恋愛・人生

「人に好かれよう」創刊号

ほとんどの人が人間関係で悩んでいると思います。心のかっとうにはつらいものがあります。人に好かるには良好な人間関係を築かなくてはなりません。本メルマガでは、その処方箋を提示いたします。これを実行すれば、きっとhappyになるでしょう。


全て表示する >

「小さな発見の喜び(2)]

2017/04/01

「小さな発見の喜び(2)]

前回では散歩をしているときの小さな発見の1例をあげましたが、今回も
同じく散歩しているときの別の小さな発見について述べます。

私が現在住んでいるところは、地方都市郊外の40年近く前に、大手不動産会社が
山の斜面を造成した何百世帯とある住宅地で、かなり年月がたっており、
住んでいる方も高齢の人が多いようです。

私は事情があって5年ほど前にここの中古物件を購入して引っ越してまいりました。
かたやすぐ隣に同じ不動産会社が7,8年前に造成したこれも同じぐらいの規模の
新興住宅地があります。これも同じく山の斜面を造成しております。

この新旧の2つの住宅地で何を発見したかいうと、各家屋についている駐車場の
広さについてです。散歩をしているときにふと考えました。大都会の方はどうか
よく知りませんが、昨今では私の住んでいる地方都市では、ライフスタイルの
変化や昔に比べたら車が比較的手に入れやすくなったからでしょうか、一つの
家庭に車を複数台所有しているところが多くなっているようです。

昔は1台あればよいほうでした。そこで考えてみました。最近新しく家を建てる
人はほとんどが、おそらく駐車場を計画するときには2台以上のスペースを
とるように計画するのではないだろうか。それならば、いつも散歩している
新興住宅地ではおそらく各家屋の駐車場は2台以上のスペースをとっているだろう。

一方私の住んでいる古い住宅地はほとんど1台分しかないのではなかろうか。
それから1週間毎日散歩のときは、このことを意識しながら各家屋の駐車場を
キョロキョロと見て回りました。

予想があたっていました。新興住宅地の駐車場は、私が見た範囲では、
すべて車が2台以上駐車できるスペースを持っていました。

一方私の住んでいる古い住宅地は1台のスペースしかありません。
2台以上駐車できるところもありますが、そこは家を建てた後で庭などを
つぶして駐車場のスペースを広げています。
見れば明らかに拡張したということが分かります。

ちなみに私が購入した中古の家の駐車場も後で拡張されたものでした。
拡張できない家では、住宅地内の空き地を共同駐車場にした所を借りています。

なお、新興住宅地内には、共同駐車場らしきものは見当たりませんでした。
このように、当たり前といえば、当たり前ですが、自分の推論どおりに
なっていたのを確認できたのはなんとなくうれしいものでした。

小さな喜びがいつまでも持続しています。

余談ですが、私と同じ古い住宅地に住んでいる知り合いの人が、最近では、
以前と比べると救急車がよくこの住宅地に来るようになったという話を
していました。
そういえば、ときどきサイレンの音を耳にします。

本テーマ完

―――――――――――――――――――――――――――――――――
■編集後記

メルマガお笑いを一つ:


監獄で三人の囚人が話していた。

「おれはサボタージュのかどで逮捕されたんだ。工場に五分遅刻したもんで」

「そうか。おれは反対に五分早く出勤したために逮捕されちまった。スパイ
容疑で」

おれなんか、時間きっかりに職場に着いたんで逮捕されたんだぞ。
西側の時計を持っているという容疑で」

―――――――――――――――――――――――――――――――――

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-02-13  
最終発行日:  
発行周期:毎週土曜日発行  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。