経営

中小企業の羅針盤、人生も経営もやる気とやり方で決まる!

社員10数名の小さな会社と100名を超える様な中堅企業とでは、自ずと営業の仕方、管理方法、賞与、人事まで違ってくるのが当然です。弊社は小さな会社ならではの強みを活かした経営を模索。その実践ノウハウや迷い、悩みをありのままメルマガにて公開!メール質問も受付中

全て表示する >

何のために今の会社に入社したのか?

2013/03/18

 
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■ 何のために今の会社に入社したのか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 
 
 
 
 
 
4月に入り、今から入社される方、
 
受け入れる方、どちらにしても4月は特別な季節です。
 
今から入社される方は、今の気持ちを2〜3年後は殆ど忘れて、
 
都合のいい不満や愚痴に変わっていくことでしょう。
 
だから、何かに書き留めておくなど、初心を忘れない工夫が必要です。
 
 
 
 
ビジョンや目標が定まったら、
 
8割方成功したようなものだと言われますが、
 
それはあながち嘘ではありません。
 
 
 
 
多くの成功者が、
 
自分の目標を書き出し、トイレや鏡や、天井に張り、
 
日々忘れないようにするのには、ちゃんと理由があります。
 
それくらいしないと、
 
日が経つに連れて、初心や目標というものを、
 
誰もが忘れてしまうものだからです。
 
 
 
 
今から入社される方は、
 
そんな夢や目標を忘れてしまった、疲れた大人達を見て、
 
自分もまさかそうなるとは、夢にも思わないでしょう。
 
 
 
 
10代は夢がなくても日々ワクワク出来ますが、
 
20代になると、徐々に陰りが見え始め、
 
30代にもなると、何のために生きているのかすら、
 
考えることもなくなってくるのです。
 
 
 
 
毎朝、まるで元気なく出社したほうがお得かのように、
 
挨拶の声には張りがなく、表情は笑顔には程遠い。
 
午後になると、人生終わったかのような終始疲れた顔をし、
 
同僚同士になると愚痴や不満をいう。
 
 
 
 
さて、あなたは一体、何のために入社したのでしょうか?
 
 
 
 
もちろん言い分もあるでしょう。
 
こんな仕事内容だとは思わなかった。
 
業務内容が変わった。
 
勤務条件が約束と違う。
 
思った雰囲気とはぜんぜん違った。
 
人間関係が悪い。・・・・
 
言い出せば切が無いくらい出るかも知れません。
 
 
 
 
しかし、それでも、
 
そんな表情で、そんな態度で、そんな雰囲気で、
 
働く自分を客観的に見たとしたら、どう思うでしょうか?
 
 
 
 
そしてもし仮に転職されて来た人ならば、
 
きっと前職でも同じうようなものだったのでないでしょうか?
 
 
 
 
やる気があるのは最初だけで、2年、3年と過ぎるうちに、
 
どんどんモチベーションは低下していき、いつの間にか、
 
辞めたいとつぶやく様になる。
 
 
 
 
以前の職場にいた頃と、何も変わっていない・・・
 
 
 
 
変わったのはあなた以外の、
 
職場、仕事内容、上司、顧客だけではないでしょうか?
 
 
 
 
転職を繰り返す人の特徴は、
 
常に会社側に問題があったと考えているか、
 
これは仕方がなかったことなんだ、
 
と妙に納得してしまう傾向が強いのです。
 
 
 
 
反省も改善も、したとしても一時期で、
 
また同様のことを繰り返します。
 
 
 
 
いい加減に気づいて頂きたいのは、
 
どこの職場でも、良い面と、悪い面があり、
 
そのどちらを見るかにより、まったく別の職場に変わるのです。
 
 
 
 
そしてあなたの都合の良い職場など、
 
今までなかったように、これからも無いのです。
 
 
 
 
万が一、会社に何か問題があり、
 
あなたの言い分が正しかったとしても、
 
そのことと、元気なく出社し、やる気なく仕事をし、
 
ダラダラと成長する気もなく、社外に出れば不満をいう。
 
そのあなたの働く姿勢は、決して素晴らしいことではありません。
 
 
 
 
少なくとも、環境や自分以外の何かのせいにしているならば、
 
あなたは何一つ学んではいません。
 
 
 
 
問題は、環境や状況にあるのではありません。
 
すべての問題は、自分自身にあるのです。
 
 
 
 
他人の芝は青く見えますが、
 
あなたの芝が青く光るのは、
 
いつも最初の一時期だけなのです。
 
 
 
 
それが気づけない間は、あなたの環境は、
 
何処にいても、誰といても、
 
決して変わることなく繰り返すでしょう。
 
 
 
 
最悪の環境でも、あなたが最悪である必要はないのです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
高橋純、著書第三弾を発行させて頂きました。
 
最も注意したのが、
 
前作の二作と内容がダブらないことです。
 
読まれた方は、宜しければ、
 
感想と質問をメールにてお送り下さい。 
 
必ず返信させて頂きます。
 
http://takahashi-jun.com/Books/booksList.php
 
 
 
 
 

 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-01-10  
最終発行日:  
発行周期:週4回程  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2019/05/26

    もう入社して9年目になりましたので、その間たくさん考えることがありました。つらいときや上手くいかないときなど、職場環境のせいにしたときもありました。しかし、やはりじっくり見つめなおしてみると、「自分の選択だから自分にすべての責任がある」と腑に落ちました。それまでは「自分が変えよう」とは思わず、すべて周りが変えてくれると思っていました。しかし、「隣の芝が青く見えるのなら自分の芝も青くしよう」と考えられるようになってからは変わったように思います。



  • 名無しさん2017/05/02

    私も今の会社とご縁があって仕事をさせていただいています。

    入社しては去っていき、新しい人が来たと思ったらいつのまにか退職していくと

    幾度か繰り返しているように思います。

    みんな前職で何か不満があって退職し、次は自分にあった職場と思い、

    入社してくるのだとは思いますが、

    実際自分が思うような、そんな職場は中々ないのに、癖のように転職を繰り返すのでしょうね。

    問題は環境や状況でなく、自分自身の心にある・・本当にそうだと思います。

  • 名無しさん2017/02/13

    すべてを満たしてくれるような都合のいい会社なんて

    まず存在しない。いい部分、悪い部分も含めて、

    会社として自分が今働いているという現状を受け入れないと

    いけないですね。確かにかわることは、簡単かもしれませんが

    その先に何があるのかを考えないといけないですね。

  • 名無しさん2016/02/02

    簡単で、いいことばかりな仕事なんてないです。

    狙っていないところに行ったとしても、

    希望通りのところだとしても、何かしら大変なことがある。

    そして、一度嫌だと思ったら全てが嫌なことのように思えてくる。

    逆に、有難いこと、喜びを感じることというのは

    自分の内側からの気づきと学びによって得られていくものなので、

    放っておけば気がつかずにスルーです。

    だから、辛いときでも辛抱すること、

    それを糧にして成長することが大切なのだと思います。

  • 名無しさん2015/04/01

    本日自分の勤め先でも入社式が行われました。

    社長挨拶でも似たようなことを言ってました。

    私も若いころは、理由があって転職したこともあったけど、その理由は自分が作っていたのだなとここ最近やっと気づきました。

    新入社員さんのフレッシュさ、純粋さと、あのキラキラした瞳を見たら自分も「慣れ」で随分キラキラ感がなくなってしまったもんだと気づくし、新入社員さんのおかげで元気でてきました。

    明日から初心に戻って頑張ります。

  • 名無しさん2014/08/31

    どのような職場であれ、前向きに輝ける人は輝けると思いますし

    逆に今いる職場で輝けない人が、別の職場にいったとたんに輝きだす事はないと思います。

    やはり今の自分がいるのは会社の環境よりも自分の意識の問題なのかなと思います。

    転職を繰り返す人というのは自分に原因があるとは思わず回りに原因を求めてしまっているんですね。

    自分を改善しない限りうまくはいかないと感じました。

  • 名無しさん2014/03/18

    理想の職場はないと気付かずに転職を繰り返す人っていると思います。

    職場に限らず、彼氏彼女を次々と変えて、相手が変わる度に相手が悪いと毎回自分以外に原因を作る。

    家庭でも職場でも、何かうまくいかないと自分以外の人や環境のせいにする。

    そう考えると、自分に原因はないわけだから自分は傷つかないし、何も悩まなくてもいいけど、それでは相手や職場を変えても形を変えて問題は降りかかってくると思います。

    自分を変えるのはつらいし大変だけど、それが一番の近道だと思いました。

  • 名無しさん2014/03/03

    最初のころからやる気高くなくても、環境や、人間関係からも

    じょじょに高くなっていくこともあると思う。

    昔よりも今の状態のほうが、いいところたくさんあります。

    今の仕事を一生懸命していくことで、

    自分の価値が見えてくるんだろうなと思います。

  • 名無しさん2013/06/13

    自分に都合のいい職場などない…その通りにさだと思います。最初の頃に感じた事や、目標として決めた事は、日が立つにつれて薄れていきます。でも初心というのは、自分の中の1番素直な、1番まっすぐな気持ちだと思います。その気持ちを忘れないように、どこかに貼る、メモするなどして、毎日気持ちを切り替えて、継続していくことが大事なんだと思いました。

  • 名無しさん2013/03/22

    条件だけ見て、職安の新着の掲示板を見て今の勤務先に応募しました。

    面接したら即決で採用していただいて、なんとなく入った会社だけど、自分の人生にすごくいい影響を与えてくれているし、人生がガラッと変わったので、この出会いはすごい大きかったなぁと思います。

    自分はすごく運がいいです。

    そのまま10年以上居座り続けていますが、若いスタッフに負けないように、自分も成長を続けていたいです。

  • 名無しさん2013/03/21

    仕事が忙しくて、仕事に追われる日が続くとふとなんのために働いてるんだろうと思ってしまうことがあります。

    昔は、ただただがむしゃらに仕事をしてきたように思います。

    何のために仕事をしているのか?

    考えてみようと思います。

  • 名無しさん2013/03/19

    最近気づいたことがそのまま今回のメルマガの一部に書いてあったのでびっくりしてしまいました。

    自分は最近本当に調子がよくなく、暗い感じで色々諦めたようになっていました。

    もうそれは仕方ないと思ったり、周りのせいにしたりしていました。

    しかし、自分が元気にしていると、周りの人からも褒めてもらったり前向きに接してもらったりします。

    それは周りではなく自分の心の持ちようで変わったのだと気づきました。

    初心を忘れない人は他人から見ても素敵です。

    そういう人になりたいと、メルマガを読んで思いました。

  • 名無しさん2013/03/19

    初心というものは必ず忘れるものだというのはその通りだと思います。なかなか自分自身を客観的に見ること自体が難しいことだとは思いますが、自分がどういう自分でありたいのかを問い続けることというのは成長していく上でとても大切な事だと思います。

  • 名無しさん2013/03/19

    日が経つにつれ、目標や目的を見失ってしまう。確かにその通りだと思います。

    忙しかったり余裕がなかったりするとつい目先の事だけに囚われてしまい

    元々思っていた理想といつの間にかかけ離れていってしまう事があります。