恋愛・人生

「人に好かれよう」創刊号

ほとんどの人が人間関係で悩んでいると思います。心のかっとうにはつらいものがあります。人に好かるには良好な人間関係を築かなくてはなりません。本メルマガでは、その処方箋を提示いたします。これを実行すれば、きっとhappyになるでしょう。


全て表示する >

「外国語の学習を通して発想の違いを学ぶ(2)」

2019/03/23

「外国語の学習を通して発想の違いを学ぶ(2)」

前回は、言葉は文化であり、日本は縦社会、欧米は横社会であるとい
われていますが、それは言葉にも表れているということを述べました。
今回はその体験談について述べます。

私も30代の会社員時代の頃、九州の阿蘇山の近くに建てられた会社の
研修施設で1ヶ月間缶詰の英会話合宿に参加したことがあります。メ
ンバーは全国の各事業所から選ばれた50名ほどの20代から40代の
社員でした。朝から晩まで英語漬けです。

そこでは1つのルールがありました。研修期間中、すべて英語を使用
すること。日本語は一切使用してはいけないというものでした。日本
人のメンバーとも英語で話さなければなりませんでした。日本人と輪
になって英語で話していると、ふと感じたことがあります。

それはこの輪の中で横のつながりを強く感じたことです。上下の関係
なく、何か皆とフレンドリーになったような気持ちになりました。何
か仲間意識ができたような気がしました。

欧米諸国に住んだことはありませんでしたが、欧米の社会もこんな感
覚なのだろうかと思いました。
この輪は欧米諸国の縮図かもしれないと思ったりしました。
この輪の中では英語が使用されるので、相手を呼ぶのに年齢の上下に
関係なく「you」あるいは「Mr.〜」だけですませます。

日本語だったら、相手が年上か年下か判断して、年上の場合には「あ
なた」あるいは「〜さん」、年下の場合には「君」、「お前」あるい
は「〜君」と使い分けます。日本での日常生活では、この使い分けの
判断が難しい場合もあり、結構気を使います。

敬語も、日本語は結構うるさく気を使います。ところが英語の場合は
、相手を呼ぶのにも、敬語を使うのもほとんど気を使う必要がありま
せん。

これが年齢の上下があるにも関わらず、私がこの輪の中の皆とフレン
ドリーになり、フラットに感じた理由かもしれません。

以上、日本は縦社会、欧米は横社会ということを述べてきましたが、
ビジネスの世界で、縦社会の日本では年功序列主義、横社会の欧米で
は能力主義が主流を占めてきたのもうなずけます。

また、この縦社会、横社会に関連して、英語には、上下関係を表す「
兄」、「姉」、「弟」、「妹」「先輩」、「後輩」などを一言で表現
する言葉はありません。

たとえば、「兄」も「弟」も通常は「brother」の一単語で表現され
、特別の場合を除き区別されません。強いて区別する必要がある場合
には、「兄」は「older brother」、「弟」は「younger brother」と
それぞれ二単語で表現されます。
同様に「姉」、「妹」は通常は「sister」、特に区別する場合には、
それぞれ「older sister」、「younger sister」と表現されます。

以上述べたように外国語を単に異文化間のコミュニケーション手段と
してだけでなく、外国語の学びを通じて、その言語を使っている国や
地域の文化や発想の違いを知るということが大切ではないかと思いま
す。

そうすれば、いわゆる複眼の視点を持てるようになり、相手をよく理
解できるようになるからです。

(本テーマ完)
――――――――――――――――――――――――――――――――――
■編集後記
格言を1つ:

         人生は物語のようなものだ。
重要なのはどんなに長いかということではなく、どんなに良いかという
ことだ。
              byセネカ

――――――――――――――――――――――――――――――――――

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-02-13  
最終発行日:  
発行周期:毎週土曜日発行  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。