法律

商法穴埋め

商法・会社法の条文の穴埋め問題です。

全て表示する >

商法穴埋め vol.230 所得税法 第二十五条第一項、第二項

2011/10/28

(配当等とみなす金額) 
第二十五条  
一  当該法人の[ 1 ](法人課税信託に係る信託の併合を含むものとし、法人税法
第二条第十二号の八 に規定する適格合併を除く。) 
二  当該法人の[ 2 ](法人税法第二条第十二号の十二 に規定する適格分割型分割
を除く。) 
三  当該法人の資本の[ 3 ](株式に係る剰余金の配当(資本剰余金の額の減少に
伴うものに限る。)のうち、分割型分割によるもの以外のものをいう。)又は当該
法人の解散による残余財産の分配 
四  当該法人の自己の株式又は[ 4 ](金融商品取引法第二条第十六項(定義)に
規定する金融商品取引所の開設する市場における購入による取得その他の政令で
定める取得及び第五十七条の四第三項第一号から第三号まで(株式交換等に係る
譲渡所得等の特例)に掲げる株式又は出資の同項に規定する場合に該当する場合に
おける取得を除く。) 
五  当該法人の出資の消却(取得した出資について行うものを除く。)、当該法人
の出資の[ 3 ]、当該法人からの社員その他の出資者の退社若しくは脱退による持分
の[ 3 ]又は当該法人の株式若しくは出資を当該法人が取得することなく消滅させる
こと。 
六  当該法人の[ 5 ](当該組織変更に際して当該組織変更をした当該法人の株式
又は出資以外の資産を交付したものに限る。) 
2  前項に規定する株式又は出資に対応する部分の金額の計算の方法その他同項の
規定の適用に関し必要な事項は、政令で定める。 










------正解------

1 合併
2 分割型分割
3 払戻し
4 出資の取得
5 組織変更

----------------

(配当等とみなす金額) 
第二十五条  
一  当該法人の合併(法人課税信託に係る信託の併合を含むものとし、法人税法第二条第十二号の八 に規定する適格合併を除く。) 
二  当該法人の分割型分割(法人税法第二条第十二号の十二 に規定する適格分割型分割を除く。) 
三  当該法人の資本の払戻し(株式に係る剰余金の配当(資本剰余金の額の減少に伴うものに限る。)のうち、分割型分割によるもの以外のものをいう。)又は当該法人の解散による残余財産の分配 
四  当該法人の自己の株式又は出資の取得(金融商品取引法第二条第十六項 (定義)に規定する金融商品取引所の開設する市場における購入による取得その他の政令で定める取得及び第五十七条の四第三項第一号から第三号まで(株式交換等に係る譲渡所得等の特例)に掲げる株式又は出資の同項に規定する場合に該当する場合における取得を除く。) 
五  当該法人の出資の消却(取得した出資について行うものを除く。)、当該法人の出資の払戻し、当該法人からの社員その他の出資者の退社若しくは脱退による持分の払戻し又は当該法人の株式若しくは出資を当該法人が取得することなく消滅させること。 
六  当該法人の組織変更(当該組織変更に際して当該組織変更をした当該法人の株式又は出資以外の資産を交付したものに限る。) 
2  前項に規定する株式又は出資に対応する部分の金額の計算の方法その他同項の規定の適用に関し必要な事項は、政令で定める。 

------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------

(配当等とみなす金額) 
第二十五条  
一  当該法人の合併([ 1 ]に係る信託の併合を含むものとし、法人税法第二条
第十二号の八 に規定する適格合併を除く。) 
二  当該法人の分割型分割(法人税法第二条第十二号の十二 に規定する[ 2 ]を
除く。) 
三  当該法人の資本の払戻し(株式に係る剰余金の配当(資本剰余金の額の減少に
伴うものに限る。)のうち、分割型分割によるもの以外のものをいう。)又は[ 3 ]
による残余財産の分配 
四  当該法人の[ 4 ]又は出資の取得(金融商品取引法第二条第十六項(定義)に
規定する金融商品取引所の開設する市場における購入による取得その他の政令で
定める取得及び第五十七条の四第三項第一号から第三号まで(株式交換等に係る
譲渡所得等の特例)に掲げる株式又は出資の同項に規定する場合に該当する場合に
おける取得を除く。) 
五  当該法人の出資の消却(取得した出資について行うものを除く。)、当該
法人の[ 5 ]、当該法人からの社員その他の出資者の退社若しくは脱退による持分
の払戻し又は当該法人の株式若しくは出資を当該法人が取得することなく消滅
させること。 
六  当該法人の組織変更(当該組織変更に際して当該組織変更をした当該法人の
株式又は出資以外の資産を交付したものに限る。) 
2  前項に規定する株式又は出資に対応する部分の[ 6 ]その他同項の規定の適用
に関し必要な事項は、政令で定める。 

------正解-----

1 法人課税信託
2 適格分割型分割
3 当該法人の解散
4 自己の株式
5 出資の払戻し
6 金額の計算の方法

---------------

(配当等とみなす金額) 
第二十五条  法人(法人税法第二条第六号 (定義)に規定する公益法人等及び
人格のない社団等を除く。以下この項において同じ。)の株主等が当該法人の次に
掲げる事由により金銭その他の資産の交付を受けた場合において、その金銭の額
及び金銭以外の資産の価額(同条第十二号の十五に規定する適格現物分配に係る
資産にあつては、当該法人のその交付の直前の当該資産の帳簿価額に相当する金額)
の合計額が当該法人の同条第十六号に規定する資本金等の額又は同条第十七号の二
に規定する連結個別資本金等の額のうちその交付の基因となつた当該法人の株式
又は出資に対応する部分の金額を超えるときは、この法律の規定の適用について
は、その超える部分の金額に係る金銭その他の資産は、前条第一項に規定する
剰余金の配当、利益の配当又は剰余金の分配とみなす。 
一  当該法人の合併(法人課税信託に係る信託の併合を含むものとし、法人税法第二条第十二号の八 に規定する適格合併を除く。) 
二  当該法人の分割型分割(法人税法第二条第十二号の十二 に規定する適格分割型分割を除く。) 
三  当該法人の資本の払戻し(株式に係る剰余金の配当(資本剰余金の額の減少に伴うものに限る。)のうち、分割型分割によるもの以外のものをいう。)又は当該法人の解散による残余財産の分配 
四  当該法人の自己の株式又は出資の取得(金融商品取引法第二条第十六項 (定義)に規定する金融商品取引所の開設する市場における購入による取得その他の政令で定める取得及び第五十七条の四第三項第一号から第三号まで(株式交換等に係る譲渡所得等の特例)に掲げる株式又は出資の同項に規定する場合に該当する場合における取得を除く。) 
五  当該法人の出資の消却(取得した出資について行うものを除く。)、当該法人の出資の払戻し、当該法人からの社員その他の出資者の退社若しくは脱退による持分の払戻し又は当該法人の株式若しくは出資を当該法人が取得することなく消滅させること。 
六  当該法人の組織変更(当該組織変更に際して当該組織変更をした当該法人の株式又は出資以外の資産を交付したものに限る。) 
2  前項に規定する株式又は出資に対応する部分の金額の計算の方法その他同項の規定の適用に関し必要な事項は、政令で定める。 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-02-02  
最終発行日:  
発行周期:日刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。