経営

中小企業の羅針盤、人生も経営もやる気とやり方で決まる!

社員10数名の小さな会社と100名を超える様な中堅企業とでは、自ずと営業の仕方、管理方法、賞与、人事まで違ってくるのが当然です。弊社は小さな会社ならではの強みを活かした経営を模索。その実践ノウハウや迷い、悩みをありのままメルマガにて公開!メール質問も受付中

全て表示する >

社員20名前後の会社の組織編制

2012/10/23

 
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■ 社員20名前後の会社の組織編制
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 
 
 
 
 
大雑把に弊社の歴史を振り返れば、
 
起業して約10年間は儲からなかった。
 
その後の10年間は黒字の会社に変わった。
 
 
 
 
この時期最も変わったのは、社長である僕の仕事の内容だ。
 
この頃の葛藤や導入の仕方は、「儲かる仕組みは社長がつくれ!」
 
http://goo.gl/KStiD
 
 
で説明している。
 
 
 
 
だがその導入がスムーズにいったのも、
 
最初から弊社の組織編制を文鎮型スタイルにしていたことが幸いした。
 
 
 
 
僕は学生の頃から年齢や肩書きでの上下関係が大嫌いだった。
 
例え先輩や上司でも、実力を認めない限り従わなかった。
 
(今から考えると、何ともやりにくい男です。。)
 
若くして起業したので、その延長線上に組織理念があった。
 
 
 
 
入社して実力がいくらあっても、部長や課長など役職者がいて、
 
役職で呼び合う社風の場合、若手は意見を出しにくい。
 
両手を腰に当てて近寄り、諭される話し方は威圧感さえ与える。
 
お客様の場合には両手は前の上司が、部下の前だと手を後ろに組む。
 
こういうおっさんは、強いものに弱く、弱いものに強いという典型だ。
 
 
 
 
こんな姿になってしまうのは、会社がくだらない役職制度を持ちこみ、
 
肩書きで仕事をさせ、プライドを報酬とするからだ。
 
残業代を出さない為か、首輪をかけておきたいのだろう。
 
だがそんな茶番は弊害ばかりである。
 
 
 
 
社員20名以下の場合、役職の交代はお互いに親しすぎてやりにくい。
 
小さい会社は縁故の採用も多く、役職制度は若手が伸びにくいのは、
 
新人でなくても、誰もが感じていることだろう。
 
 
 
 
弊社でもそうだが、営業などは得意でも、長年勤務しても、
 
事務処理は苦手で穴だらけという人もいる。
 
新人だからといっても、アイディア豊富な人もいるが、
 
いくら意見を言っても、
 
抜本的な案ほど通りにくく一回や二回では採用されない。
 
こういう場合も上下関係がなければ、社長に直訴もできるし、
 
上司の不十分なところも上げやすい。
 
 
 
 
役職がなければ実力主義に自然となり、パート社員であっても、
 
ベテラン社員に気兼ねなく気づいたことを指導できる。
 
弊社が儲かる会社であるための仕組みは沢山あるが、
 
もし文鎮型組織でなかったら、どれも机上の空論で稼動しなかったであろう。
 
 
 
 
また弊社では指導とか注意という言葉を日ごろから使わず、
 
フィードバックと言っている。
 
フィードバックとは有りのままの情報を返すという意味で、
 
注意や指導とは異なり、正直である必要すらない。
 
 
 
 
弊社の基本的人間関係は、
 
ストローク(褒める・称える)だが、業務上でのことはフィードバックである。
 
ストロークの技術、組織での活用方法は何度かメルマガでも書いているが、
 
http://melma.com/backnumber_178418_5546563/
 
この2つが回ると組織は見違えるほど活性化するようになる。
 
しかし双方とも真に活性化するには、やはり文鎮型の方が適している。
 
 
 
 
何かのプロジェクトを行う場合も、弊社ではチームリーダーとは言わず、
 
担当者という名目で行う。
 
新人に対しての指導は、以前の新人が行うが何か新人がミスや問題を起しても、
 
注意・指導は新人でなく、指導担当者にしている。
 
 
 
 
新人の指導係に時には厳しく注意するが、反論や不満は殆ど言わない。
 
何故なら過去何人もの先輩が、自分の責任でないことで怒られながら、
 
自分の責任としている立派な姿を見て来ているからだ。
 
 
 
 
そしてそれを可能にしたのが、
 
弊社の経営理念である、「自分が源」である。
 
 
 
 
 
自分が源とは・・・

 
全ての責任は自分にあるという犠牲的考えではなく、
「自分がやらねば誰がやる!」というリーダーシップ力的考え方であり、
他に原因を求める前に自分に原因を探し改善していく
可能思考的発想や行いの事である。
 
 
 
 
 
 
 

 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-01-10  
最終発行日:  
発行周期:週4回程  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2018/10/05

    最近聞いた会社の話で、年功序列ではなく愛社精神の強さにより幹部に抜擢された若い社員さんの話を聞きました。

    特に営業席が1番に優れているとか飛び抜けた才能は無いそうですが、会社を思う気持ちが強く、必ずよい雰囲気を作る人なのだそうです。そしてその人には年下年上関係なく人がついていくと。

    共通の価値観があるからこそ、そんな社風になるのだと思います。

    そこの土壌作りから手間暇かけて取り組まなければいけませんね。

  • 名無しさん2017/05/15

    上下関係がしっかりとしている会社というのも

    何百人と人がいるような大企業にとってはとても大事なことですが、

    社員十数人とかの中小企業にとっては微妙ですね。

    大した実力もないのに役職が上だからと威張っているような上司がいたら

    部下の成長も止まってしまうような気がしますね。

  • 名無しさん2015/03/18

    上下関係がしっかりとしすぎているよりは、みんなが平等に意見を言えたり、同じ立場で考えられるほうが、少ない人数の組織だと

    機能しますね。

    みんな一人一人が責任者となり、仕事を進めていくことで、

    責任感もでてより強い組織にかわっていくんだと思います。

  • 名無しさん2013/10/15

    みんなが自分が源として仕事をしていくと、もっと積極的に仕事が進んでいくんだろうなと思います。

    パートでも社員でも関係なく、意見や指摘をしあえて、それでいて、お互いの関係もできているようなそんな会社がいいですね。

    小さい会社だからこそ、こういったことができるんだと思うし、

    いいところだと思います。

  • 名無しさん2013/09/12

    大企業になれば必要かと思いますが、20人以下の中小企業には役職は不要だと私も思います。

    入社して間もないような社員やアルバイトのスタッフの人が経営者に対して気軽に意見を言えるような

    そんなオープンな組織は中小企業ではとても強い組織になっていくと思います。

    無駄な肩書きのせいで、新入社員やアルバイトのスタッフさんが萎縮してしまい、自由に発言できなくなったりしてしまうのは、すごく勿体無いことだと思います。

  • 名無しさん2013/02/01

    前半は、昭和の時代の会社の風景を思い浮かべました。

    そんな会社が未だにあちこちにあるんでしょうね。

    昭和の時代から働いていた人が定年でいなくなっていったらそんな風景はなくなっていくのかもしれませんが、まだ先の話です。

    自分の会社は、20代、30代の若い人達ばかりの職場なのでそういったおじさんがいないせいか、とてもやりやすいです。

    恵まれてるなぁって思いました。

  • 名無しさん2012/10/27

    社員それぞれがうまく機能しているからこそ、お互いにフィードバックしあったり、ストロークしあったりして、いきいきと仕事が出来るんだなと思います。

    みんなが同じ立場で、いられることで、仕事がうまくまわっているんですね。

  • 名無しさん2012/10/26

    上下関係のないフラットな社風はより結束が強くなるし、お互い意識し合え高め合えます。

    せっかくの能力をもっていても権力だったりで封じられてしまうのは悲しいですよね。

    今いる環境は上下なく意見を言い合い全体で成長していける会社。

    こういった成長でいられることはいいと思います

  • 名無しさん2012/10/26

    自分が入社したとき、自分のミスを教えてくれた先輩が怒られていていました。

    その先輩のせいでは全くないのに、怒られていて、すごく申し訳なかったです。

    しかし、その人は全く納得できない様子を見せず、その通りだと受け止めていました。

    入社してから2年目になりますが、その姿がずっと焼き付いていて、自分も同じようになりたいと思っています。

  • 名無しさん2012/10/24

    役職がなければ実力主義に自然となり、パート社員であっても、

    ベテラン社員に気兼ねなく気づいたことを指導できる。

    ・・・・・

    ベテラン社員に気を使ってものを言えない

    社風では会社にはマイナスですよね!

  • 名無しさん2012/10/23

    自分が源、自分がやらねばと思う気持ちというものはとても大切だと思います。

    どうせ他人がやってくれるだろうという他人任せな人ばかりでは会社は腐ってしまいます。

    自分こそがと思う人材がどれだけいるのかが会社の力なのではないかと思いました。

  • 名無しさん2012/10/23

    組織の作り方や人の適性にあった配置など、自分が理想とする人間関係の作り方を考えた上で、どういう風にすれば理想に近づけるのか、いったん作った組織のありようを作り変えるというのは相当難しい事なので起業したての人や、成長期の会社ほど大事な考え方なのかも知れない。

  • 名無しさん2012/10/23

    自分が源、いい言葉ですね。

    人任せにしたり、責任からのがれたりしていては成長できないです。

    自分が源になって責任をもって仕事をしていかなければと思いました。

  • 名無しさん2012/10/23

    全員がフラットな関係でいられるなんて、とっても素敵ですね。

    普通、集団になるとリーダーがいないと中々動かないものだけど、きっと全員がリーダーとなっているのでしょうね。