小説

無料ネット小説Cafe

おすすめの妄想小説(かなり過激)を気まぐれで(ほぼ週刊)でお届けするメルマガです。元々は、仲間内で書いていましたが、公開要請が大きくなってきましたので、思い切ってメルマガにしました。もちろん無料ですので、ぜひ定期購読をお願い致します。

全て表示する >

無料ネット小説Cafe vol.82

2010/08/20


 無料妄想小説「もう、しゃもじなんていらない」をお送りしております。
現在、第四章もそろそろ佳境ですが、なんと第五章で終わりです。第六章に
ついては鋭意妄想中ですが、読者数が伸びないため、公開の有無を悩んでい
ます。
 誰か周りの人で、こういうの好きな人がいたらブログのアドレスを教えて
あげてください。メルマガも発行数が上がらない場合は、配信を終了しよう
かと考えております。3人の人に告知をしてくれれば、全世界を救えます。

 また、ブログからメルマガ毎のバックナンバーに飛べますので、第一章
から全てを振り返りたい方、見逃した方は、
http://novelcafe.jugem.jp/?page=1&cid=3 へお越し下さい。
今後とも、末永くご贔屓に。どなたか出版させてください。

 購読者数100オーバー、300オーバーとか毎にイベント開催予定です。
(等幅フォントでご覧ください。)

━━[PR]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆★☆‥・新製品が安いケーズデンキオンラインショップ・‥☆★☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ケーズデンキオンラインショップの会員価格は「現金値引」でお買い得!
◇◆◇ 1万円以上 送料無料 ◇◆◇
★・‥・‥・・‥・‥・‥・‥・‥・‥・‥・‥・‥・‥・‥・・‥・★
 各コーナー魅力ある商品を掲載!『K'sはポイント制ではなく、
         ┌─┬─┬─┬─┬─┐
 その場でうれしい│現│金│値│引│き│でサービスしています。』
         └─┴─┴─┴─┴─┘
http://click.j-a-net.jp/1053756/246427/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[PR]━━

━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
01: 「第四章 幻の砦 第44話」
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 シピッ!

 ブシュー!!

モリシとマッコイの背中はパックリと割れ、鮮血が辺り一面に飛び散った。

「安心せい。峰打ちじゃ。」
コンスタンチンは目を『寄り目』にしながら言った。

ぅぅぅぅぅぅぉぉぉぉぉおおおおおおおーーーーーーーーーーー!!!!!

キレた(切れた)モリシとマッコイは、横たわる舞妓から九斎納豆と仁王ニン
ニクを取り返すと、新体操のバランスポーズをとった。

「イクぞッ!!」

 2人はお互いにうなずくと最臭兵器をしっかりと持ち、クルクルと回転し
始めた。

「クルクルクルクルクルゥゥゥゥゥゥ〜〜〜〜」×2
2人はさらに回転速度を増し、そのスピードは光速をも超えた。

するとモリシ&マッコイを中心に、巨大な竜巻が発生した。
ゴゴゴゴゴゴーーーーーーー!!

 ボブ・サンとコンスタンチン、それに舞妓ABは竜巻に吸い込まれ、上昇
気流に乗った。

「うわゎーーくっ!くっさい!!」

 ボブ・サンもコンスタンチンも涙を流しながら臭がりつつ、上方へ吹き
飛んでいった。


一方その頃。

「・・・・・」

マッコイ達の真上50m程の別フロアにヤコっぺ。とバブルス君はいた。

鉄球を被りながら一点を凝視するという行為自体にいささか飽きた2人は、
次にどうしようかと考え始めていた。

 やはりこの2人もここへ辿り着くまでに幾つもの戦闘を繰り返し、巨大
だった頭の鉄球も今では直径3m程まで小さくなっていた。

━━━[PR]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 [注目] 只今、お得なキャンペーン中!!
         なんと! パソコンが0円でかえちゃう!!

   これで手軽に外出先からもインターネット
       ★ソフトバンク+パソコン=0円から★
http://click.j-a-net.jp/1053756/409075/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[PR]━━━

「ヤコっぺ。まだ横に居る?」

「うん」

「次、どうしようか?」

「う〜ん、お腹空いた。」

「そだね。厨房みたいの在ればいいのにね。」

「うん。でもこのままじゃ鉄球が邪魔で食べれないけどね。」

「そだね。」

「・・・・」
「・・・・」

ゴーーー。

「あれ!?何か聞こえない?」
「そう?」

ゴゴーーーー。

「うん、やっぱり聞こえる。ほら。」

「ホントだ。何か下から轟音が聞こえる。」

ゴゴゴーーーー。

「何か音が大きくなってきた気がする」

「近づいてきてるのかも」

「けっ、結構スリルあるよね」

「見えないだけにね」

ゴゴゴゴゴゴーーーーーーーー。

「マジで!?マジで近づいてる!?」
「何!?この音!!何!??」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴーーーーーーーーーーーー。

「こっ!怖いっ!!」
「落ち着け!バブルス君!!」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴーーーーーーーーーーーーーーー。

「どっ、どうする!?」
「良し。何かに捕まろう。」

ヤコっぺ。とバブルス君は向かい合い、お互いの鉄球を両手で支えあった。

「きっとヘンな絵だよね」
「多分ね」

その瞬間、爆音と共に床板が吹き飛んだ。
                             (続く)

AD-------------------------------------------------------------
◆テレビで特集された話題の商品通販ショップ
 人気商品ポメラを始め、テレビ番組や雑誌などのメディア特集で特集
 された話題の商品を通信販売でいち早く、激安価格にてお届けします。
 http://shoptv.web.fc2.com/

◆ビジネスグッズ比較ランキングショップ
 ビジネス用の商品を割引価格、特別価格で取り扱っています。
 ビジネスグッズをお探しならビジネスグッズ比較ランキングショップ。
 http://rankingoods.client.jp 

◆オトコの妄想ショップ
 オトコなら一度は欲する妄想グッズを割引・特別価格で取り扱って
 います。妄想グッズをお探しならオトコの妄想ショップでどうぞ。
 http://mousou.iinaa.net/
-------------------------------------------------------------AD

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-01-30  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。