経営

中小企業の羅針盤、人生も経営もやる気とやり方で決まる!

社員10数名の小さな会社と100名を超える様な中堅企業とでは、自ずと営業の仕方、管理方法、賞与、人事まで違ってくるのが当然です。弊社は小さな会社ならではの強みを活かした経営を模索。その実践ノウハウや迷い、悩みをありのままメルマガにて公開!メール質問も受付中

全て表示する >

商売の原理原則

2013/06/12

 
 
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■  商売の原理原則
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 
 
 
 
 
 
会社が儲かる組織になるには、
 
経営理念が大事だとよく言われます。
 
理念はとても奥が深く、
 
弊社もまだまだ活用し切れているとはいえません。
 
しかし理屈は理解しています。
 
 
 
 
立派な会社の理念を拝見しますと、
 
異口同音、同じように、
 
社会の為というようなことを発信しています。
 
もし、社長の為に働こう!
 
というような経営理念ならば、
 
とてもとても、支持を得られるはずはありませんので当然です。
 
 
 
 
理念もそうですが、人は誰かのために働く人や、
 
努力する人、がんばる人が大好きで応援したくなります。
 
この気持ちは世界中同じでしょう。
 
 
 
 
どんな商売でも会社でも、自分のために売りたい!
 
自分達のために買って欲しい!
 
そんな気持ちを前面に押し出していたら、
 
お客様はそのお店や会社で買いたいとは思わなくなります。
 
実際には儲かりたくて自営を始め、
 
お金が欲しくて働く場合が多いのですが、
 
ずっとそれだけでは商売は成り立たなくなるのです。
 
 
 
 
社員の方もそうです。
 
自分の給料を上げる為に、絶え間ない努力をし続けても、
 
一時的にはいいですが、それでは上司や顧客からの評価を、
 
得続けることは難しいでしょう。
 
 
 
 
昔からそうであるように、
 
映画やTV、童話に出てくる主人公は、
 
みんな誰かのために戦い、挫けても這い上がり、
 
そして努力の末に勝利するのです。
 
そんな主人公を我々は拍手喝さいし、応援して来ました。
 
 
 
 
現実の世界でも同じなのです。
 
誰かのために勇気をもって取り組むこと!
 
絶えず工夫をし改善し、失敗しても立ち上がる!
 
そんな人や組織が、みんな大好きです。
 
 
 
 
商売の原理原則は、
 
世の為、人の為、誰かの為でなくてはなりません。
 
 
 
 
私利私欲でスタートしても、
 
どこかで転換期が必要なのです。
 
 
 
 










■高橋への直接のご質問・ご相談・メッセージはこちら
メールでのご質問は何回でも無料でさせて頂きます。
daihyou@en-job.com


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-01-10  
最終発行日:  
発行周期:週4回程  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2018/06/20

    商売は、儲けるためにしていると思っていますが、そうではなく

    お客さんのため、誰かのためといった自分以外の誰かのためを

    思って行動することなんだなと思いました。

    なかなかそのまでの考えてもつのは、難しいかもしれないけど

    大きな会社は、誰かのためにと考えて商売をしているだと思います。

  • 名無しさん2018/06/12

    自分の利益や欲のためだけに商売をしているのでは

    すべてにおいて限界があるように思います。

    喜んでくれる人がいたり、誰かの役に立っていると実感できることがあるから

    みんな頑張れるんだと思います。

    私利は追うものではなく、自分の行いについてくるものだと思います。

  • 名無しさん2018/04/16

    人の役に立つから選んでもらうことが出来、そこに対価が発生する。

    これが商売の原則だと思っています。

    そこを外れるとすぐにではなくても必ずお客様は離れていき、気づかずにいると取り返しがつかなくなります。

    だからいつもここの初心に戻り、お客様の音を考えなければいけないのだと思います。

  • 名無しさん2016/06/22

    お金欲しさに、開業する人も多いのではないでしょうか。

    誰かに買ってもらってこその商売なのに、

    相手のことを考えず、自分のことばかり考えていては

    売れるわけがありません。

    仕事でもプライベートでも相手に見透かされているものだなと思いました。

  • 名無しさん2016/06/21

    自分のためではなく誰かのためにと思ったとき、

    人は100%以上の力を発揮することができると思います。

    自分の私利私欲のために頑張るのは限界があります。

    それは自分のためだったら簡単に諦めてしまうから・・・

    愛する人、友人、仲間のため、誰かのために頑張れる事は

    人間の素晴らしい部分だと改めて思いました。

  • 名無しさん2014/08/03

    自分のためというだけではやはりモチベーションは保てないと思います。

    人はやはり誰かのためであったりもっと大きなものの為に頑張れます。

    自分もやはり自分のためだけではどうしてもやる気にならない時があります。

    ですが、一緒に頑張っている仲間のためだと思えばまだまだ頑張れます。

    私利私欲だけではどうしても長続きは難しいですね。

  • 名無しさん2014/07/29

    最初は高く稼ぎたい、とか思って始める人はいると思います。自分のことしか考えていなかったら初めはうまくいっていてもいつかは停滞してしまったりするのだと思います。お客様からすると、最初は気分よくされたとしてもそのうち上辺だけだったりすると、それが見抜かれていってしまう部分もあるのではないかと思います。お世辞のようなものではなく、よくメルマガでも出てきます「ストローク」をお客様へしてお客様がいるからこそ商売ができてるのだということを再認識する必要があり、相手のことを思って取り組む組織にしていなかいといけないのだと思いました。

  • 名無しさん2014/06/13

    商売だろうが、相手があるものについては、自分のことばかりを考えていかないと成り立たないし、仮に今回はうまくいったとしても長続きはしないですね。

    誰かの為に行った改善が、まわりまわって自分にも役立つことはきっとあるので、人への思いやりは常にもたないといけませんね。

  • 名無しさん2014/06/09

    人のために努力している人は、周りの人たちから支持されると思います。

    それだけでなく、仕事に対しての考え方も世のため・人のために取り組んでいる人と自分のことしか考えていない人とでは違うと思います。

    自分のことしか考えていない人は自分の都合いいことしか見えてなく視界が狭いだろうと思うので、そうではなく人のためにどうしたらいいのか考え改善していける人間でありたいです。

  • 名無しさん2013/06/14

    自分のことだけしか見てないと、結局どこかでバランスを崩すんでしょうね。

    自分勝手なところって、分かってしまうと冷めてしまうのってありますね。

  • 名無しさん2013/06/14

    人の為、誰かの為を考えて、自然に行動したり悩んだり出来る人は、多くいそうであまりいないと思います。そして、そういう人には自然に周りから何か返ってくるんだと思います。

    みんながみんな、自分以外の誰かの為を想たら、自分にとっても、みんなにとっても、会社にとってもプラスになる事がたくさんあると思います。

  • 名無しさん2013/06/14

    最初は自分のために働くのかもしれませんが、働いているうちにそれが、人にためと代わっていくのかもしれないです。

    自分以外の仲間のために頑張れることもあるので、仕事もこういった部分が大きいと思います。

    基本は、お客さんのためを考えて仕事に取り組みことだと思います。

  • 名無しさん2013/06/13

    人のために働くためには大事なことがあると思います。

    それは人としっかりコミュニケーションをとれて、人とのつながりを大切にしている人だと思います。

    人を好きになって人に好かれる人じゃないと人のためには働けないと思っています。

  • 名無しさん2013/06/13

    その通りだなって思います。人の為に頑張ってる人ほど輝いてると思います。

    私は人の為にできてるのだろうか・・・。自分のことを考えることの方が正直多いと思います。

    人の為に一生懸命できたら仕事でもプライベートでも素敵になれるだろうから意識しようと思いました。

  • 名無しさん2013/06/13

    自分のために行動するのは、悪いことではないし、そういう人がいてもいいと思う。

    しかし、自分のためだけにと動くと、範囲も喜びも限界も狭くなる。

    私はそういう人にはまだ会ったことはありませんが、

    人と共有できる喜びや役に立ったと実感できたときの嬉しさが一番のものだと思います。

  • 名無しさん2013/06/13

    自分自分な人って人からの共感て得られないですよね。

    むしろウザイくらい。

    お客様の喜ぶ顔を見るのが自分の喜びくらいの方が、お客様からの共感て得られると思います。

  • 名無しさん2013/06/13

    社会にどれだけ貢献できる存在であるかどうか、という事が社会から評価されるのはよく分かる気がします。誰かの為に頑張る事はモチベーションにもつながるので、そういう企業イメージを社内、社外問わずに作っていくのは大事なのだと思います。

  • 名無しさん2013/06/13

    私利私欲では一時的にうまくいっても最終的にはうまくいかないものですね。

    どこの一流企業も世の為人の為のビジョンを掲げている気がしますし、

    それを求めているからこそ一流企業であり続けられているのだと思います。

  • 名無しさん2013/06/13

    自分のためより、家族や仲間のためなど自分以外の人のために頑張っていきたい。

    人のための方がうんと頑張れる気がするし、踏ん張れる気がします。

    とはいうものの、私は今まで自分や他の誰のためでもなく、ただただ目の前のことに頑張っていた気がします。

    周囲を見渡し、自分が誰のために頑張るべきなのか考え実行していきたいです

  • 名無しさん2013/06/12

    自分の為には頑張れなくても、子供の為や自分に関わる人の為に

    頑張ろうと思うと出し切っていない力が発揮出来ますね。

    そんな気持ちが結果に繋がってくるのかもしれません。