経営

中小企業の羅針盤、人生も経営もやる気とやり方で決まる!

社員10数名の小さな会社と100名を超える様な中堅企業とでは、自ずと営業の仕方、管理方法、賞与、人事まで違ってくるのが当然です。弊社は小さな会社ならではの強みを活かした経営を模索。その実践ノウハウや迷い、悩みをありのままメルマガにて公開!メール質問も受付中

全て表示する >

中学生の勉強

2013/09/22

 
 
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■  中学生の勉強
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 
 
 
 
 
毎週日曜日は経営から少しだけ離れまして
 
子育てに関するメルマガを発行しています。
 
 
 
 
 
うちの3姉妹も長女は早いもので、
 
現在中学3年生。
 
既に身長は妻よりも高くなり、僕は、
 
「体重だけは親のメンツにかけて、追い越されるなよ!”」
 
と妻に激を飛ばしています。。
 
 
 
 
 
 
長女が中学生になって、僕が注意したことといえば、
 
早く寝ろ!
 
これくらいでしょうか。
 
 
 
 
よく勉強しろ!
 
勉強しなさい!
 
と親がうるさく言われるケースがありますが、
 
宿題はやいやい言う必要はあっても、それ以上の勉強は、
 
いくら言ってもその効果は最終的には無いに等しく、
 
未だかって、親にうるさく勉強しろと言われたから、
 
成績が急激に上がり、そのお陰で大学に進学出来て、
 
社会でも成功できた!
 
という話を聞いたことがありません。
 
 
 
 
せいぜいテストが10点か20点上がったという、
 
一時的な効果でしかないでしょう。
 
親がやいやいうるさく言ってくれたお陰で、
 
成功するというケースは、
 
世の中ではまず無いのではないでしょうか。
 
 
 
 
少なくとも起業家ではまずあり得ません。
 
仕事しろ、仕事しろ、と言われて、
 
時間だけは長く働いたとしても、
 
意思やアイディア、工夫の仕方のほうが、
 
遥かに重要だからです。
 
 
 
 
テストが少し良くなる程度で・・・
 
と言いますと、教育熱心な親ならば、
 
そこが大事なんだ!
 
と反論されそうですが、付け加えますと、
 
中学生になり、勉強しなさい!
 
を連発しなければやらないお子さんならば、
 
学業だけでいえば、もはや見込みはありません。
 
別の道で成果を出されたほうがいいのではないでしょうか。
 
 
 
 
世の中勉強が出来たから成功するわけでもなく、
 
いい大学に行けたから、仕事でも成功できるという方式は、
 
もはや成り立っていません。
 
 
 
 
勉強もいいですが、中学生には中学生の時にしか、
 
体験出来ないことが沢山あります。
 
そういう体験をたくさん出来るように、
 
親が一言アドバイスをする!
 
そんな教育こそが、
 
勉強しろ!
 
勉強しなさい!
 
と子供のケツを叩くより、
 
何倍も将来の可能性を広げていくのだと思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 
○○ちゃんの学校祭が終わりました。

中学3年で団別の1部門のリーダーとなり、
どうやったら成功するのか、
やり方を毎日考えていました。

各商品の仕入れと売り値のバランスについては
上手く考えていて、
さすが経営者の子供なのかなぁと思いましたが、
ギリギリ5日前になってから、
アイスクリームの冷凍ボックスを確保してないだの
ペットボトルの入れ物と氷はどうするのか、
と問題が山積みでした。

そして、問題点を近しい友達にすら
相談していないことがわかったので、
翌日にホームルームで
クラス全体に聞いてみなさいと助言しました。

前夜には、テーブルクロスが必要だといって、
ハギレをミシン掛けしていたし、当日朝には、
おつり用の小銭がいるといって慌てていました。

女子には細かい仕事を任せられるけど、
男子には力仕事以外
何をしてもらったらいいかわからない、
と言ったこともありました。
上手く人を活用できていないと感じました。

毎日、学校で作業した後に、
帰ってからも宿題、また学祭準備、と忙しく
床で寝てしまったことも何回もありました。
それでも、みんなでひとつのことに取り組むのが
楽しいと言っていました。

残念ながら○○ちゃんの部門は
良い順位が取れなかったようですが、
リーダーとして人をまとめることの楽しさや難しさ、
計画の大切さや、集団が同じ方向を向いて
やり切った達成感のようなものを感じて
また少し成長できたと思います。

順位が悪かったことは
本人もいろいろ思うことがあったようです。

このような体験の積み重ねで子供は成長していき、
いつか素晴らしい大人になれるのでしょう。

今のうちに、いっぱい失敗体験も
成功体験もしてほしいと思いました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 











■高橋への直接のご質問・ご相談・メッセージはこちら
メールでのご質問は何回でも無料でさせて頂きます。
daihyou@en-job.com




規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-01-10  
最終発行日:  
発行周期:週4回程  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2018/02/14

    【感想】

    部活動だったり学園祭だったり、思い返せば社会人になったら出来ない経験だと思うので、

    やりたい時に全力でしてもらうのが一番いいなと思いました。

    勉強をするのも一つのトレーニングとして重要ですが、

    最終的に自発的にできるようにならないと、

    イヤイヤやらせても意味ないなと思いました。

  • 名無しさん2014/09/24

    勉強も大事ですが、それよりも周囲の人や友達と仲良くする。

    中学生には部活などで小学生にはない上下関係を学ぶ。

    そんな人間関係が築けるようであればいいな〜と思います。

  • 名無しさん2014/09/24

    前回の塾の3者面談で先生が三男に「お母さんから勉強しなさい」って言われますかという質問に「今まで言われた事がありません」と答えていました。

    考えてみれば本当に言った事ないねって話をしたのですが、

    勉強は出来る事に越した事はないですが、実際その時期その時期に学ぶ大切な事って本当に沢山ありますね。

    今のうちに、いっぱい失敗体験も成功体験もして、人間として成長して欲しいものです。

  • 名無しさん2014/09/24

    先日、9/21のメルマガで勧められていた「下克上受験」の紹介を拝見し、たまたま入った書店で平積みされていたので買って読んでみました。

    やはり子供の勉強は、親が上からやれやれと言っているようではダメだと思います。

    子供の位置まで降りて自分も寄り添う。自分の本気を見せる。モチベートするなどしないと、子供はやらされるだけで結果は出ないのだと思いました。

  • 名無しさん2014/09/03

    自分の中学校の頃を思い返してみると、

    小学校の頃は勉強があまり得意ではありませんでしたが、

    中学2年のときになぜか勉強に目覚め、猛勉強した覚えがあります。

    劇の主役をやったりとか、その時にしか出来ないこともやったりしました。

    今の自分の原動力となっていることが中学校の頃に色々と重なっていると思います。

  • 名無しさん2013/09/25

    つい言ってしまう気持ちは分かるし、そこでさせることが子供のためだと思うのでしょう。それもとても分かります。

    しかし、今納得しましたが、やれと言ってやる子供はやれと言わないとやらない大人になります。 子供に任せ、失敗し、考え、次回に生かす。

    親の本当の出番は、子供が考えられるように問いかけたり、一緒に考えたりするところだと思いました。そして、失敗しても変わらずに愛情を注ぎ、

    失敗を恐れさせない。そういう親になりたいと思います。

  • 名無しさん2013/09/25

    自分が学生の頃は宿題をしろといわれた覚えはありますが、

    それ以上の勉強をしろといわれた覚えはありませんでした。

    自分に勉強の分野で上にいける気はしていませんでしたし良かったと思います。

    その代わり学生の頃にはその時しかできない沢山の事を体験出来ました。

    勉強ばかりしていては出来なかった事だと思います。

    そういった体験を積むのもまた将来のためなのかと感じます。

  • 名無しさん2013/09/24

    学校祭の係とかって練習あったり準備あったり、

    面倒ですけど思い起こせばいい思い出になりますね。

    大人数で同じ目的や苦労を経験できるのは

    学生のときならでは!

    きっとこの先のいい経験になるでしょうね。

    学校行事やクラブ活動…

    今しかできないことってたくさんありますね。

  • 名無しさん2013/09/24

    勉強しなさいと言われて、仕方なしやるのでは先が見えています。

    実際、勉強出来る子は言われなくても自分で時間をつくってしますね。

    勉強は出来るに越した事はないですが、

    その年で学ぶべき事が他にも沢山あるような気がします。

    いろんな体験を積み重ね、1人の人間として素敵に育って欲しいですね。

  • 名無しさん2013/09/24



    私は子供のころ親に勉強のことでやいやい言われた記憶があまりありません。

    通知簿を見せても怒られたことはなくて、前よりここが良くなってるといい所を褒めてくれました。

    だから逆に頑張らないとって思った記憶があります。

    私もやいやい言わないと旦那と決めてるので来年から小学校の長男には勉強のことでは言わないようにしようと思います。

    確かに考えたら、本人がやろうと思わないと勉強ってできないと思います。親がいくら言っても本人にその気がなかったら意味がないですよね。

  • 名無しさん2013/09/24

    今になって思うけど、学校でやってたことと社会に出てやることとは、そう変わらない気がします。

    掃除もよほどの大企業でない限りは、会社のみんなでやってるし。

    朝礼もある。

    宿題みたいに自己管理でやらないといけないこともあるし。

    人間関係の摩擦もある。

    企画を組めば、○○ちゃんみたいにリーダーの大変さを味わうことになる。

    リーダーを補佐しないといけないこともある。

    校長先生みたいな偉い人の話を我慢して聞いていないといけないことも出てくるし…。

    社会に出てから苦労するより、学生の間にたくさん失敗して経験を積んで社会に通用した方がいいと思います。

    自分も我が子にたくさん経験を積んで欲しいと思いました。

  • 名無しさん2013/09/23

    家に帰っても勉強しろと言われても子供にとってはストレスになるだけかもしれないですね。

    今のテストがいい点とれたとしてもそれだけで、将来のことはまた別問題ですね。

    逆に反動で勉強をまったくしなくなるのも困るし、難しいところですね。

    勉強以外でも大切なことは、学校生活の中でもたくさんあるので、

    そういったところで、もっといろんな体験をして、成長していくことだと思います。

  • 名無しさん2013/09/23

    学生の時、ただピアノが弾けるからということで合唱コンクールのリーダーになったことがありますが、その時悔しかったことや感動したことは今でも忘れていません。

    子供のころ、経験し学んだことは大人になってもずっと色褪せることなく染み込んでいるのだと思います。

    でもそれって子供だけじゃないって思います。

    大人になってからも、新しいことに勇気を出して挑戦したことはいつ思い出しても頑張ったなー良かったなーって思え、よしやるぞーってエネルギーにもなります。

    小さなころから色々なことに挑戦し学び続け感動し続ける人生になるといいなーって思います。