経営

中小企業の羅針盤、人生も経営もやる気とやり方で決まる!

社員10数名の小さな会社と100名を超える様な中堅企業とでは、自ずと営業の仕方、管理方法、賞与、人事まで違ってくるのが当然です。弊社は小さな会社ならではの強みを活かした経営を模索。その実践ノウハウや迷い、悩みをありのままメルマガにて公開!メール質問も受付中

全て表示する >

金銭面に関する子供の教育  その1

2012/12/30

 
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■ 金銭面に関する子供の教育  その1
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 
 
 
 
 
毎週日曜日は子育てに関する内容でお送りしています。
 
 
 
 
 
 
高校生にもなると、僕は社長になるとつぶやくようになった。
 
当時、友達から
 
「何をするつもり?」
 
と揶揄(やゆ)されながら聞かれ、
 
この時代は、地元にチェーン店など一切無かったが、
 
「レストランを経営しているのは、コックじゃない。」
 
と独自の見解で答えていた。
 
 
 
 
だがその後起業したのは、様々な出会いが重なった結果だ。
 
当時、起業という言葉すら無かったが、
 
何が何でも起業するという様に考えていたわけではない。
 
 
 
 
親は親なりに、どの親も子供を立派に育てようとしている。
 
僕の親もそれは例外ではない。
 
しかし親の教育だけでは、起業に至ることは無かったかも知れない。
 
母親は自営をしていて、その親も自営で、
 
更に、その親も自営だったことを考えると、血筋だった可能性は高く、
 
遅かれ早かれ、起業していたかも知れないが、
 
もっと色々な考え方を親が教えてくれたなら、
 
自分の可能性も大きく開花したかも・・・と思う。
 
 
 
 
また、妻は学生時代、クラスで上位の成績だったが、
 
差ほど勉強をしなかったらしい。
 
結婚する以前聞いた話で、
 
「親がもっと勉強を頑張るように言ってたら・・・」
 
という話が印象深かった。
 
子供の世界観や、努力の仕方などの人生観は、
 
親が考えている以上に、多大な影響を及ぼす。
 
 
 
 
多くの教育の失敗や問題は、
 
親が子供扱いする接し方が、子供の成長を妨げているのだが、
 
それは金銭面でもそうである。
 
小学生時代からアルバイトをしたお陰で、僕は普通の子供よりは、
 
金銭感覚に敏感に育ったが、それでもせいぜい何万円の世界で、
 
もっと世の中は広く、大きいことを知らなかった。
 
だから僕の世界観は乏しかった。
 
 
 
 
こういう自分の頃の子供時代を踏まえて、
 
僕は金銭面においても、
 
子供にも社員に話すことと変わらない感覚で話す。
 
これがいくらで、あれがいくらだとか、
 
損したとか、得したとか、
 
ここは安い、あそこは高いなどの日常の金の話は元より、
 
自分の収入や、会社で発生した損失額なども話す。
 
 
 
 
そうすると子供は、
 
「何が原因で損をしたの?」
 
と内容を聞いてくるが、僕は有りのままの事実を語る。
 
儲けた時も、損失を出した時も、説明することで、
 
「社長=金持ちではない」し、
 
「経営=成功ではない」ことを知ってもらう。
 
「勉強が出来るなら、公務員が一番いい!」
 
これもよく話す内容だし、本当にそう思っている。
 
 
 
 
何の仕事でも一生懸命している人は偉い!
 
とよく言うし、同じように働いていても、人や職種により、
 
1日働いて数千円の人や、数万円の人、
 
数十万円の人がいることも説明する。
 
 
「仕事をする人は、
 
指示命令を受けてから動く人、
 
自分で自ら動く人、
 
人を動かす人、
 
この3種類いるが、お前はどう成りたい?」
 
 
という質問もよくする。
 
 
 
 
親のスネをかじらない様に、
 
長女が友達と映画を観るからお金が欲しいと言ってもあげない。
 
自分で金に困る体験をすることこそが、
 
最も金銭感覚が身に付くことだからだ。
 
 
まあ、この辺りの教育は、僕の出番はないが。。
 
 
 
 
次女が一番勉強に苦労しているが、そんな次女を励ますべく、
 
「俺も勉強など、全然出来なかったから心配ない(^ー^)」
 
「その気になれば何でも出来るんだぞ。」
 
とよく言っている。
 
だからかも知れないが、次女が一番この質問を繰り返す。
 
 
 
 
「どうしたら社長になれるの?」
 
 
 
 
そしてこの素晴らしい質問を繰り返す次女に、
 
将来何に成りたいかを聞くと、
 
最近では、
 
 
 
 
「将来の夢はホームレス〜♪
 
橋の下でダンボールの中で暮らすの〜♪」
 
 
 
 
と言っている。
 
子供に金銭感覚を教えるのは難しい。。(^o^;
 
 
 
 
 
 
 
 
 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-01-10  
最終発行日:  
発行周期:週4回程  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2019/01/02

    金銭感覚についても子育てについても何にしても、子供にもありまのままの事実を伝えることが大事なのだと感じました。子供に辛い現実を見せたくないとかではなく、ありのままを見せることで知ることが出来る。知らないことほど怖いことはないと思います。大変な思いをさせたくないからとするのではなく、ありのままを伝える。自分は子供が出来たときにそういう風に伝えていくようにしたいです。自分が両親からしてもらってきて現実を知らなかった悲しさ、何て甘やかされてきたのかと感じるからこそそうしていきたいと思いました。

  • 名無しさん2015/12/30

    金銭感覚は環境ですね。

    お弁当に松坂牛が入る神田うのの子供は、将来どうなるんだと他人事ながら心配になります。

    お金のありがたみがわかる人間であってほしいです。

  • 名無しさん2015/12/16

    私の父はドケチです。ただのケチではなく「ド」がつくレベルのドケチです。

    ちょっと部屋を出るだけでいちいち電気も冷暖房も消す。

    就寝中でも、冷暖房をいちいちつけたり切ったりする。

    お風呂のお湯の温度設定もいちいち調整する。

    筋金入りです。

    そういうの嫌だなぁ。ウザイしケチ臭いししみったれてる。

    そう思って育ったけど、自分が母親になったらこまめに消す人になってました。

    育った環境で得ている価値観とは怖いものです。

  • 名無しさん2015/10/15

    私の両親は、金額のことは一切見せずに育ててくれました。

    なので、大人になって一人暮らしを始めて、生活費ってこんなんなの?というのが

    やっとわかりました。

    子供がいて、どれだけ生活が大変だったか、切り詰めて、自分のために使うお金を控えていたか、考えると泣けてきます・・・。

    自分の子供には、ある程度の良識を教えていかないといけないのだと思いました。

  • 名無しさん2014/12/17

    子供っておなかの中にずっていて、一体感を感じながら出産する。

    生まれてからも、自分が子供のとっては全てで、子供は全てのことをママである自分にゆだねてくる。

    そんな生活から段々子供は自分のことは自分で出来るようになっていき、自立していくのだけど、ママはどうしても子供の実際の成長と自分の認識とずれてしまうし、そのことに気づきにくい。

    もっと一人の人間として尊重しないといけないってわかっていのに、ついつい自分の一部のような扱いをしてしまいます。

    気をつけないといけないです。

  • 名無しさん2013/07/24

    何をしたら褒められるかとか、

    何をしたら怒られるかなど、

    子供ながらにちゃんと考えているんだなと思いました。

    子供の頃に成功した行動や嘘などは、大人になっても続くんだろうなと思いました。

  • 名無しさん2013/07/23

    どんな場合でも損得勘定は大事ですが、

    お金の場合は特に大事だと思いました。

    お金をあるだけ全部使うとか、子供が欲しい時にいつでも与えてしまったのでは、

    損をすることを知らずに育ってしまうし、

    ない場合の対応や、

    節約の面からも離れていってしまうと思いました。

    私は小さい時に、

    お小遣いはちゃんたもらっていましたが、なくなった時はそれ以上はもらえなかったので、

    本当に必要なものしか買わないことや物を大事にすること、

    ちゃんと後先を考えて管理することは、それで身についたと思います。

  • 名無しさん2013/01/08

    私も子供がいるけど、一番上が5歳。高橋さんのメルマガをいつも読ませてもらってるので、なるべく子供扱いしないようにと思って接してるけど、金銭面でそんなに具体的な話しはしたことないし、やっぱりまだまだ子供扱いしてるんだなーと思いました。

    何でも話してみることは大事だと思うし、それが子供とのコミュニケーションにもなるだろうから実行していこうと思いました。

  • 名無しさん2013/01/08

    子供に学ばせようとし話すよりも、ありのままをそのまま話聞かせる方が伝わっていくのかもしれませんね。

    最初こそは理解できずとも、そういった記憶の積み重ねがいつかの知識となりタメになっていくのだと思います。

  • 名無しさん2013/01/07

    子ども扱いしすぎずに色々なことをありのままに教えていく。

    とても参考になりました。

    偏らないいい考え方が身につくと思います。

    就職を考えるときになって初めてこういったことを知ってショックを受ける人もいると思います。

    子供の頃から当たり前になっていれば、大人になってからの姿を具体的に考えることができそうですね。

  • 名無しさん2013/01/06

    正しい金銭感覚を子供に見につけさせる事は結構難しいことだと思います。

    実際私はあまり意識していませんが、金銭感覚は無いほうだと思いますし

    貯金もあまりせず結構無鉄砲に使っちゃったりしています。

    お金は生活においてなくてはならないものだと思うのでわが子にはしっかりと金銭感覚を見につけさせたいと思いました。

  • 名無しさん2013/01/05

    大人でも金銭感覚は大事ですよ〜。

    キャベツが300円になったら高いと思うのに、

    パチンコでの1000円はあっという間だったり…。

    何に使うか、比重に置くかは人それぞれですが、

    あとで後悔するような使い方でなく、

    出費した後に自分の気持ちが豊かになったり、

    有意義な使い方をすることが大事だな〜と思います。

    借金やサラ金などの身分不相応な使い方はしない!

    ことだけは教えたいです。

  • 名無しさん2013/01/04

    子供に金銭感覚を教えるのは難しいですね。

    言葉ではなく、お金は楽には稼げない事を体験させないと身につかないものです。

    実際、大学や専門学校で1人暮らしをするようになってから、

    我が子の金銭感覚を初めて知る、親も多いです。

    計画性がなく仕送りしたお金を欲しいものに遣ってしまうという話も耳にします。

    そうならないように、小さい頃から親がいろんな事を教えていかなくてはいけないですね。

  • 名無しさん2013/01/04

    うちの親は毎月電気代、水道代などがいくらかかっているのかとか、一切見せずに自分を育ててくれました。

    お金の苦労をしたこともないし、買って欲しいとお願いしたら常識の範囲で買ってくれてたし、お小遣いも世間並みにくれてました。

    ありがたいけど、そうやって温室育ちしてたので、結婚してから随分苦労したし、普段から毎月の電気代とか電話代を公開してくれていたらもっと節約を意識していたのにと思います。

    その失敗を踏まえた子育てを息子に対してやっていきたいです。