経営

中小企業の羅針盤、人生も経営もやる気とやり方で決まる!

社員10数名の小さな会社と100名を超える様な中堅企業とでは、自ずと営業の仕方、管理方法、賞与、人事まで違ってくるのが当然です。弊社は小さな会社ならではの強みを活かした経営を模索。その実践ノウハウや迷い、悩みをありのままメルマガにて公開!メール質問も受付中

全て表示する >

中小企業の入社式

2013/04/16

 
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■ 中小企業の入社式
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 
 
 
 
4月8日は弊社の入社式でした。
 
多くの小さな会社は、入社式を行っていないと思います。
 
弊社も以前はそうでした。
 
TVで大企業の入社式を見ながら、
 
自社のような小さな会社に就職する社員は可哀相だと感じていました。
 
 
 
 
それで試行錯誤の上、入社式のようなものを行うようになりました。
 
ただ、最初のうちは「入社式」とは恥ずかしく自分でも言っていませんでした。
 
大した事をしていないのに入社式??
 
という思いが頭を過ぎり、躊躇してしまう自分がいたのです。
 
 
 
 
それから数年間、更に改善を繰り返し、
 
二年前から堂々と我社の入社式はすごい!!
 
と言えるくらいの精度に仕上がりました。
 
今では100%自信を持って言えます。
 
この入社式は、間違いなく、生涯忘れられない日となっています。
 
男女、中途・新卒関わらず、全員泣きますし、先輩社員も泣けます。
 
文字通り、感動の入社式です。
 
 
 
 
内定が決まったそれぞれの方に適正を見ての課題(宿題)があり、
 
初日、初顔合わせに課題等のプレゼンがあります。
 
新入社員同士で力を合わせて乗り切る本気のゲームや、
 
先輩社員からの各発表、社長から新入社員の方へ贈る言葉、
 
昼食会と、会社を10時〜14時まで完全に閉めて行います。 
 
 
 
 
以降は会社を閉めはしませんが、3日間は先輩社員からの講義などが中心で業務はしません。
 
その後、3ヵ月間は残業はなく、勤務終了後は手の空いているもの全員を集め、
 
新入社員に感想を述べて貰ったり、先輩社員から激励の言葉を贈ってもらいます。
 
面談や勤務終了後の激励メールなども、当然行います。
 
指導担当は専属で、以前の新入社員が付きます。
 
 
 
 
新入社員が入社した際に、もっとも気をつけている点は3つです。
 
 
 
 
1つは社風を変えること。
 
明るく、元気よく、速く、仲良く、モチベーション高く、
 
新入社員の方を通して、会社全体の改革を一気に行います。
 
 
 
 
2つ目は利益への考え方です。
 
社員が2名増えて、今までしていた仕事をただ割るだけならば利益が減ります。
 
利益は賞与の源泉なので、それだと先輩社員の賞与は確実に減額します。
 
その基本的考え方を徹底的に、今一度叩き込みます。
 
 
 
 
3つ目が別の部署への移動や新しい業務の取り組みです。
 
どちらも売上を上げ、社員教育になり、強い会社にするためです。
 
同じことを、同じ人が、同じようにするならば、結果は同じです。
 
どんな人でも刺激がなければ飽きたり、マンネリ化します。
 
だからこそ、この機会を最大限に活用します。
 
 
 
 
入社式を生涯忘れない感動的なものにしたことや、
 
社員教育として、物事への考え方、取り組み姿勢を徹底的に行うようになったため、
 
途中で仮に社員が退社したり、新入社員が続かなかったとしても、不足を補う採用はしません。
 
どうしてもどうにもならないくらい困れば9月に補充しますが、基本はしません。
 
なので先輩社員も必死で育て、続くようにフォローします。
 
 
 
 
入社式以後も宿題が5日間連続で毎日出ますし、宿題の発表もあります。
 
しかも入社三ヶ月間は試用期間で、断ることもあり得ることを説明しています。
 
だから必然的に入社後三ヶ月間は、新入社員も必死になります。
 
ただでさえ忙しいのですから、先輩社員も辞められても辞めさせられても困るのでこちらも真剣です。
 
採用後は相互の利害関係も絡み、どう転んでもチームワークは良くなります。
 
入社する前から書類選考や面接などでも情報を社員にも流し、
 
出迎え、お茶出しなど、何かと顔を合わせる機会も設けて、採用は全員の意思を問います。
 
最初から嫌い、合わない人かも含め意見を反映していますので、後で陰口など言う人もいません。
 
 
 
 
まだまだ、書き足らないことがたっくさーーんあります。
 
新入社員の採用や、入社式、教育などでお悩みの方は是非相談して下さい。
 
弊社の入社式、その後の新入社員教育システムは、業務内容問わず、どんな業種でも活用出来ます。
 
 
 
 
 








■高橋への直接のご質問・ご相談・メッセージはこちら
メールでのご質問は何回でも無料でさせて頂きます。
daihyou@en-job.com



 

 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-01-10  
最終発行日:  
発行周期:週4回程  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2018/05/13

    最初はしていなかった、自信が持てずに入社式とも言えなかったというのが以外でもあり、勇気が出る言葉でもありました。

    できているところは最初からできていると思ってしまいますが、そうではなくすべて試行錯誤の繰り返しなのだなと。

    自分もできていなくても、1からでも何か取り込んで変えていこうと思うことができました。

  • 名無しさん2016/04/21

    入社式といっても形状のもので、挨拶して終わりくらいにしか思っていませんでしたが、読んでいてすごく内容が濃そうだなと感じました。

    それくらい力がはいってるのを感じたり、だからこそ感動も起きるんだと思います。

    その人にとっては、一回きりの入社式になるわけですし、一生ものになるのは、間違いないですね。

  • 名無しさん2015/04/17

    大企業だと、入社式に芸能人を呼んだりするということも聞いたことがあります。

    イベント会社に委託するとかもあるようですし。

    個人的には、自分の会社のメンバーを新しく迎えるのだから、それくらい自分達でオリジナルで企画しようよって思います。

    もしも、自分の結婚式だったら全部業者任せにはしないで、ドレスから料理から引き出物に、席次順にと、自分で考えるでしょう?

    と思います。

    会社で一緒に過ごす時間は、自分の伴侶と過ごす時間より長いはず。

    だったら伴侶並みに大歓迎してあげていいのではないか、心に残るものにした方がいいのではないかと思います。

  • 名無しさん2014/04/16

    今の時期にちょうどいい記事でした。

    わが社も先日入社式を行いました。

    ハッキリ言って、役員や教育指導担当者などの挨拶や、研修期間の説明などで終わった感がします。

    ハッキリ言って、ものすごい無難な入社式でした。

    果たしてあれで入社された方達は、ずっと思い出に残るのか甚だ疑問です。

    大きい会社だと、そういう小回りが利かないのが難点ですね。

  • 名無しさん2013/04/19

    いったいどういった内容の入社式なのか気になりました。会社としは、即戦力としてすぐにでも仕事を教えこみたいところですが、まずは、会社でのコミニュケーションやチームワークといった内面的なところから教えていくんですね。こらから一緒に働いていく仲間になるので、大事な部分だと思います。

  • 名無しさん2013/04/17

    どんなことをやっていらっしゃるのか、ものすごく興味がわいてきました。

    うちも同様に、10人に満たない会社なので、誰かが入ってきても入社式のようなことはしていません。

    みんなに一言挨拶するのみです。

    外部の会社の新入社員も御社の入社式に受け入れされていらっしゃらないのでしょうか?

    興味が沸いて、ホームページを拝見しましたが記載がなかったので書かせてもらいました。

  • 名無しさん2013/04/17

    入社式やそれ以降の、先輩社員と新人社員との絡みやチームワークはとても大切なんだと思いました。

    一生懸命に突っ走って振り返った時、入社式を思い出した時、新人社員の時を思い出した時に、素直に泣けるって素晴らしい事だなと思いました

  • 名無しさん2013/04/17

    新入社員が会社に入って来る事を活用して会社を活性化させていく、というのは新入社員の人手が増えることだけではなく、付随して出てくる効果を活用するという考え方はなかなか出来ない事だと思います。そういう風に常に工夫をしていく事は本当に大事だと思います。

  • 名無しさん2013/04/17

    入社式のような一大イベントをやることはとても意義のあることだと勉強になりました。

    確かに入ってくる新入社員の人によっても迎える社員にとってもお互い良い相乗効果を生み出してくれると思います。

    入社式のために何時間も時間をとるのはどうなんだろうと思っていた時もありましたが、そうではないと気づきました。

  • 名無しさん2013/04/16

    新入社員が入ってくるのは普通でも社内の刺激になるものですが、

    その効果を何倍にもするということですね。

    チャンスをに本気で取り組み、最大限の効果を出す。

    是非見てみたいと思いました。

  • 名無しさん2013/04/16

    入社式というと社長が挨拶をして、

    その話を聞いているというイメージですが、

    全員参加の入社式って見た事も聞いた事もないです。

    新入社員と先輩社員の絆が入社三ヶ月間で生まれそうですね。

  • 名無しさん2013/04/16

    入社式ですら考えて工夫されてるんですね。そんなにすごい入社式だったら見てみたいです。

    感動するような入社式なんて見たことないです。

    新入社員の方と先輩社員がどちらも一生懸命になるいい仕組みができてますね。