成長することがない。それは個人にとっても、企業にとっても
損失となる。

(4)成果さえあげればいいとなると、姑息な手段や、人をだますような手段、
違法な手段をとりかねない。これは個人レベルでも、企業レベルでも起こり得る
ことです。

やはり結果だけの成功ではなく、動機と成功に至るプロセスも重視する必要が
あるようです。いずれにしろバランスが大切でしょう。どちらかの両極端に
走ると無理がきてひずみが出るようです。

日本の年功序列もいい面があります。現代の日本社会のシステムでは、結婚して
中高年になるにしたがって、お金がかかるようになっています。こどもの教育費
や住宅費等などがそうです。

やはり成果・能力主義と年功序列制度の両方のバランスをとるのが大切だと
思われます。

(本テーマ完)
――――――――――――――――――――――――――――――――――
■編集後記

メルマガお笑い:

お休み

――――――――――――――――――――――――――――――――――

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-02-13  
最終発行日:  
発行周期:毎週土曜日発行  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。