恋愛・人生

「人に好かれよう」創刊号

ほとんどの人が人間関係で悩んでいると思います。心のかっとうにはつらいものがあります。人に好かるには良好な人間関係を築かなくてはなりません。本メルマガでは、その処方箋を提示いたします。これを実行すれば、きっとhappyになるでしょう。


全て表示する >

多様な価値観を身につけるには(2)

2018/04/21

多様な価値観を身につけるには(2)

前回では、事実と真実は違う、真実を知ろうと思えば、多様な見方ができな
ければならないということを、例を上げて述べました。

今回は多様な見方の身につけ方について述べます。

ここで、多様な見方ができるという意味は、単に多様さを多様なままでよし
としているわけではありません。

あれもいいが、これもいい、すべてよしとしてすませるという意味ではあり
ません。多様さを材料として、総合的に判断するという意味であり、換言す
れば、一段高いレベルから鳥瞰的に、あるいは統一的に見るということです。

それでは、多様な見方ができるようになるには、どうすればよいでしょ
うか。

そのためには、次のようなことを心がけ、実行すればよいと思います。

(1) 常に向上心を持ち、努力・精進の姿勢を忘れないこと。例えば、哲学、
      文学、歴史、宗教、偉人伝等の良書を読み続けるとか、あるいはひと

     つの専門分野だけでなく複数の専門分野を開拓するとか、いろいろあると思う。
     1年、2年では他人との違いはわからないが、10年、20年と継続すれば、
     その違いは歴然となる。

(2) 人間の研究を怠らないこと。そのためには、好き嫌いに関係なくすべて
      の人から学ぶようにすること。むしろ嫌いな人からの方が学ぶべき点が多
      いとよくいわれている。それは好きな人は自分と同じような考え方の人が
      多く、あまり参考にならないからである。

     方法としては「他人の観察」や以前延べた「傾聴」を通して、人はどのような時に
    どのような考え方をするか、あるいはどのような気持ちになるかを学ぶこと。

(3)意識的に立場を変えて見るようにすること。例えば、相手の立場や第三者
     の立場に立って考えてみること。

(4)マクロとミクロの空間的視点で見てみること。

(5)短期と長期の時間的視点で見てみること。

以上のことを続けていけば、多様な価値観を持てるようになって寛容さが増し、
また洞察力も深くなって、相手の心が読めるようになり、人間関係も良好と
なっていくことでしょう。

これはまた自分自身が大きく成長していく道でもあります。

      (本テーマ完)

――――――――――――――――――――――――――――――――
■編集後記

お休み

―――――――――――――――――――――――――――――――――

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-02-13  
最終発行日:  
発行周期:毎週土曜日発行  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。