恋愛・人生

「人に好かれよう」創刊号

ほとんどの人が人間関係で悩んでいると思います。心のかっとうにはつらいものがあります。人に好かるには良好な人間関係を築かなくてはなりません。本メルマガでは、その処方箋を提示いたします。これを実行すれば、きっとhappyになるでしょう。


全て表示する >

逆境への対処法(2)

2019/02/16

逆境への対処法(2)

前回では、逆境という苦しみを乗り越えると、人生のちょっとのことでは
へこたれない強い人間となり、その逆境の中から教訓を得て知恵や洞察力が
深まることにより器の大きな人間となって、その喜びも一入となるというような
ことを述べましたが、 また逆境から得た教訓をもとにして、同じような問題に
悩む人たちを教え導くこともできます。

逆境を悪と考えず、足腰を鍛える材料であると考えることです。

いわゆるプラス思考で考え、積極的に生きていった方が人生は開けてくる
ようになります。
この意味において運命は変えていけます。

人生には必ず、各人に数多くの大なり小なりの逆境が与えられるということには、
「人生の意義とは何か」という疑問に対する、一つの解答のヒントが隠されているの
かもしれません。

人生とは人を鍛え上げる道場みたいなものかもしれません。

そして、すでに多くのものが与えられていることに感謝しつつ、よい心を持って、
人のためになることをしていくならば、将来はきっと実りある収穫が得られることでしょう。

積極的で明るい心を持って逆境を乗越え、また人のためにも生きることです。

それは自分が向上していく道でもあります。

最初から非凡な人生を生きることは誰にでもできることではありません。

しかし、平凡な人生を積重ねながら、前向きに努力して生きたならば、最終的には
平凡が非凡となることでしょう。

おそらくは、人に尊敬される徳ある人格高潔な人物となっていることでしょう。

それこそ付加価値人生を送ったといえます。

人のためにお役に立てたことが大きければ大きいほど、より付加価値の大きい
人生を生きたと言えます。

歴史上の偉人と言われる人たちはその最たるものでしょう。
どうせ生きるのであれば、自分のことだけではなくて、人のためにも
生きたいものです。

偉人のように大きなことをする必要はありません。
自分の置かれた立場で、自分のできることから始めればよいのです。
明るい元気なあいさつからでもよいのです。

人のために生きることが取りも直さず、本当の意味での自分自身のためにもなります。

なぜなら、何度も言いますように、それが人間の本源的欲求である「自己の重要感」を
満たすことになるからです。

今日からでも、意識的に人のために生きることは可能です。

 過去の事実は、同じ過ちを繰り返さないための学習材料、判断材料にはなりますが、
決して変えることはできません。

しかし、現在をどう生きるかによって未来は変えることができます。

未来にどのような影響を与えるかは、現在ただ今をどう生きるかにかかっています。

したがって、現在の時間を大切にしなければなりません。
むだなことに時間を浪費してないか自問自答してみる必要があります。

本テーマ完
――――――――――――――――――――――――――――――――――
■編集後記

メルマガお笑いを1つ:

なぜ手術室から逃げたのか、お話しいただけますか?」 病院の理事が患者に尋ねた。

「なぜって、看護師が『大丈夫、盲腸の手術はとても簡単なのよ』って言い聞かせたんです。

「それで……」

「それで?」男が声を上げた。「彼女はね、先生に向かって言ってたんですよ!!!!!」

――――――――――――――――――――――――――――――――――

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-02-13  
最終発行日:  
発行周期:毎週土曜日発行  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。