経営

中小企業の羅針盤、人生も経営もやる気とやり方で決まる!

社員10数名の小さな会社と100名を超える様な中堅企業とでは、自ずと営業の仕方、管理方法、賞与、人事まで違ってくるのが当然です。弊社は小さな会社ならではの強みを活かした経営を模索。その実践ノウハウや迷い、悩みをありのままメルマガにて公開!メール質問も受付中

全て表示する >

「暴力」 -- 人生にリハーサルはない!高橋純活動日誌 --

2019/07/21





「暴力」





大人に叩かれたことがあるという子供の割合は、
1998年では
母親から79.5%
父親から69.8%
教師から18.9%

に対し

2017年では
母親から48.6%
父親から38.4%
教師から1.6%

に激減し暴力抑制の社会になった。




更に自分の話を両親が
よく聞いてくれると感じる割合は、

1997年は74.7%だったのに対し
2017年では82.0%まで向上!




この事自体は良いことのように思えるが、反比例して、
家庭内暴力で検挙された件数は、
2006年では約1400件だったのに対し、
年々増加傾向を続け、2015年では約2600件と急増している。




つまり暴力は外では抑制され、
中で爆発しているということだ。




子供に殺される親のニュースは
今後益々日常化するかも知れない。




そうならないためには何が必要か?




僕は子育てメルマガに10年以上前に書いているが、
子供の気持ちに沿った全肯定するような子育ては危険だ。




昔のように、学校の教師が子供を正すために叩けない以上、
親しか子供を正すことは出来ない。




もちろん暴力は絶対に良くない。
僕も子供の生涯で叩くのは1回切りと最初から決めている。
つまり、いざという時に叩けないのがいけないのだ。




叩かれたことがない子供は、
叩かれた痛みを分からず、
自分のわがままが何でも通ると勘違いする。




一見大人しく、親の言うことを聞くいい子供が、一流大学を出て、
その後の人生を狂わせるというような事件は他人事ではない。




事件が起きるその日まで
どの親もうちの子に限ってと思っているのだ。





規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-01-10  
最終発行日:  
発行周期:週4回程  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2019/07/29

    自分は、全く暴力とは無縁で生きてきたので、

    叩く?というのがピンとこないし、

    公共の場で子供に向かってブチ切れたり叩いている親をみると

    とても軽蔑してしまいます。

    いきなり結婚して暴力的になる旦那さんも嫌ですし、

    自分の子供が傷害事件に巻き込まれてしまうのも嫌です。

    ふわふわ生きていたので、ちゃんと家族との関わり方を勉強したいなと感じました。

  • 名無しさん2019/07/29

    昔は地域の人だったり学校の教師が子供を指導することも可能でしたが、

    何かと責任問題になったりするので今は他所の子に何かすることのリスクが大きいです。

    そういう風潮はいい面もありますが、

    確かに自分が痛みを知らなければ、他人がどう思うかわからないまま育ってしまいます。

    それは大人になってからも同じで、対人関係で上手くいかないときは、

    自分が相手の気持ちがわかっているかどうか考えないといけないなと思います。

  • 名無しさん2019/07/28

    教師が叩く割合がぐっと下がっているのをみると、

    親の世代がどんどん変わってきているのがわかります。



    若くで子供を産み育てる人が増えていると感じます。

    モンスターペアレントという人種も増えているだろうし、

    親以外で子供を教育するのは難しくなっているなか、

    その親が子育てを間違えると大変なことになるのだと、ゾッとします。



    自分の子がかわいいからと、甘やかしてばかりいると、

    中身が無自覚の子供のままで大人になってしまう。

    難しいところではありますが、

    厳しさの中にも愛がなければいけないのだと思いました。

  • 名無しさん2019/07/28

    すごい話だと思いました。ニュースで事件が起きたというのを見ると、見知らぬ人の犯行の時もありますが、身内の場合もあります。その時はあの子は普段は大人しくそんなことをする子には見えない、と言われていることが多い気がします。分析結果でもあがっているように、叩かれたという件数自体は減っているのに家庭内暴力で検挙された件数が増えてるのにはどこかに理由があるはずです。学校の先生もたたかれる時間になってきた今、親しか子供を正すことが出来ないという状況で気を付けることも出てくるのだと感じました。一度もたたかれたことのない人は痛みを知らずに成長するとあり、痛みを知りながら成長させることも必要なことなのだと思いました。難しい世の中になってきたのだと改めて感じました。

  • 名無しさん2019/07/27

    表向き叩かれることが減っているのにそれが内で爆発しているという結果だとどっちがいいのかも分からないと感じます。

    暴力だけならまだしも、子供が親を殺したりなど後戻りできない事件も起きてしまっているので抑制というのはある程度必要だと思いました。

    自分はどちらかというと叩かれて育った人間なのでわがままな部分はある程度抑えられているのだと思います。

    そういう面もあると、叩かれることを良いとも言えないですが、100%否定もできないなと感じました。