恋愛・人生

「人に好かれよう」創刊号

ほとんどの人が人間関係で悩んでいると思います。心のかっとうにはつらいものがあります。人に好かるには良好な人間関係を築かなくてはなりません。本メルマガでは、その処方箋を提示いたします。これを実行すれば、きっとhappyになるでしょう。


全て表示する >

「小さな発見の喜び(1)」

2017/03/25

「小さな発見の喜び(1)」

ちょっとしたことに気づいて何となくうれしくなった経験をされたことも
多いかと思います。

例えば、私の場合を述べてみます。私は、ここ20年あまり、毎朝1時間ほどの
散歩の習慣があります。高血圧、高脂血症、高血糖、いわゆる生活習慣病を
持っていたため、これを改善するために始めたわけです。今では生活の一部と
なり定着しております。

三日坊主に終わらなくて、このように長く続けられるのは、生活習慣病持ちと
いうことも大きな理由でしたが、一番大きな理由は、長続きさせるコツとして、
ある人から教わった「できることを、できるときに、むりなく」を実践した
からだと思います。

この散歩コースとして、飽きがこないように5つほどのコースを持っています。

この中には大きな新興住宅地内を通るコースも入っています。散歩をしている
ときには、いろいろと考えごとをすることも多いのですが、何も考えていない、
全くリラックスしたような状態のときもあります。仏教的にいえば無我の
境地に近いのでしょうか。

このようなときにふと気づくことがあります。例えば、この新興住宅地内の
歩道を歩いているときです。秋も深まった頃で、朝は多少寒くなってまいりました。

ふと足元を見ると、枯れ葉がたくさん落ちているのに気づきました。
あらためて周りを見てみると、道路に沿って木がたくさん植えられていました。

掃除も大変だろうなと思いながら、歩いていると、アッとする瞬間がありました。
「秋」は英語では「autumn」といっていたな。

まてよ、もうひとつ別の「fall」といういいかたもあったな。確か「fall」には
「落ちる」という意味もあるな。

「秋」を英語では「fall」というのは、ひょっとしたら秋になったら枯れ葉が
このように木から落ちることに由来するのではなかろうか? 

これが瞬間に思ったことでした。きっとそうに違いないとワクワクしながら
家に帰り、さっそく辞書で確かめてみました。有りました、有りました、
米国では特にfallともいうようなことが書かれていました。

この由来について知っておられる方は多いとは思いますが、私は知りませんでした。

人から教わったわけでもなく、本から学んだわけでもなく、自分の力で気づいた
喜びは何ものにも換え難いものです。いつまでも記憶に残るものです。

1年経った今でもあのときの小さな発見のよろこび、何ともいえない幸福感が
持続しています。
これは仏教でいうところの悟った瞬間の喜びに近いのでしょうか。

人生にはいろいろと不幸や苦難、困難はつきものですが、できるだけ幸福感を
多くするために、できるだけ小さな発見とかあらたな気づきに喜びを見出す
ように努力するのも一つの知恵かなと思います。

次回へ続く
―――――――――――――――――――――――――――――――――
■編集後記

メルマガお笑いを一つ:

富豪: 「私が富豪になったのは妻のおかげです」
インタビュアー: 「では、ご結婚なさる前のあなたは?」
富豪「大富豪でした」
―――――――――――――――――――――――――――――――――

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-02-13  
最終発行日:  
発行周期:毎週土曜日発行  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。