恋愛・人生

「人に好かれよう」創刊号

ほとんどの人が人間関係で悩んでいると思います。心のかっとうにはつらいものがあります。人に好かるには良好な人間関係を築かなくてはなりません。本メルマガでは、その処方箋を提示いたします。これを実行すれば、きっとhappyになるでしょう。


全て表示する >

「先進国国民としての自覚」

2019/01/12

「先進国国民としての自覚」

現代日本は先進国の仲間入りをしており、GDPは、最近中国に追い抜かれはしたものの
世界で世界第3位の経済大国です。

こうしたなかで日本人の役割は何でしょうか。

ただ自分のことだけを考えているだけでよいとは思われません。

世界にはまだ、餓え、病気、紛争等で苦しんでいる人たちがたくさんいます。
もちろん日本にもいろいろ問題点はあると思いますが、たいていは贅沢なことで
悩んでいるのではないでしょうか。

生活が苦しいといっても、今の日本では、餓死する人はほとんどいません。
不登校、いじめ、学級崩壊とかいっても、世界を見わたせば、砲弾やミサイルが
飛び交う中で授業を受けている子供たちもいます。

大昔は衣食住に追われて大変でした。その中でも特に食の方は大変でした。

日常生活の大半が生きていくための食探しの生活でした。
ある意味ではほとんど動物に近いような生活をしていました。

このような状況ではほとんど自分のことしか考えられないでしょう。
考えるとしてもせいぜい家族が餓えないようにということでしょうか。

現代でも地球上にはこれと同じような生活をしているところもあります。
しかし、現代日本は高度に文明が発達し、時間的余裕ができ深く考える時間が
持てるようになりました。

そして他人にも目を向ける余裕がでてまいりました。
もちろん、現代人は時間的に密度の濃い、ある意味では忙しい日常生活を
おくっていますが、工夫次第で時間はいくらでもつくりだすことができます。

こうしたことを考えると、日本人は他の多くの国のことも思いやらねばならない立場に
あるのではないでしょうか。

日本は先進国の一つです。

開発途上国と比較すれば国民の民度は高いはずです。

先進国の国民なら、それにふさわしい生き方というものがあるはずです。

それは開発途上国の手本となる生き方です。

同じ日本人の中にも、働けるにもかかわらず、役立つ仕事をせずに、文明の恩恵に
あずかって、
単に消費するだけの人たちがいます。

自分は何ら生産的なことはせずに、他人がつくりだした、たとえばコンピュータ、
TVゲーム、映画、携帯電話、車、電化製品等を単に消費するだけの人たちがいます。

どうせ生きるなら、自分のためだけでなく人のためにも生きてみたいものです。

人のために生きることは、自分自身をないがしろにするということではありません。
逆に、人のために生きることは、真に自分自身をも生かす道ともなります。

自分のことで精一杯なのに、どうして人のために生きなければならないのか、
そんな余裕などないと反論されそうですが、その根拠は、それが
本当に自分のため(自分を生かすこと)にもなるからです。

ここにパラドックスが成立します。その理由は後日にゆずります。

本テーマ完

――――――――――――――――――――――――――――――――――
■編集後記

 Happy New Year!
――――――――――――――――――――――――――――――――――

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-02-13  
最終発行日:  
発行周期:毎週土曜日発行  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。