恋愛・人生

「人に好かれよう」創刊号

ほとんどの人が人間関係で悩んでいると思います。心のかっとうにはつらいものがあります。人に好かるには良好な人間関係を築かなくてはなりません。本メルマガでは、その処方箋を提示いたします。これを実行すれば、きっとhappyになるでしょう。


全て表示する >

「信用を得るための3つの条件(4)」

2018/09/15

「信用を得るための3つの条件(4)」
              
第2条件の「言行一致」
これは文字どおり「言うことと行うことに矛盾がないこと」です。

日頃言っていることは立派なことを言っておきながら、その人の行動をみると首を
傾げたくなるような場合がよくあります。

それなりの立場で、立派なことを言う人がなんでこんなことをするのだろうかと
いう場合が多々あります。

話したり、書いたり、行動したりすることは外面に表れるので、第三者は
比較的容易にその善悪を判断できます。

しかしこうした、話したり、書いたり、行動したりする元となっている考えや
心の中はのぞけません。

その人がどういう人であるかはその人の考え方や心の持ち方によって決まります。

心の中で良くないことを考えていても、立派なことは言えます。
だまされないよう注意しなければなりません。

そのためには、日頃からその人をよく観察することです。

言行不一致の人は、本人は意識していないのでしょうが、ちょっとした公私混同を
やる場合が多いようです。

無意識のうちに公私混同をしているわけですから、いくら口で立派なことをいっても、
本当はどういう人かおおよそ判断できるわけです。

いくら口でうまいことをいってもかくせません。何らかの拍子に良くない考え方や
心の内が出てきます。

本テーマ次回へ
――――――――――――――――――――――――――――――――――
■編集後記
メルマガお笑いを1つ:

とある避暑地に出かけた医師が、古くからの友人である弁護士と偶然出会った。

医師は驚いて訊ねた。「君もバカンスとはね。どうしたんだい?」

すると弁護士は答えた。「いやね、実は家が火事になってしまって、その保険金でね」

次に弁護士が訊ねた。「そういう君は?」
医師はこう答えた。「似たようなもんさ。実は家が洪水で流されてしまって、その保険金でね」

すると弁護士は目を丸くして訊ねた。

「すごいな! どうやって洪水を起こしたんだい?」

          世界のジョーク集より
――――――――――――――――――――――――――――――――――

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-02-13  
最終発行日:  
発行周期:毎週土曜日発行  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。