恋愛・人生

「人に好かれよう」創刊号

ほとんどの人が人間関係で悩んでいると思います。心のかっとうにはつらいものがあります。人に好かるには良好な人間関係を築かなくてはなりません。本メルマガでは、その処方箋を提示いたします。これを実行すれば、きっとhappyになるでしょう。


全て表示する >

 「媚び」

2017/05/13

 「媚び」

「上に媚び、下に傲慢、という種類の人物は、自分の智略、器量に自信がない証拠である。」
(「最後の将軍」文庫本P.74より、司馬遼太朗)

確かにこういうことはいえるだろうと思います。たとえば現代でいえば、会社などの職場においても
同じようなことがいえそうです。

会社での上司へのごますり、ご機嫌取り、何を指示されてもYESしか言わないようなYESマン。

上司にとって不利になるような情報は流さず、あえて耳ざわりの良い情報しか流さないような人は
たくさんいるようです。

これはまあ自分や家族の生活がかかっているため自分の出世や人事上で不利にならないよう
不本意ながら我慢してやっているという面もあり、同情すべき点はあるだろうとは思います。

現代サラリーマンの悲哀の一つでしょうか。

こういう人たちは多いだろうと思います。ただ問題なのは、こうした人たちの中でも、さらに部下や、
後輩たちに対しては、傲慢であり、一方的に意見を押し付けたり、わがままであったり、
えらそうに威張ったりしているような人たちです。

自分のサラリーマン時代を振り返っても、確かにこういう人たちがいました。

そしてこうした人たちが部や課の長をしていた場合、自分のグループにメンバーをたくさん抱える
傾向にあるようです。

なぜなら自分の智略や器量に自信がないからです。自己保身のために周りを大勢で固めようとします。

企業効率からいってもマイナスです。

いわゆる小物です。

たいした人物ではありません。

誰も尊敬しません。

こういう人たちに部下はついてきませんし、だんだん離れていき、いざというときに
助けてくれないでしょう。

自分の才能、能力、知恵、器量などに自信を持っているような人は、上に媚び、
下には傲慢というようなことはしないでしょう。

こういう自信を持っている人たちは、自分の信念、哲学意見等をもっています。

また人間としての器も大きく、人に対して寛容です。

それに則って生きていくので、上に媚、下に傲慢ということはありえません。
こうした人物になりたいものです。

本テーマ完
―――――――――――――――――――――――――――――――
■編集後記

メルマガお笑いを1つ:

ニューヨークへのフライト中、機内食を運んできたスチュワーデスが
男に尋ねた。

「お客様、お食事をお選びください」

「何を選べるのかね?」

「“食べる”か“食べない”かのいずれかです」

          世界のジョーク集より
―――――――――――――――――――――――――――――――――

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-02-13  
最終発行日:  
発行周期:毎週土曜日発行  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。