独立・起業

店舗開業のための究極の100ヶ条

店舗開業を目指す人々へ向けた応援本であり指南本です。最近はやりの居抜き物件店舗の開業を中心に本当の話をしていきます。
2009年3月号の新しい飲食店開業-月刊誌に取材記事掲載されました。

全て表示する >

物件探しは内外に目をひからせて

2009/02/13

 
      *************************************************************
    今週から参議院にて予算委員会質疑が始まりました。政府が2011
       年度消費税と給付金(選挙対策用の金のバラマキ)にこだわりす
       ぎているため、国会が紛糾している状況のなか国民の皆さんはい
       かがお過ごしでしょうか?・・・・早く選挙してくれ!!!
    *************************************************************

               政治の状況はさておき、本文に入ります。

     昨年お客様のご依頼で、気に入った居抜物件があるので現地を
          調査してほしいとのことで同行することになりました。
          お客様はワインバーを開店したいとのことでした。

          それは東急東横線沿線の駅近で1階の居抜物件でもともとはカ
          フェを営んでいたとの事でした。

          厨房・客席と設備関係を中心に調べていきました。

          お客様は立地も店舗の大きさもことのほか気に入っていました
          が、調べ進めていくと厨房に問題があることがわかりました。

          まず、今回の計画に必要な排気フードの大きさ、ダクトの大き
          さ、換気扇の容量がすべからく足りません。

          しかし、改修工事によってサイズをそれぞれ大きく改良するこ
          とは可能でした。何とかなるかなーーーと考えたのですが再度
          建物の構造、階数、用途を確認していくと、商業地域で鉄筋コ
          ンクリート造10階建て、1階店舗で2階から10階まで分譲の
          マンションでした。

          敷地にいっぱいに建ててあり隣りの家の壁まで約1m位しか離れ
          ていませんでした。

          結局、排気ダクトの設置場所がありませんでした。厳密に言えば
          店舗の入口脇しか設置場所がなかったのでした。

          結局、このテナントはあきらめることになりました。

          当初、不動産業者は壁から出せるから大丈夫と言っていましたが
          そこは隣の家の窓が近くにある場所でした。

          こんな所にダクトを取り付けたら必ずクレームがつきスムースな
          営業ができなかったでしょう

          そして再び物件探しの旅へ出かけていくことになったのでした。

          次回はやっと物件が見つかりOPEN迄こぎつけたお話です。

          お楽しみに!!

       本日の格言---- 物件探しは内部・外部ともに目を光らせて!
        ***************************************************************
     1階にある物件は敷地の四方も確実にチェックしましょう。
      建物内部で使用する機器でも一部は屋外に設置するものがあります。
    ***************************************************************
     2009年にアメリカはオバマ大統領となり新しい時代を期待させる
      年になります。
     わが日本も衆議院選挙が行われ政治体制も変化することにより経済を
     活性化させ、一刻も早くこの不況から脱却できることを切に祈ってい
           ます。
     ****************************************************************
        

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-01-30  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。