恋愛・人生

「人に好かれよう」創刊号

ほとんどの人が人間関係で悩んでいると思います。心のかっとうにはつらいものがあります。人に好かるには良好な人間関係を築かなくてはなりません。本メルマガでは、その処方箋を提示いたします。これを実行すれば、きっとhappyになるでしょう。


全て表示する >

「収穫逓減の法則と収穫逓増の法則の活用(1)」

2019/03/30

「収穫逓減の法則と収穫逓増の法則の活用(1)」


社会事象を「収穫逓減の法則」と「収穫逓増の法則」の2面から捉える見方があります。

この法則をうまく使って、時間の創造をしてみます。

2回シリーズで今回の第1回目はこの収穫逓減の法則について述べます。
第2回目は収穫逓増の法則です。

収穫逓減の法則:

経済学に「収穫逓減の法則」というのがあります。

簡単に言えば「最初はめざましい効果があるが、だんだんとその効果が落ちてくる」ことです。

当初は農業の分野についていわれていたもので、ある一定面積の土地から得られる収穫量は,
投下した農業者の数に比例して増加せず,農業者の数がある限度を越えると農業者1人あたりの
収穫量が逓減するという土地収穫逓減の法則として述べられました。

後に鉱工業についても,同様な現象がみられるために法則として一般化されました。つまり、
生産要素(土地,資本,労働)のうちの1生産要素のみを増加するとき、その単位あたりの
生産が漸減していくという法則です。

例えば、ある工場の設備投資で新しい機械を導入すると工場の生産性は高まりますが、
機械の導入がある一定の規模まで達すると、生産性が落ちてきます。

このような現象を「収穫逓減の法則」といいます。

この「収穫逓減の法則」はなにも農業や経済だけにみられる現象ではなくて、
一般社会生活でもよく見られる現象です。

例えば、のどの渇いた時に飲むビールは、最初の一杯目は非常においしく感じられるが、
二杯目、三倍目、となってくるにしたがって、段々とおいしくなくなってきます。

ビールだけにかぎらず、お菓子やケーキにしてもそうです。こうした経験は
誰でもしたことがおありでしょう。

また別の例では、ヒット商品を売り始めると最初はお客がドッと押し寄せるが、
ある時期を過ぎると、いくら宣伝・広告をしてもお客は減っていくという現象がよくみられます。

また、「同じことを長時間続けていると能率が落ちる」という事象にもこの法則が適用できます。
これも経験的に納得できることです。

同じ勉強を長時間続けると能率が落ちてきます。

例えば1日10時間の勉強時間のうち10時間国語の勉強ばかりやったら、能率が落ちます。
それよりも、国語、数学、英語、社会、理科をそれぞれ2時間づつやった方が時間当たりに
得られる情報量が多くなり、能率が上がります。

これは同じことを長時間やれば飽きがきて、疲れやすくなることからもうなずけます。

また、同じ場所で長時間勉強するよりは、場所を変えて勉強した方が、気分転換になって、
これも能率が上がります。

同じ家の中なら、部屋を変えてやるとか、あるいは家や学校、図書館、喫茶店、天気がよければ
公園でやるとか、いろいろあると思います。

自分の環境に合わせてやればよいでしょう。

また文化系統の国語の勉強のつぎには理科系統の数学とか、理科の勉強をした方が能率が上がります。

またぶっ続けでやるよりは、途中休憩時間を何回かとった方が、能率が上がります。10時間も集中力が
持続するはずがありません。

仕事も同じようなことがいえます。学生時代の勉強よりは制約事項が多いでしょうが、創意工夫により、
その気になれば、可能でしょう。

いろんな職種の人がいて一概にはいえませんが、例えば事務系統の人の場合、書類仕事の途中には、
外回り、会議、接客、休憩等を意識的に可能な限り織り交ぜてした方が、能率が上がります。

要は、職業が何であれ、同じことを長時間やれば、能率が落ちて、得られる効果も少なくなるということです。

これは場所についても同じことがいえそうです。
同じ場所だけで商売をやるのではなく、場所を変えてやってみるということも考えてみたら
よいかもしれません。

会社などでも同じ部署に何年も在籍すると最初はその部署の仕事からどんどん吸収していたものが時を
経るにつれてだんだんと得られるものが少なくなってきます。

また、人の付き合いについても同じことがいえます。

仲良しクラブの同じ人ばかりと付き合うよりは、いろんな人と付き合ったほうが、得ることが
多いでしょう。
世の中いろんな考え方をする人がいますから、自分と意見の違う人の話は傾聴に値します。

自分も偏った考え方をしている場合が結構多いものです。

多角的にものごとは見た方が、物事の本質がよく見えるようになるからです。


次回は収穫逓増の法則について述べます。

――――――――――――――――――――――――――――――――――
■編集後記
メルマガお笑いを1つ:

A夫:「僕は去年、豪華客船で世界一周しました」
 
還暦を迎えた男:「なんだ、たった一回か。俺なんか60周もしたよ。
        しかも太陽の周りを」

――――――――――――――――――――――――――――――――――

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-02-13  
最終発行日:  
発行周期:毎週土曜日発行  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。