恋愛・人生

「人に好かれよう」創刊号

ほとんどの人が人間関係で悩んでいると思います。心のかっとうにはつらいものがあります。人に好かるには良好な人間関係を築かなくてはなりません。本メルマガでは、その処方箋を提示いたします。これを実行すれば、きっとhappyになるでしょう。


全て表示する >

「ユーモアは潤滑油」

2018/10/27

「ユーモアは潤滑油」

笑いの効用にはいろいろとあるでしょうが、とにかく笑うと緊張した筋肉が
ほぐれリラックスするのは誰でも経験することです。自分だけでなくまわりも
明るくします。

緊張した他人もこのユーモアを聞いてリラックスします。笑うことにより萎縮
していた心が解放され、どんどん発想が出てくることも珍しくありません。

緊張した雰囲気が漂う大勢の会議の場などで意見がなかなか出ないような時
に、誰かがジョークを言うといっぺんに緊張した場が和んで、その後会議が
活発に行われるというケースが多々あります。

交渉の席上でのジョークにより、緊張や敵意が解消しその後の展開がうまく
いくこともあります。

ユーモアをふりまくとまわりを明るくします。ユーモアとは他人を笑わせる
ことであり、緊張を解きほぐし、勇気づけることであるともいえるかもしれ
ません。

ユーモアは人のためになります。

こういう意味で、ユーモア感覚を身に付け、常日頃ユーモアをふりまいている
人は、付加価値人生を生きているといえるかもしれません。ユーモアを言って
いる人のまわりには人が寄ってきます。ユーモアを言う人を避ける人は珍しい
かもしれません。これは笑顔の人を避ける人はいないのと同じことです。

また、ユーモアは人間関係を長続きさせる潤滑油となります。私たちは笑いを
通して共に生きていることを実感できます。友情も笑いを通じて深まり、笑い
によって維持されます。

友好関係が愉快なひと時や笑いをきっかけに生まれる場合もあります。

欧米などの多くの国では、ユーモアがコミュニケーションをよくするものとし
て位置付けられています。欧米などでは、大勢の人たちの前での公式のスピー
チで、冒頭にジョークをとばす場面をよくみかけます。これは聴き手の関心を
引き付け、場を和ませて、これからしゃべるスピーチを聴く態勢を整えさせる
ためです。

内容がいくらよくても、聴いてもらえなければ意味がありません。アメリカで
は大統領の就任演説ですらジョークで始まります。

また、笑いも医学的にみて病気の治療や予防によいということがいわれるよう
になってきました。

「笑いに勝る良薬なし」ともいわれています。
薬を使わずに笑いで病気を治すという考え方は、まだ一般によく知られて
いませんが、笑いの医学的効用に関する知見も、近年、よく発表されるように
なってきました。

筑波大学名誉教授の村上和夫氏の調査結果にとると、糖尿病患者に吉本興業の
お笑いを聞かせたところ、その前後では血糖値が50ミリグラムも下がった
そうです。

同氏はまた、「いつもいいことを考えている人は、いい遺伝子が活性化されて、
いいホルモンが出て、体全体の調子がよくなる。悪いことばかり考えている人
は、悪い遺伝子が活性化されて、悪いホルモンが作られて、どんどん体の調子
も悪くなる」と述べています。

このことからも、よく笑うということは、心が明るく、よい心の状態のことで
あるから、体の調子がよくなって病気の予防にもなることが推察できます

(本テーマ完)
――――――――――――――――――――――――――――――――――
■編集後記
格言を1つ:

・人生はマラソンなんだから、百メートルで一等をもらったってしょうがない。
     
              By石坂泰三
――――――――――――――――――――――――――――――――――

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-02-13  
最終発行日:  
発行周期:毎週土曜日発行  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。