経営

中小企業の羅針盤、人生も経営もやる気とやり方で決まる!

社員10数名の小さな会社と100名を超える様な中堅企業とでは、自ずと営業の仕方、管理方法、賞与、人事まで違ってくるのが当然です。弊社は小さな会社ならではの強みを活かした経営を模索。その実践ノウハウや迷い、悩みをありのままメルマガにて公開!メール質問も受付中

全て表示する >

我社の深イイ話

2012/07/02


 
 
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■ 我社の深イイ話
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 
 
 
 
小さくても強い会社をつくる!
 
 
 
 
 
拡大路線で失敗してから、身の丈経営を育んで来た。
 
あれから11年の以上の歳月が流れ、
 
まだまだではあるが、いいチームが出来つつある。
 
 
 
 
みんなそれぞれのイイ話があるが、
 
特に最近聞いて感動した一話を今日はご紹介したい。
 
 
 
 
弊社の木戸は昨年めでたくも赤ちゃんを授かり、
 
まだまだ家庭も落ち着かなく、大変な時期である。
 
 
 
 
その中、特に会社命令でなく、自ら必要と考え出張営業を決めた。
 
毎週月〜家を離れ、単身で他県での宿泊営業である。
 
子供の年齢を考えると、自ら立てる出張計画には頭が下がる思いである。
 
 
 
 
そんな木戸は”全力疾走”が生き様であるかのように、
 
常に最短コースを文字通り走っている。
 
 
 
 
それは1人社外にいても変わらないようで、
 
ある日の営業先のことだ・・・
 
 
 
 
駐車場から一人全力で走ってくる木戸がいた。
 
 
 
 
それを見た営業先の社長は、
 
何事かと急いで正面入り口に出向いた。
 
 
 
 
ところが単なる飛込み営業だと知り、驚いて尋ねた。
 
 
 
 
「何故、そんなに急いでいるのか??」
 
 
 
 
木戸は答えた。
 
 
 
 
「いえ、ただ効率よく、沢山回るためです。」
 
 
 
 
「今までいろんな営業が来たが、駐車場を走って来た人はいない。
 
それも社長でもない君が、何とも素晴らしい姿勢だ。
 
分かった、君の会社と契約しよう!」
 
 
 
 
何と、条件も一切聞かず、社長はそう言われた。
 
 
この社長が感動するのも無理はない。
 
この日の最高気温は27度。
 
 
歩くだけでも汗が出る中、走ってくるなど尋常ではない。
 
 
それも最高の笑顔で。
 
 
 
 
しかし、この話はここでは終わらない。
 
 
 
 
こんな成果を木戸は報告せず、日報にも記載しなかった。
 
僕がこの話を知ったのは、セミナー先で木戸が前に立ち、
 
講義をした時の話の一つでだった。
 
 
 
 
もちろん僕の文章での表現と違い、皆さん何倍も感銘を受けていた。
 
僕も熱いものがこみ上げて来た。
 
 
 
 
これだから社長業は辞められない。
 
 
 
 
不景気の中でも今期は増収増益で終えれそうなのは、
 
こんな社員がいるからに他ならない。
 
 
 
 
 
 
 
 
この話とは関係ないが、下記は社員の日報である。
 
 
何気ない健康診断の一コマだが、
 
実に、社風が表れている感想ではなかろうか。
 
 
 
 
 
 
昨日のフレッシュ健診
行列ときいていたので、どんなもんかと行ったら、
人が多くて行列というより作業の効率が悪くて行列って感じでした。


飯田さんだったら、
すごく指摘するんだろうなーってみてました。


この長蛇の列なのに、
 
その作業をここでやるか?!
 
って思う部分もあったし、受付で並んでいるのに、
受付員の人の中にはボケーっと待っているだけの人もいる。
 

役割分担を細かくしすぎて
 
逆に上手く回っていない感じがしました。


誘導係の人も、来たおじいちゃんに
 
 
「それはおかしい」
 
 
と投げ掛けておいて、
 
 
おじいちゃんが反論したら
 
「じゃぁ2Fの人にも聞いてみてください」
 
っていって完了しているし…おじいちゃん、不満と不安そうな顔してた。

不親切だなーと思った。


このスタッフの作業をエンジョブ社員でやったら…
 
ってふと考えたら、
 
めっちゃ効率よくなるんだろうなーと思いました。


 
 

 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-01-10  
最終発行日:  
発行周期:週4回程  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2018/08/06

    自分がお客さんだったら、そんな営業さんがきたら9割買うことを決断してしまいそうです。

    それだけ仕事に対して真っすぐ熱を込めて向き合える人というのは会えると嬉しいものです。

    自分もそう思っていただけるくらい一生懸命仕事に取り組まなければいけないなと思わされました。

  • 名無しさん2017/01/22

    人はその人の働く姿勢に感銘を受けるものなのかなと思いました。

    自分もその姿を見たらきっと商品がどうであれ感銘を受けたと思うし、

    その人の商品が気になってしまうのは間違いありません。

    モノよりもそれを売るヒトがやはり大事なのだと改めて思いました。

    そんな姿勢で人を惹きつけるような魅力ある人間になっていきたいですね。

  • 名無しさん2014/08/03

    1分1秒でも無駄にしない、効率よく回すために言葉通り全力疾走される木戸さんはすごいと思います。それだけ何事にも全力で取り組むというのはなかなか出来ることではないと思います。本人の強い意志がなければまず出来ないことです。木戸さんのように全力で取り組む社員や各自で目標があり、それに向けて取り組む姿勢を持つ社員がいる会社であれば、たとえ小さい会社であっても強い会社に育つのだろうと思いました。

  • 名無しさん2014/06/05

    数秒も無駄にしたくない、

    少しでも多く挑みたい、

    そんな木戸さんの姿勢は手本だし、パフォーマンスではないからきっと営業先の方も心打たれたんですね。

    どんな上手いトークよりも、やっぱりそういった姿勢が人の心を動かすのだなって思いました。

    木戸さんは、きっと営業ではなく社内にいるときであっても走られているんだろうなって創造ができます。

    見えないところでも、そうやって奔走し挑み続けられる社員の方がいるということは幸せなことだと思うし、そうあらなければいけないと思いました。

  • 名無しさん2013/09/17

    とても深いいです。

    会社の中で効率を考える事や、

    自分の仕事の効率を考えることは、

    日々必要だし、

    それを何年も継続できることは、

    素晴らしいことだと思います。

    自分の会社を他の会社に当てはめてみると、

    断然自分の会社の方が出来ている!

    ということも見えるし、

    逆に、

    他社の良い部分を発見できたら、

    自社にとりいれてみては?

    と考える事も出来るんだなと思いました。

  • 名無しさん2012/07/05

    木戸さんのような営業マンはなかなかいないと思います。

    駐車場から入り口までの短い距離までも駆け抜けるなんて…。

    意識が根本的に他の営業マンと違うのだと思う。

    こういうことを当然のように出来るなんて本当に素晴らしいです

  • 名無しさん2012/07/04

    社員が自分からいかに仕事の効率を考えられるようになるか、提案していけるか、そういう人が増えていくことで大きな力になっていくのだと思う。チームとして強い会社にしていけるように考えていかなければいけない。

  • 名無しさん2012/07/04

    駆け足で営業するなんてできることではないですね。またそれを言わないところがすごいです。当たり前のように思っているんでしょうね。

    ほかの仕事を見て何かを感じたり、仕事に対しても社員も意気込みがすごいのが伝わってきます。

  • 名無しさん2012/07/04

    色々なタイプの営業マンがいると思いますが、

    木戸さんみたいな大きい成果をあげてもあまりそれを自慢したりせず

    それを当然のようにしている方は珍しいですね。

    とても素敵な営業マンなんだろうなと感じました。

  • 名無しさん2012/07/03

    この不景気の中、上手くいっている会社にはやはりそれ相応の意識があるのですね。同じことをしても、小さいけれども他の人がしないことをし、他の人が見ないところに気づく。

    自分のことではなく会社のことを意識して動いている結果だと思います。

    自分もそういうふうにならなければいけないと思います。

  • 名無しさん2012/07/03

    普段業務上で工夫したり改善したりしていると

    普段の私生活でお店に入った時とかに出来ていない部分を見ると

    どうしても目に付いてしまい何でこんなにもたもたしているんだろうなとか

    思ってしまいますね。

  • 名無しさん2012/07/03

    誰も見ていなくても一生懸命していれば結果につながっていくんだと感じました。

    営業の木戸さんは仕事の目的がしっかりしてて、それに対して全力なので走るという行動ができたんだと思います。こなしているだけの仕事ではそういったことはできないのですごいと思いました。そういった姿勢は感動を与えられるし素敵だと思います。

  • 名無しさん2012/07/02

    目の行き届かないところでも、そのように動いてくれる社員がいるというのは実に素晴らしいことですね。

    パフォーマンスでなく、効率化を考えているという部分に頭が下がる想いです。