恋愛・人生

「人に好かれよう」創刊号

ほとんどの人が人間関係で悩んでいると思います。心のかっとうにはつらいものがあります。人に好かるには良好な人間関係を築かなくてはなりません。本メルマガでは、その処方箋を提示いたします。これを実行すれば、きっとhappyになるでしょう。


全て表示する >

「相場師の目」

2017/05/27

「相場師の目」

「相場師の目は、片方が近眼で片一方が遠眼やないといけまへん」と、まずいった。
大文字屋のいうところでは十年先の世の中がどうなるかという巨視的な観測と、
きょうあすの相場はどう動くという手近な観測の二つが必要である。」

(俄、司馬遼太郎)

これは、現代風の言い方に換えれば、長期的視点と短期的視点で物事を見る、
あるいは考えるということに該当するでしょう。

国家、企業、個人の各レベルにおいて、この二つの視点は大切です。

たとえば、自分の人生を考えるとき、今日明日、あるいはここ1年ぐらいは何をすべきか、
どう生きていくかということを考える短期的な視点と、10年先、20年先、30年先を
どう生きていくべきかを考える長期的視点が必要です。

その際に重要となるのはその順序です。

まず長期的視点に立って将来の自分のあるべき姿を考え、次に、では、
将来その姿を実現するためには、今現在何を何時までにどうしなければならないかを
短期的視点に立ってちょうど糸をたぐり寄せるようにして考えます。

将来の姿を明確にすることにより、今すべきことが明らかとなります。

そうすれば、つまらないことに足をとられたり、回り道したりすることなく、
効率よくむだのない人生をおくることができるようになるでしょう。

これは、まず将来の大目標を立て、次に、それに行き着くまでの中目標、小目標を
立てることと同様なことです。

企業も長期経営計画、中期経営計画、年次計画を立てたりします。

この場合もまず長期経営計画があって、これをベースに中期経営計画や年次計画が策定されます。

長期、短期の視点は時間的視点といえましょうか。

視点としてはこの他に空間的視点としての、マクロの視点とミクロの視点というものがあります。

この他にも、立場を換えて見る、相手の立場に立って考えるといういうようなことです。

例えば、喧嘩を成敗するときは両方の言い分を聞いてみるというようなことです。

あるいは外国からあらためて日本を見て見るというようなことです。

このような複眼の視点を持てばものごとがよく見えるようになります。

ものごとの本質に迫ることができるようになります。

真実が分かるようになります。

本テーマ完
―――――――――――――――――――――――――――――――――
■編集後記

メルマガお笑いを1つ:

FBI捜査官が、銀行員と話をしていた。その銀行は強盗に襲われた直後だったが、
過去にも2度、同じ強盗によって襲われている。

捜査官は訊いた。
「何か犯人に特徴的なことはありましたか」

「はい」銀行員は言う。

「段々、身だしなみが整っていくようです」

     世界のジョーク集より
―――――――――――――――――――――――――――――――――

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-02-13  
最終発行日:  
発行周期:毎週土曜日発行  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。