恋愛・人生

「人に好かれよう」創刊号

ほとんどの人が人間関係で悩んでいると思います。心のかっとうにはつらいものがあります。人に好かるには良好な人間関係を築かなくてはなりません。本メルマガでは、その処方箋を提示いたします。これを実行すれば、きっとhappyになるでしょう。


全て表示する >

「親の子に対する教育の原点を見た」

2018/11/24

 「親の子に対する教育の原点を見た」

最近、親の子供に対する教育の原点のようなものを見ました。

車で通勤途上のある朝、道路工事のため、いつもと違う道路を迂回して運転し
ていました。

道路の交差点で信号が赤になったので信号待ちをしていたところ、ふと運転席
から助手席の窓越しに民家のフェンスを見ると、幅20cm、縦50cm
ぐらいの板切れがぶら下がっているのに気付きました。

よく見るとその板には拙い字で「犬が吠えるのでごめんね  ヨウスケ」と書か
れてありました(名前は仮名)。

その字は、彫刻刀かなにかで彫られて、その上を黒のマジックで塗ったものの
ようでした。

おそらく親が小学生ぐらいの子供に言って書かせたのだろうと思います。
感心しました。

私も住宅地などを歩くとフェンス越しによく犬に吠えられます。
いきなり吠えられるとびっくりします。

犬は犬で役目を果たしているつもりでしょうが、必要以上に吠えられると
迷惑です。

その度に、「うるさいなあ、なんとかならないかなあ、他人を不快にさせて
飼い主はよく平気でいられるなあ」と多少感情的になったりもします。

その親も同じような経験をされたことがあるのだと思います。

それで、自分の家でも犬を飼っているので、他人に迷惑をかけているだろうと
思い、このようにしたのだと思います。

板に書かれたこのようなお詫びの文面を見ると、不思議と腹が立ちません。
しかも子供の書いたものはなおさらです。許せる気になります。
なぜか寛容になります。

その親が偉いのは親自身が書くのではなく、子供に書かせたことです。
他人の立場に立ってみることの大切さを子供に教えようとしたのでしょう。

おそらく、板に彫られた文字と同じように、その子供の頭の中には、
このことが一生教訓として刻み込まれ、人の気持ちの分かる有為な人材と
なって、付加価値の高い人生を送ることでしょう。

ここに親の子供に対する教育の原点をみたような気がします。

家庭教育が大切です。

(本テーマ完)
――――――――――――――――――――――――――――――――――
■編集後記

格言を1つ:
         ・人生は一冊の書物に似ている。

馬鹿者たちはそれをパラパラとめくっているが、賢い人間はそれを念入り
に読む。なぜなら、彼はただ一度しかそれを読むことが出来ないのを知って
いるから。
     
        Byジョン・パウル
――――――――――――――――――――――――――――――――――

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-02-13  
最終発行日:  
発行周期:毎週土曜日発行  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。