恋愛・人生

「人に好かれよう」創刊号

ほとんどの人が人間関係で悩んでいると思います。心のかっとうにはつらいものがあります。人に好かるには良好な人間関係を築かなくてはなりません。本メルマガでは、その処方箋を提示いたします。これを実行すれば、きっとhappyになるでしょう。


全て表示する >

「たまにはスローライフ」

2009/12/26


現代人は、ほとんどの人が忙しい毎日を送っています。特に働き盛りの人たち
がそうです。

「忙中閑あり」ということわざがあります。
この意味は用事が多くて忙しくしている中でも、閑な時間はあるという意味で
す。

忙しい時には、あまり考えていません。ただ、ばたばたと、事務処理や電話応
対に追われているだけのことのほうが多いようです。また、そのような時には、
周りのことがあまり見えません。また、周りの人たちの考えていることにも、
なかなか気が付きません。

「忙」という字は、「りっしんべん」と「亡」から構成されています。「りっ
しんべん」は「心」を表しています。つまり、忙しいとは、「心を亡くした状
態」です。この「忙」という漢字は、実によく、その状況を表していると思い
ます。

一日の生活の中でも、心を亡くした状態が続いているのであれば、ちょっとし
た休憩をとるなり、深呼吸をするなり、静かな時間をとって自分を取り戻した
ほうがよいでしょう。
つまり、短くてもよいから、ゆったりとした時間を過ごしてみてはいかがでし
ょうか。

1ヶ月単位、1年単位でも同じことがいえます。
努力してそういう時間を創るようにすべきです。なぜなら、忙しい時には見え
なかったものが、見えてくるようになるからです。新たな発見があるかもしれ
ないからです。それだけ人生が豊かで潤いのあるものとなるからです。

時速300kmで走る新幹線の窓から、外の景色を見ようとしたら、あっとい
う間に過ぎ去ってしまってよく見えません。あるいは見過ごしてしまうかもし
れません。
ところが、新幹線よりずっとスピードの遅い在来線の普通電車に乗れば、よく
見えるでしょう。

ゆとりの時間を持つことが大切です。

私の場合、いつも車でしか通らなかった道を、時々歩いてみることがあります。
そうすると、いままで気付かなかった店や看板を、発見することがあります。
家の軒先に、きれいな花が咲いているのに、気付いたりします。犬に吠えられ
ることもあります。

休日には、仕事から解放されて、何ものにも束縛されることなく、ゆったりと
した時間を過ごしてみることもよいでしょう。そうすれば、ネルギーが充満し
てきます。

職場などでも、忙しい仕事の合間に、意識的にゆとりの時間をとると、疲れに
くくなるようです。また、周りの人たちのやっていることがよく見えるように
なります。そうなれば、相手がどういう気持ちでこういうことを言うのか理解
できて、人間関係もよくなるかもしれません。

ただ忙しいだけでもだめ、また閑ばかりでも人間は怠惰になっていくでしょう。
適度にブレンドすることが大切です。

現代人は忙しすぎるので、ストレスがたまりやすいストレス社会となっていま
す。このストレスが一因となって、さまざまな社会問題、例えば、凶悪犯罪、
家庭内暴力、校内いじめ等の問題が発生しています。

個人としてやれることは、忙しい中にも、積極的にゆとりを見出してストレス
を解消していくことでしょう。


(本テーマ完)
――――――――――――――――――――――――――――――――――
■編集後記

今年は今回が最後です。
来年は1月9日(土)から開始します。

皆さん、よいお年をお迎えください!

――――――――――――――――――――――――――――――――――

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-02-13  
最終発行日:  
発行周期:毎週土曜日発行  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。