経営

中小企業の羅針盤、人生も経営もやる気とやり方で決まる!

社員10数名の小さな会社と100名を超える様な中堅企業とでは、自ずと営業の仕方、管理方法、賞与、人事まで違ってくるのが当然です。弊社は小さな会社ならではの強みを活かした経営を模索。その実践ノウハウや迷い、悩みをありのままメルマガにて公開!メール質問も受付中

全て表示する >

「一流の人間に成る!」 - 人生にリハーサルはない!高橋純活動日誌 -

2019/10/18






「一流の人間に成る!」






一流、二流と人はよく口にしますが、
一流と二流の違いは何でしょうか?




弊社の繁忙期は10月〜2月です。




閑散期にやるべきことは、
先を見越しての戦略的なことですが
繁忙期にやるべきことは、
目の前のお客様を一人一人丁寧に対応するという戦術的なことです。




そして繁忙期こそ、
人間性やその人の実力が試されます。




暇で気持ちに余裕があれば、
一般的な人なら
誰だって目の前のお客様に親切丁寧に
接します。




それが出来なければ、
そもそも会社員として、
人としても論外です。




ですが、いっぱいいっぱいの時は
どうでしょうか?




誰でもお客様に対して
親切にしたほうがいい、
丁寧に対応したほうがいい、
と分かっています。




そのほうが喜ばれます。




リピーターになってくれる確率が
上がります。




だから一般的な会社員なら
親切丁寧に誰だって対応します。




ですが心に余裕が無くなれば、
どうでしょうか!?




皆さんが連休中に利用したレストラン、
コンビニ、遊園地など、
あらゆるお店の店員さんが笑顔で親切に
してくれている…
それが普通だと感動すらしない人は、
特に考えて欲しいです。




自分自身はどうなのかと…




素晴らしいサービス、ホスピタリティーとは
普通の接客をどんなに多忙でも
普通に平然とやってのけることです。




それこそが一流です。




特別なサービスでしか、
感動出来ないあなたには、
普通の凄さを自分を通して是非知って頂きたい。




そして知るだけではなく、
自らも普通に出来るレベルになって下さい。





誰でも出来ることを、
何時でも出来る人こそ、
本物であり、一流なのです。





規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-01-10  
最終発行日:  
発行周期:週4回程  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2019/12/09

    初めての繁忙期真っただ中であり、自分の心が乱れるのを感じ、余裕がなくなることが多々あります。

    ですが、お客様にとってはそんなことは無関係であり、

    閑散期に足を運ぶのと同じ感覚です。



    お客様に乱れた様子を見せることは、会社の穴をさらしていることだと思って、

    今一度自身を見直し、一人一人のお客様に

    「来ていただいてありがとうございます」

    と、感謝の気持ちを持って接していこうと思いました。

  • 名無しさん2019/11/10

    自分は元々、感情が声や表情、行動に出るタイプで、感情も良く揺れ動きます。

    以前、一流企業のコールセンターに電話を掛けたときに衝撃を受けました。とても忙しいだろうに、声は一定の心地良い高さのトーンで、こちらに聞きやすく柔らかい笑顔の対応でした。まったく感情で揺れ動くイメージがつかないくらい安定した対応で、「こういう対応が一流なのか」と思いました。

    自分はまだまだですが、それでもいつかあの声の人のような対応をいつでもできるようなりたいと、よくその声を思い出しています。

  • 名無しさん2019/11/10

    身近に常に明るく元気な人がいます。電話でお客様と話すときの対応も聞いていると、いつも凄いなぁと思います。でもそれは相手のことを考えているからだなと思います。ちらっと聞いたときに、当たり前ですが元気がないときもあるといわれていました。でも私から見て明るく見えるのは本人が意識しているからこそのことです。私自身はというと、自分のことでいっぱいになって相手のことを考えることが出来ていないです。お客様から見てそれぞれどう思うかというと一目瞭然です。だからこそ、参考にして自分もその人に近づけるようにしていきたい。

  • 名無しさん2019/10/19

    この前、台風の前日に食料を買いに

    ドラックストアへ買い物に行った時に、

    信じられないくらい長蛇の行列と時間帯は深夜23時

    それでもフルな笑顔で対応されていた店員さんに感動しました。

    自分も仕事をしていると自分の手に負えないくらい

    いっぱいになることもありますが、そういう時は

    店員さんを見習って、人に感動を与えれる人になりたいなと思いました。