恋愛・人生

「人に好かれよう」創刊号

ほとんどの人が人間関係で悩んでいると思います。心のかっとうにはつらいものがあります。人に好かるには良好な人間関係を築かなくてはなりません。本メルマガでは、その処方箋を提示いたします。これを実行すれば、きっとhappyになるでしょう。


全て表示する >

「前倒しに生きるには」

2019/02/02

「前倒しに生きるには」

前回「前倒し型人生の効用」について述べたように前倒し型には多くの効用があるので、
意識的に、甘きに付きやすく、誘惑に負けやすい自分に打ち克って前倒し型人生を生きる
必要があります。

それが本当に自分を生かす道となります。

人はどうしても易きにつきたがる性向があります。そして人は、往々にして、
今、この瞬間のことしか考えません。将来のことより、目の前のことしか考え
ない傾向があります。

これは、アリとキリギリスの話にでてくるキリギリスに似ていましょうか。

アリは夏の間、来るべき冬に備えて、えさを蓄えるためにせっせ、せっせと働きます。

かたやキリギリスは先のことは先のこととして、夏の間、目の前の餌に飛びつくだけで、
蓄えることをせずに、あとは怠惰な生活を送ります。

やがて冬になり、アリは餌を蓄えていたので冬を生き抜き、キリギリスは餌がなくなって
死んでしまったという話です。人も将来のための備えをまったくしなかったならば、
キリギリスのように厳しい将来が待ち受けているかもしれません。

人は比較的若い時期から、今ほったらかしていれば、近い将来苦労するのが経験的に分かっていても、
現在ただ今を怠けてしまいがちです。これは学校、仕事、日常生活全般に当てはまります。

こうしたことを考えれば、前倒しの習慣化あるいはこの精神的傾向性はまず学生時代に身に付けて
おくべきことかもしれません。

このためには考え方を変える必要があります。前述したように自分は大勢の人のおかげで生きている
ことを知るならば、自分のためだけに生きるのではなく、人のために生きようと思うことです。

人のために生きようと思えば、人に関心が向き、気付きがいろいろと出てまいります。そして人に
対していろいろと気配りができるようになります。

人のためによかれと思うことをするためには、自然と前倒し人生を生きていかざるを得なくなります。

今できることは先のことも含めてやってしまうよう、いつも心がけておく必要があります。

ちょっとした心がけ1つで大きく人生は変わっていきます。

実践しなければもったいない気がします。

前倒し人生は人生成功のための1つの秘訣といえるかもしれません。

(本テーマ完)
――――――――――――――――――――――――――――――――――
■編集後記

格言を1つ:

自分の考えたとおりに生きなければならない。
そうでないと、自分が生きたとおりに考えてしまう。

        byブルージュ 
――――――――――――――――――――――――――――――――――

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-02-13  
最終発行日:  
発行周期:毎週土曜日発行  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。