恋愛・人生

「人に好かれよう」創刊号

ほとんどの人が人間関係で悩んでいると思います。心のかっとうにはつらいものがあります。人に好かるには良好な人間関係を築かなくてはなりません。本メルマガでは、その処方箋を提示いたします。これを実行すれば、きっとhappyになるでしょう。


全て表示する >

「パレートの法則の応用」

2019/04/20

「パレートの法則の応用」

前回は「パレートの法則とは」何であるかについて述べました。
次にこのパレートの法則が個人の仕事の能率アップへ応用できないか考えて
みましょう。

個人の仕事にこの法則はどのように働いているか考えてみます。おそらく
次のようになるでしょう。

1日の仕事時間を分かりやすくするために10時間とします。そして、その日に
達成すべき成果を100とします。

パレートの法則に従えば、「この100の成果のうち80の成果を達成するのは、
1日の仕事時間である10時間のうちの2時間である」ということになります。

言葉を換えれば、「1日の仕事のうちでやらねばならい重要な仕事(8割)は
2割の時間を割くことによって達成できる」ということができます。

従って、これを活用して、次のようにすれば、比較的簡単に仕事の能率を
上げることができるでしょう。

(1) 朝一番にその日にやらなければならない仕事をメモ用紙等に箇条書き
してみる。あるいは前日の仕事が終わって、帰り際に翌日の仕事を
箇条書きしてもよい。

(2) このメモをじっとながめて、このうちどれを押さえたら8割を制する
ことができるかを見極める。つまりどれが重要な仕事かを把握する。
自分の仕事で何が重要な仕事かは割と簡単に判断できると思います。

(3) この重要な仕事に2割の時間を割いて、全力を集中して取り組む。
できれば、肉体的にも、精神的にも元気のいい午前中にやってしまう。
(4) 残りの8割の時間は余裕となるので、この時間を使って、できるだけ、
前向きで、創造的なことを考えたり、行ったりする。

以上のことを実行すれば、仕事の成果も上がり、残業する必要性も軽減し、
私生活においても時間の余裕が生まれて、より幅広い積極的な活動が可能と
なることでしょう。

(本テーマ完)
――――――――――――――――――――――――――――――――――
■編集後記
格言を一つ:
      「人生で重要なのは、頭の良し悪しではなく心の良し悪しである」
             
                            by 中村天風


――――――――――――――――――――――――――――――――――

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-02-13  
最終発行日:  
発行周期:毎週土曜日発行  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。