経営

中小企業の羅針盤、人生も経営もやる気とやり方で決まる!

社員10数名の小さな会社と100名を超える様な中堅企業とでは、自ずと営業の仕方、管理方法、賞与、人事まで違ってくるのが当然です。弊社は小さな会社ならではの強みを活かした経営を模索。その実践ノウハウや迷い、悩みをありのままメルマガにて公開!メール質問も受付中

全て表示する >

好き嫌いの多い子供にどう対応すればいいのか?

2016/04/10




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■ 好き嫌いの多い子供にどう対応すればいいのか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




日曜日は経営から少しだけ離れまして

子育てをテーマにお送りしています。





どんなダメな親でも

我が子が普通は可愛いわけで・・・


例えば、虐待するような親でも

仮に我が子が20年後、とんでもなく出世して

自分に恩返しをこれまたとんでもなくしてくれるとわかっていたら

大切に育てていくことでしょう。(笑)




しかし結果がわからない。

未来が見えないから、どうしたらいいか迷ったり

悩んだり、判断を誤ったり

良かれと思いしたことが裏目に出たりするのです。




このあたりは経営と同じではないでしょうか。




自営をしていて

儲からないことを望む社長は一人としていませんが

儲かるようなことをしていないなあ

と傍から見て思う社長はたくさんいます。

ようはどうすれば上手くいくかがわからない。

気づけないのが原因です。







意外かも知れませんが

実はうちの末っ子は超が付く駄々っ子です。

昔から読んでいる人はご存知かも知れませんが

それでも恐らく皆さんの想像を遥かに超えていると思います。


(ノ;;)ノ ダダッコォッ!!




とにかく思い通りにいかないと暴れます。




それに食べ物の好き嫌いが超激しく

食べれるものも限られます。

だから身体も細いし

背も低くクラスで前から3番目くらいです。




お子さんのお持ちの方にも

好き嫌いが激しくて

悩んでいる人もおられるのではないでしょうか?




今も昔も僕は子供が大人になり

好き嫌いがあるならば

それは親のせいだと思っています。




ではどのように対処しているかといいますと

実は殆ど何も対処していません。




その理由は好き嫌いが激しい子供に

嫌いな食べ物を強制すると

食事そのものが嫌いになる傾向があるからです。




だから極力楽しく食べてもらうのが一番だと考えています。




もちろん子供は誰でも幼い頃は

好き嫌いがあります。

それは本能的に苦いもの、色の濃いものは

体に毒だとプログラムされているからだと云われています。

だから説明して好き嫌いを失くす努力はしました。

3姉妹平等にです。




しかし何故か末っ子だけ思い通りには成りませんでした。




それをダメだと思い叱るのは良くないと考えています。




子供により運動が苦手だったり

記憶力が弱かったり

集中力がなかったり

と不得手な部分が必ずあります。




そこを突くのではなく、見守る心の広さが必要です。




そもそも好き嫌いを無くしたいのは

何故でしょうか??




強要するあまりに人間関係を壊してしまうようであれば

それはあなたが本来、望む結果とは違うはずです。




ただここ一番は違います。




以前、深夜まで勉強し寝落ちしている長女に対し

何度も非効率だと説き伏せて分からせたと

偉そうに言いましたが ↓  ↓

http://melma.com/backnumber_178418_6325044/



実はあの後なくなったのは一時的で

また元のモクアミに戻っちゃいました・・・




遅くまで起きていることで困るというより

こんなことをしていては、受かるものも受からない!!

と腹をくくり、




「今度あれば頭から水をぶっかけるぞ!!

それが不満で怒るようなら、〇〇に申し訳ないから

自分の頭にも水をぶっかける!

そうしたくないから、もう夜間の勉強は止めろ!」




と、本気で言いました。




日ごろ、僕は何があっても

一切叱りませんので本気だと伝わったはずですが

それでも子供は油断成りません。




再度、日を置いて忘れてないかと釘を刺しました。




当時はまだ2月で冬の真っ盛り・・・




どうにかこうにかそれ以降

今のところ帰ると寝てくれています。


(一度洗面器に水をたっぷり入れて
近づく雰囲気で起きたことがありましたが・・・)




末っ子の日夜の暴君も好き嫌いも

長女の深夜の寝落ちも

どちらの対応も最終的な未来がどうなるか?

仮説を立てて、どうすればいいか手を打っています。




それも本人の性格を考慮することが重要です。




本に書いてあることを、そのまま取り入れても

上手くいかないのは経営と同じです。




だからこそ

最も我が子のことを誰よりも考えている

あなたの愛情ある判断が重要なのです。












追伸・・・

日曜日にゆっくり寝ていたら早朝から

三女がうるさく起こされちゃいました。。

いつものことでしたが、度が過ぎるので見かねて


「次あったら反対に起こしてやる! 」


と暴言を吐いたら、三女が、


自分はパパに似たんだぁ・・・ (゜O゜;)


と夜、妻にぼやいてました・・・(汗)










★このメルマガの感想を是非お送り下さい。
どなたからでも楽しみにお待ちしています(^ー^)ノ
daihyou@en-job.com




規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-01-10  
最終発行日:  
発行周期:週4回程  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2018/07/11

    子供の好き嫌いというと、食べなさいと言うだけで無理やり食べさせる人はいないなと思います。

    それは、そこでの言い合いになってもただ雰囲気が悪くなるだけであって食事を一緒にとるのが嫌と思われてしまうからだと思いました。



    でも、なぜそれを食べなければいけないのか、好き嫌いしたらいけないのか、一言説明があると反発するのではなく、意見を聞いてくれるのかなとも思いました。



    本気で伝える度合いによっても、相手が受け取る重さも変わって来るので内容によって本気度合いも変える必要があるのかなと感じました。

  • 名無しさん2017/05/25

    私も小さいころは好き嫌いがありましたが今はほとんどありません。両親に強制されたこともないですがだんだんと食べられるようになりました。



    見守ると言う点では、勉強のことを思い出しました。中学の時は勉強しろとも何も言われなかったけれど自主的にやっていたし、成績も良かった。ですが高校に入って勉強しなくなってからは母がしなさいと言うようになり、反発で余計しなくなり…。



    自分に子どもができたらどのように育てようかと考えますが、言わずに全くやらないんだったらある程度の囁きは必要だとは思いますが…。子育てって難しいんだなと思います。その子に合った方法を考えなくてはいけませんね。

  • 名無しさん2017/01/26

    好き嫌いは自分も放置して、嫌いなものを楽しそうなイメージにする努力はしています。

    昔を思い返すと嫌いなものを無理やりされて恐怖すら覚えるなんてことがあったので、それは子供にしたくないので、そのようにしています。

    何事もイメージって大事だと思います。

    世の中が楽しいイメージで育ってくれればいいかなって思っています^^

  • 名無しさん2016/06/30

    私も好き嫌いの多い子供だったので、お子さんの姿に思い重ねていました。

    今では好き嫌いは人並みになりましたが、親の躾けで直った自覚はあまりなく、

    「好き嫌いが多いと恥ずかしい」「食べられるものが少なくて困る」といった気持ちから、自分で克服していきました。

    お子さんもきっと好き嫌いのせいでご家庭や学校で多少悔しい経験をされてると思うので、

    悔しいと思った自分の弱点を克服する経験を積めば、自然と好き嫌いも直るのかもって思いました。

  • 名無しさん2016/06/07

    私も昔は好き嫌いの激しい子供でした。

    今は好き嫌いはありませんが、いつ無くなったかというと、大人になってからです。

    子供のころは、肉や野菜を作った人、それを料理した人のことをあまり考えていなかったのではないかと思っています。



    子供に大人の理屈は通じません。

    自分で気付くまで見守って、それでも大変そうなら手を差しのべてあげるのが親の役割かな、と思います。

  • 名無しさん2016/04/20

    強要をするのではなく、見守ることが大切。

    勉強になります。その人のためと思ってしたことが逆効果になっている

    可能性もあったのだなぁと思いました。私も子供が出来た時、子供に強要

    してさらに嫌いにならないようにしていきたいです。自分が子供すぎて

    見守ることが出来ないことが多いので、見守る心の広さを持つコツがあ

    ればぜひ教えて欲しいです。

  • 名無しさん2016/04/12

    自分におきかえて考えてしまいますが、

    学生時代、頭が悪くて、成績が下から1〜2位を争っている期間も

    多くありましたが、そのことに対して否定された記憶がないです。

    成績は悪かったけど、部活に対して一生懸命だったり、

    趣味や自分の特技に対してすごく褒めてくれてたのを覚えてます。

    それが良い悪いは、わかりませんが、子供時代の記憶が幸せな記憶しかないです。

    本当だったら、自分の娘が最下位だったら、気が気じゃないでしょうが、

    そこを抑えて、見守ってくれてたのってすごいなって思いました。

  • 名無しさん2016/04/12

    子供1人1人、同じように育てたつもりであったとしても

    育ち方はそれぞれで全然代わってくるのですね。

    長女と三女の違いが特徴ありすぎて面白いです。

    私には子供はいないので子育ての苦労は判りませんが、

    好き嫌いにはあまりうるさく言わないでおこうと思いました。

  • 名無しさん2016/04/12

    私はあまり親にぐちぐちと言われず育ってきました。

    やりたいことはやらせてもらってたと思う。

    逆にこういうことを身につけさせてもらえていたらなと思うこともある。

    どれが正解だったなんて親の方が先に死ぬのだからわからないものです。

    自分の意思を持ったその時からある程度は見守ってあげてほしいです。

  • 名無しさん2016/04/11

    最近ではアレルギーの問題もあるので、

    学校などでも好き嫌いのことを強く言えなくなっています。

    あえて好き嫌いを直すというよりも、

    触れてはいけないところは触れないような世の中。

    なんかおかしいですよね。。。

    好き嫌いよりも食材への感謝とかが大事なのであって、

    なんでも食べるのを教えるのが目的ではないはず。

  • 名無しさん2016/04/11

    我が家の三男も幼稚園の時に好き嫌いが多く

    個人懇談があるたび、先生から結構言われました。

    でも嫌いなものを強制して食べるほど辛い事はないと

    子供の頃、好き嫌いが物凄く多かった私が体験したから、

    そんなのたいしたことないと思って接していました。

    おかげで今は結構何でも食べてくれます。

    なんでも強制的っていうのは絶対に良くないですね。

    勉強も運動もそう。

    楽しいとか本人が思えると、嫌いな事・苦手なことでも

    自然に好きになっていくのかなって思います。

  • 名無しさん2016/04/11

    私も好き嫌いが激しいです。

    幼児期に、食べないと怖いおじさんが大きい袋を持ってきて連れて行っちゃうぞ。食べないと鬼が来るぞ。そう脅されて、嫌々食べた記憶があります。

    時には無理して食べて餌付いたこともあります。

    そして、大人になった今。

    脅されなかった食材。当時はハイカラだった食材のアスパラやブロッコリー、高くて中々買えなかったお肉や鮭は、成長してから挑戦してみて、おいしさを理解できて食べられるようになりました。

    しかし、脅されて泣きながら食べた大根、かぶ、漬物、人参、ししゃも、イワシなどは、大人になってもおいしいと感じません。

    きっと幼児の頃の嫌な感情が直結しているのだと思います。

    子育てをしていますがそんなことも最近忘れていました。

    初心に帰り「楽しく食べること」を思い出して子育てします。

  • 名無しさん2016/04/10

    苦手なことを克服するのは、大事なことですが、それがあまり有効なことではない場合は、そこに重点をおく必要は、ないんですね。

    どうしても必要な場合は、親がちゃんと説明をして、理解させて

    いかないといけないんですね。

    好き嫌いにそんなに神経質にならなくてもいいのかもしれないですね。