経営

中小企業の羅針盤、人生も経営もやる気とやり方で決まる!

社員10数名の小さな会社と100名を超える様な中堅企業とでは、自ずと営業の仕方、管理方法、賞与、人事まで違ってくるのが当然です。弊社は小さな会社ならではの強みを活かした経営を模索。その実践ノウハウや迷い、悩みをありのままメルマガにて公開!メール質問も受付中

全て表示する >

「苦労」 - 人生にリハーサルはない!高橋純活動日誌 -

2019/10/15







「苦労」






若いうちは苦労を買ってでもしろ!
とは、昔の人がよく言ったものだ



だが、自ら苦労を買うから、
挑むから、身になるのであって



苦労から避けよう、逃げよう、
としての苦労は被害でしかない



同じ苦労を味わっても
被害にあった苦労は
大変そうに見えるだけで

誰も誉めてくれず
慰めをかうだけだ



もちろん、同じ苦労を体験しても
成長度合いはまるで違う


苦労が来た時に、


「どうせやるなら前向きにやろう!」


「どうせやるなら自らもう1つ拾ってやる」


と思えたら


君はリーダーであり、責任者であり、


ヒーローに成れる!


逃げられない苦労を、ため息ついて


「だって仕方ないだろう!?」


というのは、平凡で普通のことだ


しかし、どうせ、やるなら…


と笑顔で自ら掴みにいけば、
その苦労を乗り越えた時には
まるで違う世界が広がっていくだろう



どちらを選ぶか君の自由だ



だが、たまには
別の選択をしてみてはどうだろうか!?



違う選択のほうが可能性は広がり
違う景色が見える可能性があるのだから








規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-01-10  
最終発行日:  
発行周期:週4回程  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2019/11/17

    確かに、嫌々やる苦労はただ苦痛なだけです。やっている間も「どうやって最小限にとどめようか」という逃げの思考しか働かず、周りからは「嫌々やらされているな」という評価のみで、プラスαはありません。自分から進んでやれば、経験とスキルが身につき、周りからの評価も真逆です。

    「苦労をしたい」と思うことは難しいかと思います。苦労と取らず、スキルアップの機会、経験できる機会と受け取り、到達点と目標を定める癖をつけたいなと思います。

  • 名無しさん2019/11/04

    「苦労」に自ら挑もうとする人は成長されてると思います。逆に逃げてると、不満や愚痴が出てきたり被害者になったりしてしまうのかなと思いました。なぜならば自分がそうだからです。キラキラと輝いている人というのは目の前のことに「全力」で挑んでいる人です。こういう人はこの「苦労」に挑んでいるのと同じことではないかと思います。作業的になってしまってはただしているだけで意味をなさないし、全力で挑んでいる人が恰好いいと思います。自分自身もそういった人に近づいていけるように、被害者にならず、自分が責任者となって取り組んでいけるよう訓練していくと、また見える景色も違ってくるのかなと思ったので、そちらへ移行していけるようにしたいです。

  • 名無しさん2019/10/22

    大変なことを目の前にしたときに、前のめりに、前向きに取り組むことはできても、



    「自ら進んで」「もうひとつ苦労をしに行く」

    ことはとても簡単にはできることではないと思い、印象に残りました。



    簡単にできないからこそ、できたひとは成長し、自分を成長させている人でしょう。

    果たして自分はどうだろうか?

    と考えた時、

    自ら大変な思いを「もうひとつ」と言って取り掛かる勇気はまだ無かったなと感じました。



    前向きに取り掛かれる人が、このように、自主的にストイックに自らを試しているのでしょうし、自分もそうでなくてはいけないな、と思いました。

  • 名無しさん2019/10/21

    両親は、見ててわかるくらい苦労人だなと思う時があります。

    お人好しなのが、つけ込まれていろんな人に騙されたり、

    いいように使われたりしているのを見て、こんな風になりたくないな。。と

    思ったことも正直ありましたが、

    どんな嫌な依頼だったとしてもNOと言わずに、笑顔で受け取り

    苦労しながらこなしていった両親のことを今はものすごい尊敬してます。

    自分もお願いされると断れない性格は、かなり似ているので、

    不満を言わず、両親を見習ってコツコツ苦労や目の前の嫌なことと

    向き合っていこうと思いました。