経営

中小企業の羅針盤、人生も経営もやる気とやり方で決まる!

社員10数名の小さな会社と100名を超える様な中堅企業とでは、自ずと営業の仕方、管理方法、賞与、人事まで違ってくるのが当然です。弊社は小さな会社ならではの強みを活かした経営を模索。その実践ノウハウや迷い、悩みをありのままメルマガにて公開!メール質問も受付中

全て表示する >

よくある子育ての間違い  その二

2015/02/08



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■  よくある子育ての間違い  その二
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━







毎週日曜日は経営から少しだけ離れまして

子育てをテーマにお送りしています。





1月25日号のつづきです。

http://melma.com/backnumber_178418_6155975/





どこの親でも自分の子供を優秀に育てたい!

優しいいい子になって欲しい!

幸せになって欲しい!

そう願っています。




少々常識を外れた親ですら、

親である以上、同じようなものです。




そんなことない!

うちの親は・・・

と思われる方も、もしかしたらいるかも知れませんが、

それはちょうど、世の中の社長が社員を幸せにしたい!

と思っているようには見えないのと同じようなものです。




社員からみれば、

うちの社長はそんなこと考えるはずがない!

そう思うでしょう(笑)

まあ、そんなもんです。




でも人を不幸にしたくて会社を経営している。

という人はそうそういないように、案外社員のことを考えているものです。




では、親は何故自分の子供をよりよくしたいと思いながら、

そうできないのか?

といいますと、一番の原因は自分が子供の頃、思ったこと、

考えたことをすっかり忘れてしまうからです。




あなたが子供の頃、親に何といわれ傷ついたのか?


どういう態度を親にされて嫌だったのか?


すっかり忘れてしまい、その嫌だったことをやっていませんか?




代表的な例が、

勉強しろ!!

勉強しなさい!!




自分が子供の頃、そういわれて机に向かい、

部屋に閉じこもり、何を、どんな気持ちでしていたのか?

その結果、自分の人生にどう反映されたのか?

思い出して考えることもないでしょう。




勉強は出来ないより出来たほうが人生をより有意義に、

自由にすることが出来ます。

子供の幸せを考えると誰だって強制してでもやらせたいのが親心です。

しかしその気持ちが子供に伝わり、

やる気になるなどの効果が表れているかどうかということです。




人間不思議なもので、嫌なことをされると、

それを他の誰かに行い、復讐を果たす習性があります。

虐待を受けて育った人が虐待を繰り返してしまうのは有名な話ですが、

何気ないしぐさや口癖、接し方もその傾向が色濃く表れます。




まだ幼いのにしっかりと挨拶をし、

大人をびっくりさせる子供をたまに見かけますが、

あの躾のこそ、その最たる事例です。




普通は子供は知らない大人を警戒します。

人見知りこそ自然の本能です。

特に女の子ならば、他人を警戒しないのは危険です。




では、しっかりした挨拶はいったい誰のためでしょうか?

僕にはペット化しているようにしか見えません。

犬や猫が人前で芸をすれば、飼い主は鼻高々です。




挨拶ができない子よりいい!

そう思うでしょう。

そのとおりです。




しかし強制してするように訓練するより、

親が手本となり、自然にだんだんとそうなっていくほうが、

有意義であり、ホンモノです。

大人になって仕込まれた挨拶など、それほど価値があるとは思えません。

天才子役が必ずしも、優れた役者にならないのと同じことだと思います。







さあ、話したいことは尽きませんが、今日はこの辺で・・・(^0^)






★このメルマガの感想を是非お送り下さい。
どなたからでも楽しみにお待ちしています(^ー^)ノ
daihyou@en-job.com


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-01-10  
最終発行日:  
発行周期:週4回程  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2019/05/16

    親としてやってほしい事があってもそれを伝え方次第で嫌になってしまって反抗心もありやってくれなくなるのだなと思いました。

    自分が言われて嫌な言い方をして、相手もいいと思うはずがないなと思いました。

    それが正しいことであっても言い方次第で良くも悪くも変わってしまうのだなと思います。

    それはもちろん子育て意外でも言えることであり、社内やプライベートでの人間関係、全てに言えることだと思います。

  • 名無しさん2017/08/30

    自分の子供には自分が子供のころ嫌な思いをしたことはさせたくないなーと振り返りながら教育をしてますが、ついつい端々で同じことをしている時があります。

    その時はかなりへこみます。子供のころ傷ついたことやされたくないことを思い出して、相手にしていることを認識すると子供にもこんなことしてしまうのか。。。と猛省します。

    ただこの猛省が良いんだろうと思います。自分は子供のころ、おしゃべりをやめろといわれましたが、そうはさせないように子供にはしています。反動で今は凄くおしゃべりな息子がいますが・・・。

    ですが、出来ていると思うのではなく、忘れる可能性は自分にも重々あるので、しっかりと足元見ながら共に生きていきたいです。

  • 名無しさん2016/02/22

    子供が育つにつれ挨拶を意識するようになってきました。



    今まで挨拶の意識もなかったし、挨拶を指導されてもどこか抵抗感があるため、全く身につきませんでした。



    でも、子供がいるとそんな自分の殻を破れました。



    スイミングなどに行っても、デカイ声で挨拶をするから目立ってると思うし、スタッフの方にも覚えられてしまいました。



    でも、子供の前でそういう見本を見せるのは本当に大切だと思います。



    子供にどんな背中を見せるのか。



    考えている親とそうでない親とでは子供の将来に差が出るのではないでしょうか?

  • 名無しさん2015/05/10

    私は、今まで親に強制されたことがないです。

    基本、習い事にしろ自分からやりたいと言ったことをしていました。

    今の両親には本当に感謝です。

    自分が優秀かどうかは、わかりませんが、間違った人間にならなかったのは、両親のおかげです。

    人の価値観は、それぞれ。機械のように完璧に育った我が子を可愛いと思う人もいます。

    私は、自分の両親がしてくれたみたいに人に接していきます。

  • 名無しさん2015/04/23

    私も親に勉強のことをうるさく言われました。本当にいやで、勉強をすることで自分のためになったことが思い浮かびません。それより、専門分野で自分の興味がわいたものに対しては自ら勉強しました。その経験から、自分から進んで勉強しないと伸びないということがわかりました。やらされているのでは全く伸びません。まずは親として興味を持つものを探せるようにいろいろな体験を子供に経験させてあげる親になります。

  • 名無しさん2015/02/16

    私が子供だったころされて嫌だったこと・・・あまりないと思います。

    覚えてないだけなのかもしれませんが。

    でも時々、親と同じこと言ってるなーって思うことってあります。

    毎日呪文のように、誰かに会ったら挨拶しなよーって言われて送り出されてたので私も子供に言ってしまってます。

    私も子供が一緒のときは特に挨拶は意識してるつもりですが・・。

    強制したらいけないけど、練習しないで急にできるものでもないと思っています。



    長男が人見知りであまり挨拶できずに小学校になったんですが、人見知りという性格がわかってたのでそこまで強くは言いませんでした。

    小学校になって、学校で言ってるとは聞きますが、近所の人や知らない人にはおそらく言ってないと思います。

    急に挨拶を・・って言っても無理だし、やっぱり練習するべきかと思い下の子には保育所に入る前に大きい声で挨拶しようねって言ってできたらすぐ褒める。

    寝る前に1日で嬉しかったことを言い合ってますが、その時にも褒める。

    それを続けていたら言わなくても言うようになってきました。

    これが強制といえば強制かもしれないけど、自分が挨拶で苦労したから、小さいうちからちゃんと言う練習も大切なんじゃないかなーって思いました。

    言う→褒められる。で成功体験となって、挨拶はいいこと。当たり前のこと。って感じてくれるといいなと私は思います。

  • 名無しさん2015/02/11

    子供を見ていると思いますが、好きなことに対しては目をキラキラと

    輝かせて活き活きとしていると思います。強要してさせたことがあった

    とすると、そうはならないです。自分がしたいと思ってることを取り組む

    方がより子供自身に身につくことが多いのだろうと思います。長所を

    伸ばしていけるように、「〜しなさい」というのではなく、自分が昔親

    に言われて嫌だったことをしないようにしないといけないですね。

    子供と接するときは子供の立場になって、自分が子供の頃はどうだったか

    思い出しながら接していくようにしたいです。

  • 名無しさん2015/02/10

    ああ〜〜〜わかるわかる!!と頷きながら読んでしまいました。

    自分も確かに、「大人になったら子供の今の気持ちは忘れてしまうだろうから、絶対にこの気持ちは忘れないようにしよう!」と思ったことがいくつかあります。

    気持ちは忘れても、「こういうときはこう言われたくない」「こういうときはこう言ってあげよう」とか、色々決めてあることがあります。

    そして、子供は自分とは違うもの。違う性格で違う才能と考え方を持つ子。

    自分の常識を強制するのではなく、見本を見せ、子供自身に選び取らせるようにしたいと、私も思っています。

  • 名無しさん2015/02/10

    子供の幸せを考えると誰だって強制してでもやらせたいのが親心です。

    しかしその気持ちが子供に伝わり、

    やる気になるなどの効果が表れているかどうかということです。

    ・・・・・・・・・

    次男の4歳半の息子ですが、言葉が遅くとても両親が心配していました。

    実は両親ともに口数が少なく家庭での会話が不足していたのかもしれません。

    しかし、焦らず寄り添って育て続けた結果、幼稚園に通うようになってからはかなり話ができるようになりました。

    本が好きで私のプレゼントした図鑑を熱心に読んでいます。強制は良い結果をもたらしませんね。

    私の事ですが、74歳になって英会話を勉強しはじめました。3ヶ月になりますが、興味があるので少しずつ米軍放送も聞き取れるようになりました。子供と同じでしょうか(笑)、



  • 名無しさん2015/02/10

    自分が親の立場になると、

    自分が子供のころにされてイヤだったこととかを

    いつの間にか忘れてしまい、同じ事をしてしまっている事は

    少なからずあるものだと思いました。

    そこを本当に子供のことを考えて、子供もそれを理解して、努力してくれる事が理想だなと感じます。

  • 名無しさん2015/02/10

    子は肌で感じたり、目や耳で受け取ったことから学ぶことが多いのかなって思いました。

    させること・・従わせることは簡単ですが、ただ出来たところで意味がなく地盤になっていかないですよね。

    でも、子供が自然と吸収して得たことは色んなところで発揮される。

    親は子にあって欲しい姿で在らなければいけないし、親こそ成長を意識し続けないといけないのだなーって思いました。

    親の背中をみて子は育つということですね。

  • 名無しさん2015/02/09

    挨拶できるように躾をするのはいいことだと思ってましたが、ペットの例をあげられてドキリとしました。

    例えよいことであっても、強制してはダメですね。。。

    自分が子供のお手本となるべく、清く正しく美しく♪

    子供は親を見ていることを念頭において行動せねばいけませんね。

  • 名無しさん2015/02/08

    親になるとそんなつもりや考えはなかっても、無意識にどこかで、

    自分の子供のころのようなことを自分の子供にもしてしまっているものなのかなと思いました。

    自分が子供のころにいやだったことをませないと思っていても

    同じようになぜかませてしまっているんだなと思いました。