恋愛・人生

「人に好かれよう」創刊号

ほとんどの人が人間関係で悩んでいると思います。心のかっとうにはつらいものがあります。人に好かるには良好な人間関係を築かなくてはなりません。本メルマガでは、その処方箋を提示いたします。これを実行すれば、きっとhappyになるでしょう。


全て表示する >

「どうしたらユーモアセンスを持てるようになるか」

2016/12/24

「どうしたらユーモアセンスを持てるようになるか」

以前、ユーモアセンスは、この人間関係やコミュニケーションをよくし、
病気の予防、治療に役立つということについて述べました。

では、このユーモアのセンスを身に付けるにはどうしたらよいでしょうか。

一番目の方法としては、相手の気持ちがよく分かる、相手の立場に立って考える
ことができるようになるということです。そうであってこそ、状況に合わせ
てユーモアを飛ばすことができます。

そのためには、常日頃、自分のことばかりではなく、まわりの人たちにも関心
をもたなければなりません。

自分のことばかり考えていると、相手の気持ちや考えていることが分からなく
なります。気付かずに相手を傷つけるようなことを言ったり、したりしている
かもしれません。これでは、適切なアドバイスができないばかりか、相手を喜
ばせることもできません。

一生懸命に人生を生きているのは自分だけではありません。まわりの人たちも
よく観察すると、それぞれの人生を皆一生懸命に生きていることが分かります。

こうした人たちに関心を向ける必要があります。人はどんなことで喜び、悩む
のかよく観察する必要があります。

人はどんなことに興味関心があるのか常日頃よく観察する必要があります。
他人の人生を観察することにより、相手のことが分かるだけでなく、自分自身
にとって参考になることもあるかも分かりません。

人に関心を持つ根底には何があるでしょうか。

それは人に対する優しさではないかと思います。愛情といってもよいかもしれ
ません。人をよく理解するには人に対する優しさ、愛情が必要です。これがあ
れば、相手がよく分かるようになります。

母親が赤ん坊の泣き声を聴いただけで、ミルクが欲しいのか、オムツを替えて
ほしいのかが分かるというのは、母親の赤ん坊に対する愛情ゆえんでしょう。

会社などでは、自分とうまが合わない嫌いな人とも一緒に仕事をしなければな
らない場合があります。会社などでは自分と気の合った者同士だけで仕事を
するわけにはいきません。このような場合は、無理をしてでも相手のことを
好きになることです。

そのためには相手の嫌いな面を小さく、よい面を大きく見ていくようにすれば
よいでしょう。そしてこちらの方から積極的に話しかけたり、かるくジョーク
でもとばしていれば、相手もだんだん打ち解けてくるでしょう。結果的に、
それまでの人間関係が好転するかもしれません。

ユーモアセンスを身に付ける二番目の方法は、頭を柔軟にするということです。
頭が固い人とはどういう人でしょうか。それは自分だけの固定観念にとらわれ、
相手のいうことには少しも耳を傾けず、融通が利かず、どちらかといえば頑固な
タイプの人です。

従って、この逆をやれば頭を軟らかくできます。自分一人でしゃべろうとはせ
ずに、人の話はよく聴くものです。いわゆる傾聴の姿勢が大切です。特定の
考えに固執せず、多くの意見を聞き、世の中には多くの考えがあることを知る
ことです。

そのためには他の意見や考えを受け入れる、素直さが必要です。

そして、頭が固いということは、視野が狭いためにおきることでもありますか
ら、常日頃から興味関心の領域を広げ、勉強しつづける姿勢が大切です。知識
や経験を広げ、深めていく努力が必要でしょう。

知識や経験が増えるとユーモアをつくりだすことが容易となります。

(本テーマ完)
――――――――――――――――――――――――――――――――――
■編集後記

  次回は、2017年1月14日(土)です。

 皆さん、よいお年を!

――――――――――――――――――――――――――――――――――

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-02-13  
最終発行日:  
発行周期:毎週土曜日発行  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。