経営

中小企業の羅針盤、人生も経営もやる気とやり方で決まる!

社員10数名の小さな会社と100名を超える様な中堅企業とでは、自ずと営業の仕方、管理方法、賞与、人事まで違ってくるのが当然です。弊社は小さな会社ならではの強みを活かした経営を模索。その実践ノウハウや迷い、悩みをありのままメルマガにて公開!メール質問も受付中

全て表示する >

小さい会社はなぜ離職率が高く、利益が出ないのか?

2015/11/19



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■ 小さい会社はなぜ離職率が高く、利益が出ないのか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





小さい会社が儲からず、利益がでないのは、
一言でいえばビジネスモデルではなく、
社長の性格、考え方にあります。



そもそも会社勤務時代に優秀で礼儀正しく、
規律を守るようなタイプは起業などしません。


だからこそ他の人がやらないことをし、
思いつかないアイディアを出し、
人を魅了するなにかがあるのかも知れません。


しかし、いかんせん、1人の力はたかが知れてます。
意外に起業してから継続していけるのは、
1人、もしくは2人でという小規模の個人事業です。


そのくらいの気心が知れたメンツで
運営している分にはいいのですが、
少し才覚がありますと1人、
また1人と社員が増えていきます。


だいたい5人を越えて来ますと
今度は今までと違ったマネージメント能力が
必要となっていきます。




まあ、今日はそんな小難しい話は無しにしまして
もっとシンプルに単純な話をしましょう。o/)~~




大企業とまではいわなくても、
小さな会社、
いいえ、ズバリあなたの会社が
離職率が高く、利益が出ない原因は、

いろいろ細かいことがあるでしょうが、
大きくまとめますと儲かっている会社なら
どこでもやっていることをやっていないことにあります。



もう少し掘り下げますと、
同じ社員数、同じ業種でも、儲かっている会社、
離職率の低い会社があります。


その差はいい会社がやっていること、
それも当たり前のことをやっていない!
ここに尽きるのです。



具体的には夫婦2人で営んでいた時には、
やる必要もなく、見過ごして来たことを、
社員が増えてもやっていない。

会社組織運営としてちゃんとしていない。
だから離職率が高く、儲からないということです。




例えば、それが朝礼であったり、
ミーティングであったり、
会議や食事会などのイベント行事、
方針やルールの説明、
日報、月報、掃除や整理整頓を全員で行うことなど、
ちょっと考えれば、
あなたが前職で行っていたことをやっていない。。


それもごくごく普通の会社ならば当然のことを
していない。そんなことがチラホラあるはずです。


ひどくなると、挨拶すら、いい加減に流しています。


挨拶は、
どのような挨拶でもいいというわけではありません。


対お客様に対してどうあるべきか?

どのような挨拶をすればみんなが動機付けされるか?

気持ちのいい挨拶とはどんな挨拶か?

一流の会社なら、どんな挨拶をしているだろうか?



少しだけ考えて意見を出し合ってもらうだけでも、
まるで空気が違って来ます。



これらは社長の価値観がかなり影響していきますが、
やり方、仕組みでいくらでもリカバーが可能です。








先日、休日出勤のため
社内勤務がたった2名の社員しかいない日がありました。


特に僕から何も命じてませんし、
そんなルールもありませんが、
何と2人で朝礼を行ったことを後日日報で知りました。


たった2人でいつもどおりの朝礼をする!

それも自主的にですよ!

何か、すごくないですか!?


僕はもうめっきり感動しました。


そして何が大事かを気づかされました。



小さな会社の社員はそれぞれ癖があり強い傾向があります。
同じ事を何度もいわなくてはいけませんし、
同じミスを連発します。


反抗したかと思えば、非常に脆く傷つき易く、
ちょっとしたことで自信をなくしたり落ち込みます。


その度に叱咤したり激励したり、面談をしたり、
周りをモチベートして励ましてもらったり、
誉めても届かず、指導してもすぐ忘れる・・・


自分の分身とは程遠く、時には嫌になることもあります。





それは弊社でも同じことです。





忙しくなると元気がなくなり、
楽しいイベントの時は満面の笑顔だったり、
思い切って予算をボーナスを支給しても、
その額にあう成果は見られないなど悩みや問題は
決して尽きることはありません。



毎日、毎日、元気に振る舞い、
みんなをモチベートしていますと、
時には社長として心が折れそうな日もあります。



それでも当たり前のことを当たり前にやっていくこと。
奇をてらうのではなく、業績の良い会社ならば、
どこでもやっていることを、自社に落とし込み、
淡々と日々継続し、深めていくのです。



新しいビジネスモデルや新規事業、新製品開発など
新たな試みも当然ながら業績には影響しますが、
それ以上に根っこをしっかりつくっていかなければ、
脆く壊れやすい組織にしかなりません。




新情報を求める以前に、普通のことを、
普通以上に行うこと。




これこそが離職率を下げ、利益率を上げていくのです。











★このメルマガの感想を是非お送り下さい。
どなたからでも楽しみにお待ちしています(^ー^)ノ
daihyou@en-job.com



規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-01-10  
最終発行日:  
発行周期:週4回程  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2018/08/10

    上手くいかないことの原因は意外と小さなとこにあるのだと思いました。

    また、当たり前のことを当たり前に行うことが団体になるほど難しく大きな失敗の要因にもなってしまうのだなと感じました。

    当たり前のことは、当たり前と思っているから、手を抜きがちにもなると思います。

    それでも、手を抜かずに行っていく事に大きな意味があるのだと思いました。

  • 名無しさん2017/10/30

    基本的なことかもしれませんが、当たり前のことをちゃんとやり続けることが、

    大事なんだなと思いました。挨拶ひとつにしても基準は、それぞれ違うかも知れませんが、

    会社で決めたような挨拶を毎朝する。朝礼や会議など、いつもどおり続けていくことで、

    自分の身になっていって、自然とできるようになっていくんだと思います。

    こういった意識の差が、仕事の姿勢となり、利益にもかわっていくんだと思います。

  • 名無しさん2017/03/08

    当たり前のことをやってるつもりの人が多く、やっていると答える人は多そうに思えます。

    そういう主観的にしか見えれずに、当たり前がドンドン遠く離れて行ってしまい、非日常が当たり前になっていく。

    そんな感じなのでしょうか?そういう負のループにハマるとどうしようもなくなるなってと共に、そういった落とし穴があることをしっかりと認識して、日々精進しないといけないなって感じます。

    当たり前のことをやってスタートラインという意識で日々頑張りたいと思います。

  • 名無しさん2016/11/08

    素晴らしい社員さんですね。

    やる気が高い社員さんを求めても、自分の思う通りのやる気になってくれない。

    朝礼でやる気が出たらいいんですけどね。

    って言うところが自分の本音ですが、朝礼に問題があると思ったらきっとダメなんですよね。

    わが社の朝礼に問題があると思って改善しないといけないのですよね。

    講演の高橋先生を思い浮かべたら、きっとそんなことを言われるような気がしました。

  • 名無しさん2016/09/03

    社員は自分じゃないので、思い通りに動かすことなんて難しいです。

    まず、思い通りに動いているかどうかすらちゃんとわからないといけないですし、

    皆が進む方を間違えていないか、見張るのも相当大変です。

    なので、やはり報連相を徹底している職場は、

    社長がなるべく思い通りに会社を動かせるのだと思います。

  • 名無しさん2016/08/12

    「継続は力なり」ですね。

    新しいことを導入すると様々な面で負担になってきますが、それを継続して当たり前にしてしまえば、

    忙しい最中であっても社員は負担に思わなくなります。

    そしてやはり、当たり前の基準が高い企業は新入社員など外から来た人にとってとても良く映ります。

    さらには、企業単位でなく個人にもこういったことを落とし込めると良いでしょうね。

  • 名無しさん2016/05/03

    社長の決断は会社の行く末を大きく左右します。

    でも社員に判断を任せ、責任を持たない社長よりも、自分の意思を持って動ける社長の方がいいです。

    その面では会社が儲からないのは社長のせいと言えるのはいいと思います。

    何回か転職をして、いろんな会社を見ると違う面は出てきます。

    普通のことを普通以上にする。大事なことだと思います。

  • 名無しさん2015/11/23

    まずは、普通のことをやり続けることだと思いました。

    基本的なことを継続していくこと、挨拶にしても何も注意されないと

    レベルも上がらない。

    ひとつひとつ当たり前のことを当たり前にやっていくことで、

    仕事の質もだんだんとあがっていくことにつながっていくと思います。

  • 名無しさん2015/11/22

    会社の土台となる根っこの部分をしっかりしないと、

    一時期は延びたとしても業績が悪化したときに脆かったり

    チームワークが乱れてしまうような会社になってしまうと思います。

    そういった会社は黒字を継続していくようなことは出来ないと思いますし、

    自ずと離職率も高くなってしまうのではないかと思いました。

  • 名無しさん2015/11/21

    人は仕組みがなければなかなか動きません。

    動きたくないと思っているわけではないが、自分で決めて行動を起こせるような人はそれほどいません。

    新しい行動をするときは大きな量力が要りますが、決まっていることをするには

    それほど労力はかかりません。

    放っておいて稼動しないような良い習慣こそ、きっちりと決めておくことが必要ですね。

  • 名無しさん2015/11/21

    何事も基本が大事ということですね。例えどんなに仕事が出来る人だったと

    しても挨拶をしなかったりしたら社内の雰囲気は悪くなります。お互いにモ

    チベーションアップしていけるような環境が大切だと感じました。新しいも

    のを取り入れたりというのも大切ですが、普通のことができている人という

    のは意外にいないように思います。基本を大切にしていかないといけないです。

  • 名無しさん2015/11/20

    本当に基礎となる土台がしっかりしていないところに、いくら奇を狙った策を考えても、それを受け止めることができません。

    まずは今の状況をよく見ると、本当に現状に必要なことが見えてきます。

    新しいことを追うこともひとつではありますが、まずは会社の土台づくりに力をいれていかねばいけませんね。

  • 名無しさん2015/11/20

    監視していなくても、きっちり回る会社は素敵だなと思います。

    指示、命令だけで、自分の動機がないとやらされている感で

    不満が自分勝手につのってしまうこともあるのかもしれないです。

    それは、誰かのせいじゃなくて自分のせいだと気づかないといけないです。

  • 名無しさん2015/11/19

    目新しいものではなく地盤や基礎という当たり前のことを

    出来ていない状況下では利益も出ないし離職率も高いですよね。

    普通の事をまずはやって及第点でしょうが、

    及第点を取れてから新しい事を取 り入れて、

    改善していくことが重要ですね。

  • 名無しさん2015/11/19

    社長が不在でも安心して任せられる状態は本当に理想です。

    指示がなくても、やるべきことをちゃんと出来るって本当に嬉しい事ですね。

    当たり前のことを当たり前にやっていくことって大事なんだと感じました。

  • 名無しさん2015/11/19

    自発的にやってもやらなくてもいいことができるって素晴らしいですね。

    個人個人の意識レベルが高くないとできないことだと思います。

    それができるというのも、日常的にモチベートを上げる工夫を社内で施されていたりと何らかの仕掛けを作っているのだと思います。

    だって、放っておいて自発的にエネルギーを使うことをするってそうそうないと思います。

    素晴らしい社風ですね。