法律

商法穴埋め

商法・会社法の条文の穴埋め問題です。

全て表示する >

商法穴埋め vol.228 所得税法 第二十四条第二項

2011/10/23

(配当所得) 
第二十四条  
2  配当所得の金額は、その年中の配当等の[ 1 ]とする。ただし、株式その他
配当所得を生ずべき元本を取得するために要した負債の[ 2 ](事業所得又は雑所得
の基因となつた有価証券を取得するために要した負債の[ 2 ]を除く。以下この項に
おいて同じ。)でその年中に[ 3 ]ものがある場合は、当該収入金額から、その
[ 3 ]負債の[ 2 ]の額のうちその年においてその元本を[ 4 ]に対応する部分の
金額として政令で定めるところにより計算した金額の合計額を控除した金額とする。











------正解------

1 収入金額
2 利子
3 支払う
4 有していた期間

----------------

(配当所得) 
第二十四条  
2  配当所得の金額は、その年中の配当等の収入金額とする。ただし、株式その他
配当所得を生ずべき元本を取得するために要した負債の利子(事業所得又は雑所得
の基因となつた有価証券を取得するために要した負債の利子を除く。以下この項に
おいて同じ。)でその年中に支払うものがある場合は、当該収入金額から、その
支払う負債の利子の額のうちその年においてその元本を有していた期間に対応する
部分の金額として政令で定めるところにより計算した金額の合計額を控除した金額
とする。 

------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------

(配当所得) 
第二十四条  
2  配当所得の金額は、[ 1 ]の収入金額とする。ただし、株式その他[ 2 ]元本を
取得するために要した負債の利子(事業所得又は雑所得の基因となつた有価証券を
取得するために要した負債の利子を除く。以下この項において同じ。)でその年中
に支払うものがある場合は、当該収入金額から、その支払う負債の利子の額のうち
その年においてその[ 3 ]部分の金額として政令で定めるところにより計算した金額
の合計額を控除した金額とする。 

------正解-----

1 その年中の配当等
2 配当所得を生ずべき
3 元本を有していた期間に対応する

---------------

(配当所得) 
第二十四条  
2  配当所得の金額は、その年中の配当等の収入金額とする。ただし、株式その他
配当所得を生ずべき元本を取得するために要した負債の利子(事業所得又は雑所得
の基因となつた有価証券を取得するために要した負債の利子を除く。以下この項に
おいて同じ。)でその年中に支払うものがある場合は、当該収入金額から、その
支払う負債の利子の額のうちその年においてその元本を有していた期間に対応する
部分の金額として政令で定めるところにより計算した金額の合計額を控除した金額
とする。 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-02-02  
最終発行日:  
発行周期:日刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。