経営

中小企業の羅針盤、人生も経営もやる気とやり方で決まる!

社員10数名の小さな会社と100名を超える様な中堅企業とでは、自ずと営業の仕方、管理方法、賞与、人事まで違ってくるのが当然です。弊社は小さな会社ならではの強みを活かした経営を模索。その実践ノウハウや迷い、悩みをありのままメルマガにて公開!メール質問も受付中

全て表示する >

「新入社員の役目」 - 人生にリハーサルはない!高橋純活動日誌 -

2019/10/07




「新入社員の役目」





4月に初々しく入社した新人社員も
半年を過ぎたあたりから
会社の問題点に気付いたり
ギャップを少なからず感じ
不満も出てくる頃でしょう。




だいたいどこでも
誰でもそんなものです。




もちろん今でも初心を忘れず、
採用されたことに感謝し、
良い人間関係を築く努力をしたり、
日々精進している人もいます。




さて、あなたはどちらでしょう?




社風は社長で決まりますが、
実は新入社員も社風に大きな影響を与えます。




例えば内閣をみて下さい。
新人の小泉議員が環境大臣に任命されて以後大きな話題となり、
世論をも動かしています。




もちろん、ベテラン社員でも社風に影響を少なからず与えることもありますが、大きな違いは新入社員には固定観念がないこと、素直で気持ちが澄んでいることです。
(ベテランが濁ってるわけではありませんよ^^)




新米教師がそうであるように、実力や経験はまだありませんが、やる気に満ちてエネルギーがあふれています。(普通はです)




新しい風を吹かせるのが、いつの時代も若者であり新人なのです。






規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-01-10  
最終発行日:  
発行周期:週4回程  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2019/12/16

    新入社員ですが、「〇〇さんが入ってくれて、新しい風が吹いてる」

    と言っていただくことがありました。



    転職するまえの会社では、「ああ、また人が増えたのか」くらいでしたが、

    そんなふうに思ってもらえるとは思わず、すごくありがたいなと感じました。



    新入社員の目線というのは、2年目以上の方からすれば新しい意見で、必要なものだと言ってもらえると、前向きな気持ちになります。

    自分ももうすぐ先輩になる立場であり、つぎに入ってくる人からいろんな刺激をもらうのだと思います。その時に、新入社員のころの気持ちを忘れずいようと思いました。

  • 名無しさん2019/11/25

    毎年毎年、新入社員さんに影響を受けて自分も周りの人も会社も変わっているのを感じます。

    新入社員さんが緊張しているのと同じように、先輩社員も全員緊張しています。「しっかりしないと幻滅されてしまう!」と。

    新入社員さんが入ってくるタイミングが、一年で一番会社が成長するときです。



    そして何か月か経つと、新入社員さんだけでなく先輩社員も勢いが落ち着いてきます。

    ここからがお互い本当の踏ん張りどころです。これまでの背伸び状態を通常状態で発揮できるようになれば成功です。

    自分は新入社員ではないので、できることは「目標にしたい」と思ってもらえるような先輩像を作っていくことだなと思います。

  • 名無しさん2019/10/26

    自分も毎年新入社員の方に影響されています。

    今年入ってきてくれた人は、素直で不満を言わずに前向きな人で

    自分も心が浄化されて、どれだけ忙しくても心おだやかで入れることが

    新入社員の方のおかげでできています。

    自分が新入社員の頃は、もっと素直にハイ!と行ったり、

    少しのことでもありがとうございます!と感謝していたと思います。

    濁ってはないはずですが、初心を思い出して環境に感謝していこうと感じました。

  • 名無しさん2019/10/17

    私の会社にも新入社員が入ってきました。新しい人がいるとその人の言葉に影響を受けることが多いです。それはここに書かれている「素直」というのがピッタリかもしれません。そんな新入社員を見ていると、自分の言動を振り返ってこれでいいのか?と疑問を感じたり、恥ずかしくない自分でいたい、という気持ちになります。何年か勤めていると愚痴不平不満、と言ったものが口から出てきてしまっているように思います。そうではなく、原点を振り返って自分が今こうしていることは出来るのは、社長を始め会社の人たちのおかげだということを忘れてはいけないと思いました。そのことを忘れず精進していきたいです。