経営

中小企業の羅針盤、人生も経営もやる気とやり方で決まる!

社員10数名の小さな会社と100名を超える様な中堅企業とでは、自ずと営業の仕方、管理方法、賞与、人事まで違ってくるのが当然です。弊社は小さな会社ならではの強みを活かした経営を模索。その実践ノウハウや迷い、悩みをありのままメルマガにて公開!メール質問も受付中

全て表示する >

何年働いても能力が向上しないのは何故か?

2012/10/02


 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■  何年働いても能力が向上しないのは何故か?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 
 
 
 
 
新入社員研修に呼ばれると、僕は、入社おめでとう!
 
のお祝いの挨拶もそこそこに、
 
「どこの会社に入ろうとも働き方は人それぞれだ。
 
どういう働き方をするかを今決めて下さい。」
 
と迫る。
 
 
 
 
働き方は主に3種類ある。
 
C、言われたことを言われたままする作業。
 
B、言われたことに対し意見し工夫をする。
 
A、言われなくても独創性を出し企画・提案をする。
 
 
 
 
言われたままするだけの作業の人、これが7割。
 
退職すると大変苦労し、中々再就職が決まらないタイプ。
 
未来のリストラ要員であり、辞めても会社は困らない。
 
流れ作業的な労働を求む会社には重宝されるが、
 
所得は中々上がらず、世間並み以下である。
 
愚痴や不満は言っても、会社を辞めない。
 
役職についても、それは勤続年数が長いだけで売上には影響を与えない。
 
この手に当て嵌まる人たちがCタイプである。
 
 
 
 
あなたの友人・知人が仕事の話をした場合、疲れたとか忙しいとか、
 
同僚などの人の話ばかりしていないだろうか?
 
仕事上での数字ややり方、未来のことを話さない人は間違いなくCタイプである。
 
Cタイプはアフター5が大好きで、オンとオフのメリハリが明確だ。
 
体は疲れても脳は全然使わないので疲れない。
 
 
 
 
これは批判ではない。
 
日本の労働人口の7割くらいがCタイプなので、
 
何も考えないで入社する新入社員は、間違いなくCタイプで当然である。
 
最初に入った会社が職業観をつくるとよく言われるが、
 
親の時代は文句をいわず、黙々と言われたとおりにすればそれで良かった。
 
学校教育でも軍隊式で、工夫や改善などの重要性を説く授業は無い。
 
言われたことを正解と捉え、そのまま暗記し回答すること。
 
それが能力の高い証明なのだから。
 
親からの影響を受けたり、余程の志がある人以外は、
 
最初はCタイプなのである。
 
 
 
 
 
Bタイプは日本の労働人口の2割。
 
例年赤字の会社には1割もいない、と言っても過言ではない。
 
新入社員が目指す位置は、まずはこのBタイプである。
 
意見や工夫は習慣性のもので、意識すれば誰でもある程度は身についていく。
 
このレベルは自主性もあり、何度も同じ注意を言われなくても正そうとする意欲は高い。
 
人には得手不得手があるので、全部は正せないが自覚しているのがBタイプである。
 
会議などでも黙って座っていることはなく、昇給も期待できるし未来も明るい。
 
中小企業であれば、課長、部長レベルであり十分な戦力である。
 
社長は入社時はほぼ全員Cタイプなので、Bタイプまで引き上げることを目標とする。
 
 
 
 
 
続いてAタイプ。
 
日本の労働人口の1割に属するこのタイプは、指示・命令の必要が無い。
 
ただ勘違いされると困るのが、独創性はあっても暴走はしない。
 
報告・連絡・相談を自ら行え、いわゆる安心して任せられるということだ。
 
単に優秀で仕事が出来るだけの人間では、抜擢されてもいずれ左遷されていく。
 
 
 
 
 
ここで問題なのだが、
 
では何故C⇒B、B⇒Aと殆どの人がステップアップ出来ないのだろうか?
 
ここが今、一生懸命俺はがんばっているが・・・
 
と心にわだかまりがある人は分かっていない。
 
 
 
 
C⇒Bの場合、言われたことしかしていないのだから代わりはいくらでもいる。
 
毎年例年、新入社員が大勢入り、殆どが辞めていく。
 
入社2年目や3年目でも、毎年退職者が多い。
 
そんな会社で働く人は典型的なCタイプが多い。
 
環境自体が意見や工夫を求めていないのだから、もうどうしようもない。
 
プラス差ほど優秀でもないので、自らはその問題に気づけない。
 
忙しいが身にならず・・・
 
といった感じで意欲もない。
 
 
 
 
 
ではBタイプがAタイプに中々ならないのは何故か?
 
その原因の1つが、提案・意見を自由に述べれる会社は即ち忙しい。
 
それもかなり忙しいはずだ。
 
暇な会社は提案・意見を求める社風はない。

もの凄く忙しい上に、自ら創造性を発揮して仕事をつくり出すということは、
 
確実に自分で自分の時間を奪い、追い込んでいくことになる。
 
 
 
 
どの会社でもいきなり抜擢されたり、とんでもなく昇給したりするような人は、
 
例外なく働かされての残業ではなく、自ら残業をするような仕事をつくり出している。
 
長年いろいろな会社を見て来たが、無理が利かないタイプで要領よくしているだけでは、
 
このようには成らない。
 
社長を含め必ずそうである。
 
 
 
 
 
才能だけで一流になれるほど、今の時代は甘くは無い。
 
要領がいいだけでは、ビジネスの世界では大して成功しないのである。
 
 
 
 
 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-01-10  
最終発行日:  
発行周期:週4回程  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2018/10/04

    今の自分はどのタイプに当てはまるのか?改めて考えてみるのも大事だと思いました。

    言われたことを言われたままもしているのか?というときもありますが、自分で考えて行動しているか?というと、ここが弱い部分だと思います。利益について意識をしているのであれば自然と自分から工夫したりということをしていると思います。自分がどこに意識を向けているのか、にもよって変わってくると感じました。まだまだ目先のことだけしか見れていないことに気づけました。まず自分自身の問題に気付かないと始まらないですね。レベルアップしていけるようにまず自分が変わっていかないと、です。

  • 名無しさん2017/06/17

    できればみんな駄目なCタイプより、できるAタイプを目指したいです。

    でもAタイプのような意見などを述べて自分の負担を増やすことって出来ないです。

    それでも、人間やるときはやります。

    例えば無人島から脱出しようと思えば、何かと頭を働かすはず。

    日ごろ必死になることがないから怠けてしまうのでしょう。

    できる人材が多い会社ほど、そういう必死になれる環境が整っているのではないでしょうか。

  • 名無しさん2017/04/24

    私の会社にも今年新入社員が2名入社しました。

    2人ともとても努力家で、何事においても率先してチャレンジしています。

    ですがやはり大事なのでそういった社員を受けいれる環境にあると思います。

    おそらく2人が意見提案を自由に述べることが出来ない会社だったら、

    その才能は埋もれてしまっていたでしょう。やはり受け入れる会社の仕組みが何より大事だと痛感しました。

  • 名無しさん2017/01/19

    よく聞く話ですが、自分はAにはいっているなと思いました。

    自分で改善して、仕事の効率も上げていければ理想かなと

    思いますが、なかなかできてないです。

    仕事をする上で、もっと向上していけるように

    頑張らないといけないですね。

  • 名無しさん2016/07/22

    自らが言われる前に仕事を見つけて取り組んでいく。

    そういったAタイプの人がいる会社は本当に強いと思います。

    逆にCタイプばかり、言われた事を言われた通りにしか出来ない人が多い所は

    やっぱり業績が伸びにくい状態になるのだと思います。

    だれでも最初はCタイプであり自分もまだまだCにいると思います。

  • 名無しさん2016/01/21

    今まで働いたところは、いくつかあるが、人を客観的に見ていて、

    何も変わらない人ってすごくわかります。

    年齢だけ重ね、不平不満ばかり漏らしていては、人生もったいないなと思います。

    健康に働ける期間は、決まっているのだから、

    創意工夫して働いていけたらいいと思いました。

  • 名無しさん2014/11/19

    言われたことを何も考えずに仕事をするのは、

    楽なことだと思います。

    しかし、仕事をしていく上で、自分でもっと自由に仕事をしたいと

    思っている人が、B,Aとなっていくんだろうなと思います。

    自分の価値を見つけれるようにしないといけないですね。

  • 名無しさん2014/04/19

    私は現在日本の労働人口7割を占めるCタイプの人間だと思います。

    「言われたことを言われたままする」ことしかしてこなかったです。

    でも、いてもいなくてもいい人間で終わりたくないので

    自分から意見・工夫していけるよう意識して、会社にとって一番大切な

    報連相を自主的に行っていき、いてよかったと思われる人間に自分を

    変えて行きたいと改めて思いました。

  • 名無しさん2013/10/10

    自分がCにいるとき、Bにいるとき、なんとなく分かる。

    分かるならその上を目指さなきゃいけないのに…。

    ぬるま湯につかっているなぁって今、改めて思いました。

    C止まりでも、B止まりでもいたくはない。

    仕事の時間は一生の中で一番大きく占めている。そこで輝かないといけないと思う。

    それならばやるしかない。誰がみてもお前はAだといわれる位にいつかなりたい。なる。

  • 名無しさん2013/10/02

    去年、読ませていただいた時、自分判定をしたら、CとBを行き来しているタイプだと感じましたが、1年経って読み返したけれど、あまり変わっていないような気がしました。

    『変わりはいくらでもいる』と会社側から思われないように結果を残していかないといけないと感じました。

  • 名無しさん2013/10/02

    Cって、体使ってるだけで頭は使わなくていいから楽に思えます。

    でも、実はそうでなくて、Cは追いかけられてる状態にあるので、仕事を次から次から言われるし、誰がやってもいい仕事しか来ない。

    単調な仕事だったり、みんなが嫌がる仕事だったり…。

    でも、BとかAになってくると、自発性が入ってくるから自分の考えが成果につながって仕事が楽しくなってくる。

    受身な仕事は楽そうでいて実はそうでないんじゃないかと思いました。

  • 名無しさん2013/09/22

    今の仕事に対する割合をABCで分類すると作業的な仕事をする人がほとんどで、それから、自分から仕事をつくりだしていける人はほんのわずかになってしまうんですね。

    自ら仕事をつくりだせる人は仕事に対しての姿勢から違うし、自分からたくさん仕事をしている人なんですね。

    時間で帰りたいとかもっと楽したいとか思ってしまうのが、普通ですが、考えかた自体が違っているんだと思いました。

  • 名無しさん2013/08/18

    仕事に対してどのような意識で取り組んでいるかによって、

    言われたことを言われた通りにだけやるのか、言われたことに対して工夫改善できるのかが変わってくる気がします。

    言われた事しか出来ない人は仕事はそういうものだと思っているのではないかと思いました。

    言われなくても自ら仕事を作って取り組むことが出来るような一部の優秀な人は

    仕事に対して本気で取り組み情熱溢れる人なのではないでしょうか。

  • 名無しさん2013/07/02

    仕事に対して、働かされているとか、やらされていると思っている人、もっと頑張ろうと一生懸命な人、働いてやっていると思っている人、お金を頂いて働かせてもらっていると思っている人など、たくさんいると思います。

    仕事をするということは、お給料を頂いているということ。

    それは忘れてはいけないと思います。

    それを忘れなければ、

    会社のためにたくさんの提案や意見、

    創造がどんどん見についていくのではないかなと思います。

  • 名無しさん2013/02/04

    自分自身のことをどのタイプに当てはまるか考えてみると

    最近はCタイプで居ることがあるように感じました。

    言われる事を言われた通りにだけやることが手一杯で提案、改善等がない

    そんな状態になってしまっている気がすることに気付きました。

  • 名無しさん2012/10/04

    このタイプ分けは、最初に決まってしまって、そのからなかなか変わることはできないんなだと思った。

    変わろうにも本人も気づいていないことだと思う。

    できる人は、意識しなくても自然にできるようになっていくんだと思った。

  • 名無しさん2012/10/03

    自分もこのお話を聞いた事があり、仕事の経験がほとんどない私は一番上のレベルにすぐ行けると思っていました。

    しかし、実際はBのレベルさえ全く行かず、指摘されて気づくということの繰り返し。

    気づいて出来ないのであれば、すぐに改善できるのですが、まず自分で気がつかない。それが一番難しいところです。

    しかし、気がつこうと意識する事が大切だと教えてもらいました。

    そうしたことの積み重ねで、気がつけるようになるために、目の前の事から意識していこうと思います。

  • 名無しさん2012/10/03

    私はBとCを行き来しているタイプだと思います。

    変わりは誰でもいるという危機感を常に持って、

    BからAを目標に頑張らなくてはいけないと思いました。

    まずは却下される事を恐れず、提案を出していくことから始めようと思います。

  • 名無しさん2012/10/03

    このタイプ分け面白いですね。

    アフター5の方が大事な自分は、Cタイプでしょうか…

    あの人はこのタイプ、あの人はこのタイプと分けていくと、大体高橋さんの言う比率になりますね、驚きです。

    CタイプをBにするって、社長の仕事も大変ですね。

  • 名無しさん2012/10/03

    自分で仕事を作り出したり、戦略的な発想をしていく為には経営者のような考え方や視点を持てないとなかなか難しいと思う。考える習慣や、時間の使い方、気付きのレベルなどBとAの間には大きな違いがあると思う。自分を成長させれるように意識していきたい。

  • 名無しさん2012/10/03

    CをBにするのも大変だと思いますが、BをAにするのは更に大変だと思います。

    そしてその1割の才能ある人が会社を引っ張っていくのだと思います。

    Aの人物が多い会社は本当に強い会社ですね。

  • 名無しさん2012/10/03

    私は今間違いなくCの部類。

    自分だから出来ること、自分ならではの気づきを身に着けてBの人間になりたい。

    単なる作業で終わってはいけないですね。

    人生の中で大半の時間を費やすのが仕事。それならば尚更自分で輝きをだしていけるように、努力し続けることが大切なんだと思う

  • 名無しさん2012/10/02

    ただ出された課題を淡々とこなすだけでなく、自分の意見や提案を出すと言うことは大切なのですね。自分と他の方が考えてることは全然違うこともあるので時には意見がぶつかることもあるでしょうが、却下されようとも、まずは自分の考えを素直に伝えていこうと思います。

  • 名無しさん2012/10/02

    向上心を持って仕事をしていかないといけないと思いました。

    今している仕事が作業になってないか、提案し工夫できてるかを考えて仕事をしていかないとと改めて思いました。